MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
タイ料理を東京で!絶対に食べるべき「タイカレー」おすすめ7軒

タイ料理を東京で!絶対に食べるべき「タイカレー」おすすめ7軒

アジア料理の中でも上位の人気を誇る「タイ料理」!手軽に食べられる安いものから、本格的な食材を使った高級なものまで、たくさんの種類がありますよね。ここでは「カレー」に焦点を当て、おいしいと評判のお店をピックアップ!厳選情報をお届けします。

はじめに

微笑みの国、タイ。仏教、ビーチリゾート、象など色んなことが思い浮かびますが、忘れちゃいけないのが、「美味しいグルメ」!中でも「タイカレー」は日本でも今やメジャーになっていて、専門のレストランはもちろん、家庭でも手軽に味わえるレトルト商品も販売されるほど人気です。

ここではその『新旧人気タイカレーを覆面調査!マッサマンカレーVSグリーンカレー!』と題し、昨今のエスニック料理ブームで注目を集めるタイカレーのなかから新星と言われる「マッサマンカレー」と定番の「グリーンカレー」の美味しい店を東京都内で探してきました!
安定したグリーンカレーの美味しさはもちろん、甘いだけじゃないマッサマンカレーの魅力に開眼!

マッサマンカレー

世界一美味しい料理に選ばれたタイカレーの新星

タイの中でも特に南部の、イスラム教を信仰している人々が食べていたとされるゲーン料理の一種(マッサマンは「イスラム教の」の意味)。
ハラルの規律に従うため、豚肉の代わりに鶏肉や牛肉を使うことが多く、ココナッツミルクやピーナッツのほか、カルダモン、シナモンといったスパイスを用いて作られるため、辛い味が多いタイカレーの中で甘い味わいなのが特徴だ。

2011年にアメリカの人気情報サイト「CNNgo」が「世界で最もおいしい50種類の食べ物」を発表し、1位がマッサマンカレーだったことから徐々に注目を集め、日本でも食べられる店が増えてきている。

ランチも人気!『ジャスミンタイ イートアンドデリ』(最寄駅:大手町駅)

ジャスミンセットA

ジャスミンセットはディナーもあるが、2種のカレーの組み合わせはランチのみ。全店で提供。

「ジャスミンセットA」はマッサマンとグリーンカレーの両方がついて、食べ比べできるのが楽しい。スパイスが香るマッサマン、辛みの中にまろやかなコクを感じるグリーン、どちらも洗練された味わいで大満足だ。

日替わりのランチメニューが人気のタイ料理店!ランチタイムは近隣のオフィスで勤める人たちで賑やかに!
おすすめは写真の2種類のカレーが楽しめるセット。グリーンカレーは、独特の酸味と辛味が程よくマッチして、なんとも癖になります!
このお得なセットは、タピオカミルクもついているので、辛さでほてった舌を、甘さで〆ができるのも嬉しい!
あまり広くはない店内ですが、落ち着いて食べることができますよ。

■『ジャスミンタイ イートアンドデリ』
[住所]東京都千代田区大手町1-5-5 大手町タワーOOTEMORI B2
[TEL]03-6273-4317 
[営業時間]11時~17時(16時LO)、17時~23時(22時LO)、土・祝11時~15時(14時半LO)、15時~19時(18時半LO) 
[休日]日曜日 
[座席]カウンター13席 計13席/全席禁煙/夜は予約可/カード可(昼は3000円以上のみ)/サなし 
[アクセス]地下鉄東西線ほか大手町駅直結。東西線中央改札前

口コミも高評価!『シャー・トムヤムクン・ポーチャナー』(最寄駅:上野駅)

マッサマン カレー 980円

サラリとしているが、濃厚なコク旨カレーだ。ランチはサラダ、ライス、デザート付き。ディナーは1200円で提供。ほかにも多彩な料理が揃う。

アットホームな雰囲気の中でタイ料理を味わえるのがこちらのお店。
こちらのお店の人気メニューといえば日本人が大好きな「マッサマンカレー」!辛さよりも深い甘みが感じられ、そのスープだけでライスが進む進む!!
ゴロゴロ入った具材の種類はというと、チキン、じゃがいも、人参、そして一般的なマッサマンカレーよりも粒粒度が感じられるピーナッツ!一度食べたら虜になりますよ♪

■『シャー・トムヤムクン・ポーチャナー』
[住所]東京都台東区上野6-16-7 DB-3階 
[TEL]03-3835-9297 
[営業時間]火曜日~日曜日:11時半~15時(14時半LO)、火曜日~土曜日:17時~23時(22時LO)、日曜日:17時~22時(21時LO) (土日祝はランチメニュー無し) 
[休日]月曜日
[アクセス]JR上野駅の中央改札、不忍口から徒歩1分

タイレストラン人気ランキング常連!『ライカノ』(最寄駅:北千住駅)

煮込み牛肉とジャガイモカレー(ゲェーンマサマン・ヌァ)のセットのカレー 995円

セットのスープ、春雨サラダ、デザートもしっかりした味付けになっている。単品は750円で提供。同じ価格で煮込み鶏肉とジャガイモカレー(ゲェーンマサマン・ガイ)もある。※メニューの価格はすべて税抜き

「タイセレクト」認定店に選ばれ、かの有名テレビドラマにも取り上げられている、タイ料理好きで知らない人がいないほどの超人気店!行列も絶えません。
ガパオライスやグリーンカレーなどの定番料理がたくさん並んでいる中で、ココナッツミルクの風味が良い「ゲェーンマサマン・ヌァ」というマッサマンカレーの牛肉バージョンがイチオシ!
甘口なので食べやすく、タイ料理初心者の人にもおすすめです。サラッとしたスープとほくほくのジャガイモに、思わず顔がほころぶ美味しさです。

セットのスープ、春雨サラダ

■『ライカノ』
[住所]東京都足立区千住2-62 ラ・フェットビル1階 
[TEL]03-3881-7400 
[営業時間]11時半~15時、17時~23時(22時15分LO) 
[休日]年中無休
[アクセス]北千住駅西口から徒歩3分

グリーンカレー

タイカレーといえばコレ!本国でも定番の一品

タイ語で「ゲーン」と呼ばれる汁物の一種で、まだ熟していない青いときに収穫したプリック・キーヌー(唐辛子)をはじめ、バイマクル(こぶみかんの葉)など、緑色のハーブ類を使うため、美しい緑色をしているのが特徴だ。何種類ものハーブや香辛料を合わせてすり潰したペーストを炒め、ココナッツミルクやナムプラー、パームシュガーなどで味付けし、鶏肉や野菜などを加えて煮込むのが基本。熟しきっていない唐辛子を使用しているが、辛みはしっかりと感じられる。タイ語で「ゲーンキャオワーン」と呼ばれ、ゲーンは汁物、キャオは緑、ワーンは甘いという意味。

安いのも魅力!『ピラブカウ|PIRABUKAO』(最寄駅:池袋駅)

鶏肉のグリーンカレー 800円

ランチの「鶏肉のグリーンカレー」(800円)は、やや辛みの強いグリーンカレーに香り高いジャスミンライスを添え、フチをカリカリに仕上げた目玉焼きをのせて完成。目玉焼きをくずして食べればコクが増してマイルドな味わいになる。
辛いもの好きなら、ナムプラーに生の唐辛子やライムなどを加えた辛酸っぱい調味料“プリックナムプラー”をかけるのがおすすめだ。

タイに旅行をすると屋台の多さに驚くはず!しかもその味はとてもレベルが高い!
そんな屋台の味をそのまま提供しているのが、こちらのお店。お店の雰囲気も、店員さんの雰囲気も、屋台のまんま!そんな印象を受けます。

人気の「グリーンカレー」は、どーんとのった目玉焼きと大きめの具がインパクト大!味は甘さ+辛さ+濃厚さが絶妙にマッチしています。
途中で半熟の目玉焼きを崩しながら食べると、マイルドさが加わり、二度美味しい!
積極的にデリバリーもしているので、たまには自宅で味わうのもいいですね!

■『ピラブカウ』
[住所]東京都豊島区池袋2-48-4 
[TEL]03-3988-8889 
[営業時間]11時半~24時(ランチ~14時半) 
[休日]無休 
[座席]テーブル席4席×11卓 計44席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩3分

本場の味!『タイ料理研究所』(最寄駅:渋谷駅)

ゲーン・キィオ・ワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)

ランチの「鶏肉のグリーンカレー」(1100円)は、タイから厳選して取り寄せるペーストにバイマクルやバイホーラパー(タイのスイートバジル)などを加えて香り高い仕上がり。ココナッツミルクを利かせ、かなりクリーミーな味わいだ。「エビとアボカド入りグリーンカレー」(1280円)もおすすめ。

タイのホテルなどで経験を積んだシェフによる本場の味に近いタイ料理を味わえるお店として大人気!店内は常に活気があふれています。
「グリーンカレー」は、甘くて辛い!激辛唐辛子を使用していて、食べていると汗ばんでくる。ホロホロした鶏肉との相性もばっちり。その刺激がたまらずクセになり、食べ終わるころには次回もまた注文したくなります。
ランチの時間には生春巻きとスープが付いていて、この生春巻きがまた、本場の味で旨い!と評判です。


■『タイ料理研究所』
[住所]東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション102号室 
[TEL]03-6455-3229 
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO) 
[休日]不定休 
[座席]カウンター6席、テーブル2席×4卓、4席×2卓 計22席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅南口から徒歩5分

おしゃれだからデートにも◎!『coci』(最寄駅:恵比寿駅)

鶏肉と季節野菜のグリーンカレー&ジャスミンライス 1100円

タイ料理を中心に、ヨーロピアンテイストを織り込んだメニューが楽しめる。ランチのグリーンカレーは、サラリとしているがしっかりした辛みがあり、後味はとてもまろやかだ。セットにサラダとドリンク、ミニデザートが付く。

モダンな雰囲気で店内のインテリアもおしゃれな、女性に人気のカフェ。ランチメニューで提供されるのは、タイの定番カレー!マッサマンカレー・グリーンカレー・レッドカレー・ゲーンタイプラー(魚のカレー)の4種類が週替わりで登場します。
そのなかでも今回ご紹介する「グリーンカレー」は、どちらかというと、あっさり!あとから刺激的なスパイシーさが舌にビリビリきます。ご飯はタイ米のジャスミンライス。盛り付けもおしゃれですよ。

■『coci』
[住所]東京都渋谷区東3-16-10 
[TEL]03-3442-5151 
[営]月曜日・土曜日:11時半~24時、日曜日・祝日:11時半~23時 
[休日]無休
[アクセス]JR恵比寿駅 徒歩3分

新宿×タイ料理といえば!『バンタイ』(最寄駅:新宿駅)

ゲンキョワンガイ 842円

ランチはグリーンカレーにライス、サラダ、スープが付いて842円と、かなりお得。ココナッツミルクを利かせたカレーはまろやかな甘みがあるが、スパイスやハーブをふんだんに使い、後から辛みがこみ上げてくる。

新宿でタイ料理といえばここ!真っ先に名前が挙がる、超有名店です。
イチオシの「グリーンカレー」は、鶏肉と揚げた茄子がゴロゴロ入っていて、食べ応え満点!上に載っているパプリカの赤色も鮮やかで、食欲をそそります。
その具材たちを崩しながら少しずつ食べ進めていくと、、、クオリティの高さに感動するでしょう♪
辛さは3段階から指定できますが、辛さ1でも十分に辛いので、慎重に考えすことをおすすめします笑。

■『バンタイ』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第一メトロビル3階 
[TEL]03-3207-0068 
[営業時間]11時半~15時、17時~23時45分(23時LO)、土曜日・日曜日・祝日:11時半~23時45分(23時LO) 
[休日]無休 
[アクセス]JR新宿駅 東口から徒歩3分、西武新宿線 西武新宿駅から徒歩2分

おわりに

あまりに美味しそうな写真に、そのその口の中がカレーの味になってきたのではないでしょうか!
気になるお店は見つかりましたでしょうか。是非訪れてみてください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
編集の戎さんから「東京都内のアジアン麺を食べまくってください」という指令を受け早速アジアン麺を巡ってきました!
スパイス料理は酒が進む!スパイスをふんだんかつ巧みに使った料理が自慢の<カレー酒場>をご存知?ここでは、カレーだけれはない本格的な”スパイス料理で飲ませる”東京都内のおすすめ店をご紹介。この刺激、クセになりますぞ! エリア:木場/新中野/曙橋/飯田橋/江古田/北参道 ※ランチタイム有
都内で諸国食遊!日本の麺料理も多いですが、海外へ目を向けるとまだ見ぬ麺がそこかしこにあります。そこで、都内で食べられるアジアの麺料理を徹底調査。特に美味しかった5軒をご紹介します。各国を巡った気分でご覧ください。エリア:渋谷/浅草橋/神楽坂/原宿/新橋 ※ランチタイム有
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt