MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[赤坂 グルメ]グルメライター実食!おすすめ5選!

[赤坂 グルメ]グルメライター実食!おすすめ5選!

「赤坂のグルメ」のグルメ取材記事と写真のページ。赤坂エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見した、本当におすすめ店、厳選のおすすめランチ、ディナー情報など、とっておきのおすすめグルメ情報のページです。

オリジナル洋風鍋 マルミット(鍋/赤坂駅 徒歩1分)

東京都港区赤坂3-12-11セントラルビル赤坂ビル3階 
☎03-3586-0558 
[営]17時~23時(22時半LO) 
[休]日、年末年始(不定休のため、要問い合わせ) 
[席]テーブル2席×1卓、4席×4卓、6席×1卓、個室8席×2室 計40席/個室のみ喫煙可/カード可/予約可/お通し代1人300円別 
[交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩1分

2日間かけてとったブイヨンの旨みを5種の調味料と共にいただく「マルミット鍋 」

マルミット鍋 1人前4000円(写真は2人前 ※注文は2人前~)
スープはブイヨンの他に、トマト、トマトチリ、カレー、クリーム味に変更可能(1人前100円〜200円増)

 牛、豚、鶏、香味野菜からとったブイヨンから丁寧に脂を除いて、旨みはそのまま、あっさりした味に仕上げたスープ。これに自家製ソーセージ、揚げナス、大根など独創的な具材を入れ、トマトやバジルのソース、ガーリックや唐辛子のオイル、粒マスタードと5種の調味料を好みに調合したタレでいただく。トマトの旨みと酸味をベースに、香り高いバジル、唐辛子の辛みなど、調整しながら好みのタレを作ってみよう。このタレとブイヨンの旨みを含んだ具が合わさり後を引く。具を食べ終わったら、さらに旨みが増したスープを使ってスープパスタ、チーズフォンデュ、最後にリゾットをいただける、まさに鍋のフルコースだ。

炬屋 本店(焼き鳥/赤坂駅 徒歩3分)

東京都港区赤坂4-3-4 アソルティー赤坂一ツ木stビル地下1階 
☎03-6459-1205 
[営]17時半〜23時半(22時半LO)、金17時半〜翌3時(2時半LO) 
[休]日・祝 
[席]カウンター8席、テーブル2席×1、4席×2卓、6席×1、計24席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、お通し580円別 
[交]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩

都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。蔵元の酒造りにもたずさわる

「秋田比内地鶏 焼鳥」 1本260円~
焼き鳥には秋田比内地鶏を使う。炭火で焼いた「ねぎ間」(370円)など人気の串。「獺祭50」(1000円)に合う

都内屈指の獺祭の品揃えを誇る。定番と限定酒は19種類、普段は手に入らない貴重な非売品も扱っている。「酒造りの現場を知りたい」と、年2回ほどスタッフ8人全員が山口県の蔵元に出向き、仕込みの作業を手伝うこともあるというこだわりようだ。客が注文した料理に合わせて獺祭各種の飲み方を提案する「獺祭6種コース」(6杯6800円)は好きな人にはたまらないだろう。メニューにないが、隠れた人気の「獺祭50」の炭酸割りも頼めば作ってくれる。

もつ千 赤坂店(カレー/赤坂駅 徒歩2分)

東京都港区赤坂2-14-12 高橋ビル2階
☎03-3584-0168 

[営]月~金昼・11時半~14時半、夜・月~木17時~翌2時 (金~翌3時、土~23時半(夜はカレーなし)) 
[休]日・祝 
[交]地下鉄千代田線赤坂駅 2番出口から徒歩2分 

THE ワンプライス500円のワンコインカレー

カレーライス500円 + カニクリームコロッケ200円

「カ二クリームコロッケ」以外にも「ビッグチキンカツ」200円などのトッピングあり。ご飯の量は、-50円の小盛、+50円の大盛、+100円の特盛も。
溜池や虎ノ門など、都内に数軒の支店あり!

まるしげ 夢葉家(居酒屋/赤坂駅 徒歩2分)

東京都港区赤坂2-14-8 山口ビル2F
☎03-3224-1810 
[営]17時~翌1時LO(金曜・祝前日17時~翌3時LO)、土曜19時~23時(22時LO) 
[休]日・祝 
[席]カウンター11席、テーブル58席、個室6席、計75席/喫煙可/カード不可/チャージ300円 
[交]東京メトロ赤坂駅2番出口より徒歩2分、銀座線溜池山王駅徒歩5分

超希少な“梅山豚” とんかつにすればその甘やかな風味がさらに際立つ

梅山豚のロースカツ 1000円

かつに使われる“梅山豚”は日本では茨城の塚原牧場でのみ飼育される超希少な豚だ。魅力は何よりその香り高い脂身。ナッツのような香ばしい風味で、甘やかながらもすっきりとした後味が特長。低温でじっくり揚げたとんかつの、じゅわ~と口中に広がる濃厚な脂や肉の旨みに合わせるなら、ガツンとパンチの効いた黒糖焼酎がおすすめだ。

デキる酒場はカレーが旨い!

「牛すじカレーライス」850円

「牛すじカレーライス」850円は常連にも人気の〆メニュー。2日間煮込むことで牛すじと野菜の旨みが溶け合い、どこまでも柔らかく包み込むような印象に。日本酒やワインにも寄り添うが、この日は八丈島ジャージーヨーグルト酒で!

The Earl Tokyo|ジアールトーキョー(トルティーヤ/赤坂駅 徒歩5分)

東京都港区赤坂2-21-1 川本ビル1F
☎03-3505-0312 
[営]7時〜LO17時、土日9時〜LO14時 
[休]祝 イートイン・デリバリーあり 
[交]地下鉄千代田線赤坂駅5b出口から徒歩5分

これでもか!の具が抜群の一体感で包まれるトルティーヤ

Mamma(ママ)1050円

ロメインレタスのシャキシャキ感に、テリヤキチキンのロースト感。パルメザンチーズ、シーザードレッシング、食感の楽しいクルトンまで、ボリューミーにしっとりトルティーヤに包まれる。メチャ旨な一体感だ!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3235views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
140views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt