MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
和食には赤ワインが新常識!?東京都内でお気楽ワインならここで!(和食/東京)

和食には赤ワインが新常識!?東京都内でお気楽ワインならここで!(和食/東京)

野菜の煮物や魚の煮付けといった、家庭的な料理にもワインはピッタリ。 ここでは、そんな和食で、カジュアルワインが楽しめる東京都内の三ツ星店を紹介です。

perm_media 《画像ギャラリー》和食には赤ワインが新常識!?東京都内でお気楽ワインならここで!(和食/東京)の画像をチェック! navigate_next

おかみ丼々 和田(最寄駅:築地駅)

とんとん鍋 1080円

かつては教育教材の編集者という経歴を持つ女将の和田さんが「女性ひとりでも仕事帰りにくつろげる店を」との想いから、2012年にオープンしたカウンター中心の小さな京料理の店。
和田さんの料理に不可欠なのが毎日丁寧にひくダシだ。
京都にある老舗のうどん屋から伝授された秘伝のレシピと素材で取るその味は、雑味が一切なく、上品で繊細な旨みがある。

ワインの品揃えは7~8種類とそれほど多くはないが、このダシの風味にぴたりと合うボトルをチョイス。
毎月、ソムリエを招いてのワイン講習会も行っている。

おばんざいにはこんなワイン

グリド甲州(白) ボトル 4860円
山梨県産甲州種を使用。まろやかな口当たりで、ほんのりとした甘みを感じる辛口。料理との相性を第一に考えた飲み心地の良い白ワインだ。グレープフルーツを思わせるフレッシュな香りが特徴だ。

東京都中央区築地2-14-14 
☎03-5565-0035 
[営]18時〜23時(22時半LO) 
[休]土・日・祝(土は貸切のみ営業) 
[席]カウンター8席、テーブル4席×1卓 計12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、コース以外はつき出し代540円別
[交]地下鉄日比谷線築地駅2番出口から徒歩2分

OBANZAIYA 喜月(最寄駅:新橋駅)

牛ハラミの肉じゃが 850円

人気メニューが写真の「牛ハラミの肉じゃが」で、ニンニクを利かせたパンチのある味つけだ。  
そんな料理をつまみに飲むワインは、ソムリエでもある店長・吉田つかささんが選んだ、和食に合うボトルばかり。

ワインのラインナップは約50種類と豊富で、なかでも特に自然派ワインの品揃えに力を入れている。
ほっとできる料理とワインで、くつろぎながら秋の夜長を楽しみたい。

肉じゃがにはこんなワイン

ローラン・ミケール レ・ボーシャン 2014(赤) ボトル 4900円
フランス・ラングドック地方で造られる。シラーとグルナッシュをブレンドし、まろやかなタンニンとほのかなスパイス感を持つ。醤油の濃厚なコクや風味にもひけをとらない力強さを感じる1本だ。

東京都港区新橋2-15-10 石橋ビル2階 
☎03-6206-1231 
[営]18時~24時、木・金18時~翌2時、土15~23時、LOはそれぞれ1時間前 
[休]日・祝 
[席]カウンター14席、座敷20席 計34席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し代400円別 
[交]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩3分

旬菜 みつや(最寄駅:新宿御苑前駅)

三元豚ととうがんのスープ煮 1080円
鮎のコンフィー 1296円

ノルウェーやチェコの公邸料理人として、海外でも腕をふるった経験を持つ店主・小長光さんが辿り着いたのは、和食×日本ワインの組み合わせ。「日本のワインは繊細なダシの味との相性が抜群」と語る。そのため、ワインリストに並ぶのは山梨、栃木、山形などの国内のワイナリーから厳選したボトルばかり。休日には自ら産地に足を運び、知識を広げている。それに合わせる料理は、どれも一流の和食の職人ならではの洗練された味わいだ。刺身をはじめとした魚料理には、唐津漁港でその日の朝水揚げされた新鮮な魚介を使用している。

魚のコンフィにはこんなワイン

アサンブラージュ TypeR ロゼ グラス 972円
山梨のワイナリーで醸造された辛口タイプのロゼワイン。マスカット・ベリーA、メルロ、シラー、カベルネをブレンド。果実味や酸のバランスが絶妙で、魚のコンフィをはじめどんな料理にも合わせやすい。

東京都新宿区新宿2-3-16 
☎03-6323-7135 
[営]11時半〜14時、18時〜22時(21時半LO) 
[休]日・祝 
[席]カウンター5席、テーブル2席×2卓、座敷8席 計17席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代540円別
[交]地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅1番出口から徒歩1分

ビストロ割烹 酒場留(最寄駅:江古田駅・新桜台駅)

骨付き仔牛すね肉の江戸甘味噌煮込み 1620円
茶碗蒸し トリュフ香る馬鈴薯餡がけ 324円

20代をソムリエとしてワインに従事し、30代は和の料理人として腕を磨いた店主が、自身の店を開くにあたり選択したのが「ビストロ割烹」という新ジャンル。例えば、ダシで炊いた里芋にフォアグラを乗せて焼き上げたり、牛スネ肉をトマトソースではなく江戸甘味噌で煮込んだりと、素材の美味しさを生かす和食をベースに、ワインとの相性を考えたコクのある料理にして提供する。

味噌煮込みにはこんなワイン

リュットレゾネ ノルドボーテ ピノノワール(赤) ボトル2052円
果実感がしっかりとありながら、重すぎない赤ワインが味噌の風味、肉の旨み、味わいなどによく合う。写真のワインはブルゴーニュの生産者が、フランスのコルシカ島で減農薬栽培のブドウで造ったワイン。

東京都練馬区栄町25-14 
☎03-6914-5322 
[営]17時半~24時(23時15分LO) 
[休]火 
[席]4席×5卓、2席×1卓、カウンタ-3席 計25席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし 
[交]西武池袋線江古田駅北口出口から徒歩5分、地下鉄西武有楽町線新桜台駅2番出口から徒歩2分 

自然派ワインとおばんざい はるばる(最寄駅:立川駅)

おばんざい5種盛り合わせ 1706円
・牡蠣の胡麻油漬け
・揚げ茄子の南蛮漬け
・もつ煮込み
・ひじきの煮物
・がんもどきと大根の煮物
・南瓜サラダ

おばんざいは毎日8種ほど用意され、3種盛り合わせ(1080円)も。3種、5種とあるが、1種のおまけ付き。また初回のお客のみ、食事前に赤ワインとウメカツオのダシが少量振る舞われ、ペアリングを知ってもらうサービスも

おばんざいにはこんなワイン

リトロッツォ(赤) グラス 800円
渋みも味わいも軽やかで、梅やカツオダシのようなニュアンスがある赤ワイン。特にダシを利かせた料理との相性がよい。白ワインなら「ソワミニョン」(グラス1000円)などがよく合い、おすすめ。

東京都立川市錦町1-5-22 西野ビル1階 
☎042-595-9899 
[営]16時~23時(22時LO) 
[休]日(日を含む連休の場合、最終日が休) 
[席]カウンター8席、4席×2卓、2席×1卓 計18席/全席禁煙/カード可/予約可/サ・お通し500円別 
[交]JR中央線立川駅南口から徒歩6分

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル