MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
本場イタリアの味を堪能!都内の絶品イタリアパン店5選

本場イタリアの味を堪能!都内の絶品イタリアパン店5選

今年のトレンドフード「マリトッツォ」が人気を集めてますが、イタリアにはまだまだ美味しいパンがあるのです。秋に収穫祭を迎える本国の如く、『おとなの週末』的イタリアパンの収穫祭、開催します!

perm_media ≪画像ギャラリー≫都内の絶品イタリアパン店5選の画像はこちらから! navigate_next

『ピストリーナ・ディオ』@王子

パネットーネ(972円)

パネットーネ(972円)
切るとこんな感じ

甘酸っぱい香りとしっとり繊細な生地は本場直伝の美味しさ

イタリアのプレミアム小麦を独自に輸入し、レストランにパンを卸す会社の直営店舗。15年間種継ぎしているリエビト・マードレ(パネトーネ種)を使った、パネットーネが名物だ。クリスマスの伝統菓子パンだが、こちらでは通年楽しめる。

手ですっと切れるほどきめ細かく柔らかい生地で、ドライフルーツの甘みとブランデーの香りが相まった芳醇な味わい。
この美味しさは、材料はもちろん、伝統工法を熟知した職人の技の賜物だ。この他にも、スフォリアテッラ、グリッシーニなどのイタリアならではのパンが充実。

住所:東京都北区王子本町1-15-20 高木ビル1階     
TEL:03-3900-2080
営業時間:10時~18時 予約・取り置き可
定休日:不定休
交通:JR京浜東北線ほか王子駅北口から徒歩6分

『スターバックス リザーブ ロースタリー 東京』@中目黒

コルネッティノッチョーラ(374円)

サクサク生地と濃厚なクリームがコーヒーにぴったり

スターバックスが手がけるミラノ発イタリアンベーカリー。看板商品は、イタリアの朝食の定番として欠かせない、コルネッティだ。

発酵バターが折り込まれた美しい層は、パリパリと音が立つほど軽やかだが、内側は密度の濃いもっちりとした歯触りというギャップが絶妙。


さらに、ジャムやカスタードを挟むのがイタリア流ということで、7種類の味が揃う。特にノッチョーラに入っているヘーゼルナッツチョコレートクリームは、ナッツの香りが鮮烈だが上品な口当たり。コーヒーの最強のお供になること間違いなしだ。

住所:東京都目黒区青葉台2-19-23 
TEL:03-6417-0202
営業時間:7時~23時(22時半LO)予約・取り置き不可
定休日:不定休
交通:東急東横線ほか中目黒駅東口から徒歩14分

『ラ・ポルタ・ディ・フィオッキ』@祖師谷大蔵

ローズマリー風味の高加水フォカッチャ(860円)

かつてないみずみずしさと清らかな食感

イタリア料理の名店『リストランテ フィオッキ』の堀川シェフが試行錯誤の上作り出したフォカッチャ。小麦粉と水を捏ね過ぎず、24時間ほど低温発酵させて焼くことで、外はガリっと香ばしく、内側はもちもちの本場の特徴をより極端に引き出せたという。

これが買えるのは、

レストランの入口に設けられたテイクアウト専門の『ラ・ポルタ・ディ・フィオッキ』。
パンはルスティコやチャバッタなど約7種。イタリア惣菜のほか、メインやデザートも揃っているので、自宅でプチコースを組み立てるのも面白い。

住所:東京都世田谷区祖師谷3-4-9
TEL:03-3789-3355
営業時間:11時~15時、16時〜19時 予約・取り置き可
定休日:水・木
交通:小田急小田原線祖師谷大蔵駅北口から徒歩4分

『ジャンフランコ』@用賀

12ブッロチョコラータ(184円)

心に刻まれる独特の歯触りとバターの風味

イタリアでパン屋を営むジャン・フランコ氏監修のお店。90年以上受け継がれてきた、パネトーネ種というイタリア由来の発酵種がすべてのパンに使われている。なかでもイチオシが、12(ドーディッチ)ブッロチョコラータ

表面はサクッ内側はねっちり。層になった生地からじゅわ~っと染み出すバターとチョコレートのほどよい甘みが重なり、なんともクセになる食感だ。


ジャン氏オリジナルレシピで作られたハード系の「パーネ・ディ・ブラ」や「バーバリア・グランデ」などでも本場の味を体験してほしい。

住所:東京都世田谷区用賀4-14-21 
TEL:03-6432-7317
営業時間:10時~18時 予約・取り置き可
定休日:月・火・水(祝の場合は営業、翌休)
交通:東急田園都市線用賀駅東口から徒歩4分

『なんすかぱんすか』@明治神宮前

マリトッツォピスタッキオ(480円)

クリームと生地にこだわり仕上げた自信作

店名だけでなく「ジュワッサン」や「あん食」、「水バゲット」など、商品名も独特でユニーク。一見ふざけているようだが、パン作りは驚くほど真剣でこだわりも満載だ。流行りのマリトッツォも、クリームはダントツの軽さで後味もすっきり。これは、動物性乳脂肪100%にすることで、超絶ふんわりに仕上がるのだとか。それに合わせるパンは、工程が難しいとされるパネトーネ種から作られたもの。

カレーパンのカレーやバインミーのタレも然り、手間のかけ方が半端ない。
大人気店なので予約必須!

住所:東京都渋谷区神宮前3-27-3 
TEL:080-7817-5944
営業時間:11時〜17時 予約・取り置き可
定休日:月・火・水
交通:地下鉄副都心線明治神宮前駅5番出口から徒歩8分

イタリアパンのブーム到来!

「マリトッツオのブームから、イタリアパンが気になって、今回調査してみましたが、どうでしたか?」

井島(以下、井)「意外に扱ってる店が多かったですよね」

「確かに。想像以上でした」

「お店を回っているうちに湧いてきたのがそもそも、イタリアパンって何? ってことです」

「料理に合わせるからか、塩は薄くて素朴な印象があります。でも、最近はフォカッチャや細長い棒状のグリッシーニなどおつまみになるようなしょっぱい系やマリトッツォなど甘い系が注目を集めてますね」

「イタリア人はエスプレッソを飲む習慣があるからか、コルネッティには甘い系もあるんです。これから増えていきそう」

「そもそも、フランスパンとの違いって何なのでしょうね?」

「今回の取材先でいろいろ聞いたら、小麦粉の持ち味や素材を活かすって答えてくれたところが多かったです。他には、イタリアの国土は縦に長く、歴史や文化が違うから、パンの地域性が豊か。ビガ種やパネトーネ種などイタリア由来の発酵種も豊富で、それに応じて製法も変わるそうです」

「へぇ~、今回初めてパネットーネを食べたんですけど、ふわふわで美味しかった!」

「同感! クリスマス時期に食べ比べてみたいです。イタリアパンの特徴を知るには、まずパネットーネを食べてみるのがいいかも

「はい。旅行は無理だし、レストランでものんびりしにくい今なので、せめてパンだけでもイタリア気分を味わってもらえたらうれしいです!」

撮影/小島昇 取材/井島加恵
※店のデータは、2021年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
艶やかでずっしりと重たい丼は、見るからに美味しそうで食べ応えも満点。しかも短時間で味わえて、ひとりでも、グループでも楽しめて食べ勝手も抜群です。中でも、人気の親子丼、カツ丼、その他の肉の丼、海鮮丼、天丼。さらには中華店や蕎麦屋の丼まで。どどんとご紹介します! ほか、「ごはんのお供」、「味噌生活のススメ」特集もあります。
旬の果物や野菜を使ったパンが棚にズラリと並び、彩り豊か。パン屋さんに行けば、季節を感じら れます。ここでは秋の味覚とさまざまな生地の組み合わせが絶妙だったパンをお届けします。
ハンバーグの材料といえば、牛肉、豚肉が思い浮かびますが、それだけにあらず。他にもあります。 ここでは羊、ジビエ、鴨を使った極上のひと皿をご紹介。珍しくて美味しい。それぞれの個性を生かした調理も含めてご堪能あれ。
パリッパリの薄皮としっとりジューシーな肉質。肉をかみしめた瞬間、否応なく味覚中枢を刺激するワイルドな香りと旨み。唐揚げや天ぷらとも趣を異にする、独特の魅力を放つ素揚げの名店をご紹介!
数年前から注目を集めていた台湾の鶏唐揚げ「鶏排」。 クリスピーな食感とそのボリューム感から人気を集めていたが、いよいよ本格ブームの兆し。 注目の味を食べ歩いてみた。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル