MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
絶品 肉まん おすすめ6店!愛しの肉まん。心までほかほか!(東京都内)

絶品 肉まん おすすめ6店!愛しの肉まん。心までほかほか!(東京都内)

東京都内の絶品「肉まん」おすすめ6店。ホカホカと湯気を上げるモチモチの皮、中に閉じ込められたアツアツの餡、そして食べごたえ……チョコやクッキーでは、お腹も心も納得できない大人たちに贈る、おやつ替わりになる東京で食べられる本格肉まん特集です。エリア:中野/明大前/銀座/三田/浅草/表参道

コンビニに行けば、いつでも気軽に買える肉まんだけれど、専門店の味は、蒸かし方が違う! 旨さが違う! 各店舗にこだわりあり。たかが肉まんと思うなかれ!

手作り点心 また明日。の肉まん【東京・中野】

絶品でお得な肉まんは売り切れ御免!
地元客も並ぶ人気の味

肉まん 198円
野菜がたっぷり入った餡は、実に上品で食べやすい

 オタク・サブカルの聖地、東京「中野ブロードウェイ」の地下に店を構えて約13年。今だ、11時の開店時から、次々に地元の客が買いに来る。オーナーは、某点心の有名店で修業をした後、ここを開いた。

 肉まんは、毎日その日の分だけ手作りする。その数なんと300個。16時過ぎには売り切れてしまうこともあるというから驚きだ。弾力あるモッチリとした皮と、脂に甘みのある「和豚もちぶた」をたっぷりと使った餡、大口を開けないと食べられないボリュームあるサイズ……どれをとっても、これで198円というのは良心的すぎる。肉まんを安っぽい味だと思っている人にこそ食べに行ってほしい。“概念が変わる店”だ。

[住所]東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイB1F 
[電話]03-3389-6502 
[営業時間]11時~19時
[休日]日 イートイン/あり(4卓×2席) 
[アクセス]JR中野駅から徒歩約5分

手ごね肉まん ハイ!ママヨシの肉まん【東京・明大前】

“手ごね”で作る皮は心地よいモッチリ感!
具とも抜群の相性

肉まん(大) 330円
キャベツたっぷりでシンプルな味

 肉まんの有名店で、長年修業した店主が手がける肉まんは、豚挽き肉とキャベツのシンプルな餡に、手ごねで作られた甘みの少ないしっかりとした皮がウリ。

 餡のキャベツは多めで、野菜の甘みがしっかりと感じられる。あっさりとして食べやすく、食後感も軽い。また、サイズに大・中・小があるのもうれしい。ミニ肉まん(100円)は、女性や子供がつまむのにちょうどいい。そのせいか、女性ファンも多く、午前中には、ベビーカーをひいたお母さんが、子供と一緒に買いに来る姿を見かける。

 何とも不思議な店名だが、「お世話になった方が占い好きで、開店の際に占ってくださり、結果、この名前になったんですよ」とのこと。占いの結果は“当たった”ようだ。

[住所]東京都杉並区和泉2-8-1 
[電話]03-3327-1171
[営業時間]10時~18時 
[休日]火 
[席]イートイン/なし 
[アクセス]京王井の頭線明大前駅から徒歩約5分





ここからは、中華料理店・カフェの肉まんは!

銀座 維新號本店の肉まん【東京・銀座】

戦後、
銀座名物と謳われた絶品肉まん

肉まん 520円
店頭で購入も可能。あんまんやごままん(各520円)もある

 明治32年より、食料品雑貨店を営んでいた「維新號」。戦後、食料庫から山のように見つかった干し貝柱を使ってできたのが、肉まんだった。ここ本店は、今もその当時の味を忠実に受け継ぎ、毎日厨房で職人たちにより、手作りされている。大ぶりで食べれば干し貝柱のダシの旨みが感じられる、驚くほどジューシーな肉まんだ。

[住所]東京都中央区銀座8-7-22 
[電話]03-3571-6297
[営業時間] 月~金11時15分~21時半、土・日・祝日11時半~21時 
[休日]無休 
[アクセス]JR・東京メトロ・都営浅草線新橋駅から徒歩約5分

チャイナエクスプレス杏花園の肉まん【東京・三田】

干しシイタケの
旨みが効いた1品

自家製肉まん 300円
タケノコのシャキシャキ感も、食べていて楽しい。

 皮はもちろん手作り。餡は、豚挽き肉に惜しみなく干しシイタケとタケノコ、ネギのみじん切りを混ぜ込んである。そのため、食べれば干しシイタケの香りが鼻を抜け、あっさりしているのに、奥深い旨みを味わえる。粥やラーメンのお供としてもペロリといける。近所の慶応大学の学生たちや田町のOLにも愛され続けている味だ。

[住所]東京都港区芝5-1-12
[電話]03-3454-7200
[営業時間]11時~14時半、17時~21時LO
[休日]日・祝
[アクセス]都営三田線三田駅、JR田町駅から徒歩約7分

セキネの肉まん【東京・浅草】

やけどに注意!
小龍包ばりに“スープ”が入った肉まん

肉まん 260円
肉まんは、まず割って、ぜひ中の“スープ”を確かめてから食べてほしい

 元は東京・入谷でパン屋を営んでいた「セキネ」は、昭和10年、浅草に食堂をオープン。その食堂の横で、当時から肉まんやシューマイなどの点心を売っていたという。地元の人や、浅草芸人たちに愛され、かのビートたけし氏が、「ここの肉まんは日本一旨い」と断言したという逸話も持つ。一見すると、見た目がシンプルすぎるゆえ、「え!? コンビニの肉まんと何が違うの?」と思うが、ひと口食べて驚く。中からスープがあふれ出し、その旨いことと言ったら!

 肉まんの餡は、豚挽き肉に野菜のみじん切りを合わせるため、水分(スープ)が発生し、餡がジューシーになるわけだが、ここまでスープを含んだ肉まんは「セキネ」でしか食べられないだろう。

[住所]東京都台東区浅草1-23-6
[電話]03-3841-5230
[営業時間]11時~20時 
[休日]無休 
[席]イートイン/なし
[アクセス]都営浅草線・首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)浅草駅、地下鉄銀座線田原町駅から徒歩約10分

春水堂の肉まん【東京・表参道】

しっかりと肉の味を
感じる本格派

本格 肉まん 香酢付 370円
肉まんは、ドリンクセットで注文するのがお得だ。

 女性に人気の台湾発・タピオカミルクティーの店だが、この冬から始まったばかりの肉まんも侮れない。皮はしっかりめ。餡は国産のコクある豚肉に、北海道産の玉ねぎが絡みつき、肉好きをうならせる旨さだ。香酢付きなのもうれしい。単品でも頼めるが、ここはやはり名物・タピオカミルクティーと一緒に楽しみたい。

[住所]東京都渋谷区神宮前4-28-11
[電話]03-6804-6656
[営業時間]11時~21時
[休日]不定休
[アクセス]JR原宿駅、東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線表参道駅から徒歩約7分

肉まんマメ知識

発案者は諸葛孔明!
由緒正しき肉まんの歴史

肉まん、つまり中華まんは、中国の三国時代に諸葛孔明が作らせたのが最初だと言われている。一方、日本では大正時代に神戸で生まれたようだ(諸説あり)。

中国の「天テン津チン包パオ子ツー」というまんじゅうを、現在も南京町にある豚まんじゅう専門店「老祥記」初代店主が、味・名称ともに日本人に親しみのあるものにしたのが始まり。そのため、現在も西では肉まんではなく、豚まんじゅうという名称を使う人が多い。

その後、昭和2年に「新宿 中村屋」で「天下逸品 支那饅頭」の名前で、肉入り、餡入りが売られ始め、全国的に広まっていく。そして1980年代あたりから、ピザまん、カレーまん、カスタードまんなどバラエティに富んだ中華まんが登場し始め、現在では、キャラクターの顔などをかたどったものまである。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1215views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21232views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt