MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[ミシュミシュ] 中東料理とワインで楽しむ(中東料理/銀座)

[ミシュミシュ] 中東料理とワインで楽しむ(中東料理/銀座)

[ミシュミシュ (MishMish)]のグルメ記事と写真のページ。中東・アラブ・地中海のエキゾチックな料理を提供。メニューはコースのみで、イチオシの「MishMishコース」は日替わり料理5~7品にピタパン、3時間の飲み放題が付いて3500円。[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

ミシュミシュ(最寄駅:銀座駅)

ひよこ豆とゴマのペースト「フムス」をはじめ、クセのない味わいのパセリのサラダ「タップーリ」、クスクスと食すオクラのトマト煮込み「バーミヤ」など、多彩でヘルシーな野菜料理が魅力だ。チキンの丸焼き、珍しいラクダ肉のケバブといった肉料理も美味。レバノンやチュニジアなど珍しい中東ワインも約40種類が揃う。

お料理の盛り合わせ
※コースに1人1500円追加

各コースの肉料理を盛り合わせに変更するには、2日前までに予約が必要。写真はチキンの丸焼きにラクダと羊ミンチ肉のケバブを盛り合わせたもの

MishMishコース 3500円の料理の一例
※料理のみ2800円

ファラフェル(ひよこ豆と野菜のコロッケ)など。写真はすべて3人前

ミシュミシュ

東京都中央区銀座6-3-15長谷第2ビル2階 ☎03-6274-6660 [営]17時~24時 [休]日 [席]カウンター7席、テーブル最大22席 計最大29席/禁煙席なし/予約可/カード不可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅C2出口から徒歩3分

電話番号 03-6274-6660
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ひと坪の店から渋谷の新名物が誕生! 音楽界のグルメ番長・小宮山雄飛さんが、南インドの家庭料理「レモンライス」のみ扱うテイクアウト専門店をオープン。
ヘルシーかつスパイシーな南インド料理を日本に定着させた立役者のひとつである同店が、さらなる挑戦に挑んでいる。南インドを中心とした伝統的なインド料理に、フレンチや和食、中東など世界各地の食の技法や食材をミックス。
カリフォルニア×エスニックがテーマ。メキシコ、タイ、中国といった各国の料理が揃い、個性が光っている。
国産クラフトビールとネパール料理。一見共通項のない両者によるシナジーが、ビアギークたちをも虜にしている。
「ウランバートル」は両国にある、元小結・白馬のお母さんが経営するモンゴル料理店。夕飯をとる力士との遭遇率が高いので、相撲ファンの女子も集まり、皆がここで羊肉の味に目覚める。[住所]東京都墨田区両国3-22-11 2階
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt