SNSで最新情報をチェック

みずみずしくてつやつやなご飯は、思わず心躍りますよね。本誌『おとなの週末』11月号の特集「ごはんのお供選手権」で、少ししか触れられなかった「ゆかり」をはじめとした『三島食品』のふりかけの魅力をドーンとご紹介します!

画像ギャラリー

発売から50年以上! 安定感抜群の「ゆかり」

赤シソの爽やかな香りと酸味が食欲をかきたてるふりかけ「ゆかり」。1970年の発売から50年以上愛される、『三島食品』を代表する人気商品だ。

『三島食品』は、1949年に創業。広島県に本社を置く、ふりかけをメインとした食品メーカー。家庭用ふりかけだけで50を超えるアイテムを展開している。「ゆかり」は『丸美屋』の「のりたま」に次ぎ、国内のふりかけ売上2位を誇る。

 

「ゆかり」の最も驚くべきは、自社農園で研究開発を行っているこだわりぶり。香り高さを極めるべく、納得のいく赤シソを開発している。

赤シソの香りの爽やかさは「ペリラアルデヒド」という成分だが、発売から数年が経過した頃、「ゆかり」の香りに違和感があったことから原因を追求。長年に渡る自然交配の影響によるものだった。また売り上げの伸びに伴い、高品質な原料の確保も課題に。そこで1988年から試行錯誤を繰り返しながら、優良な株を選び、種取りを重ね、1999年に香りと色が安定した新品種を完成させた。「豊香(ほうこう)」と名付けられ、商標登録されている。

契約産地とタッグを組みつつ、現在もさらなる品質向上を目指し、日々研究が続けられている。

 

なお、「ゆかり」をはじめ、商品に使用するのは柔らかくて香りがいい新芽の部分

摘み取られた新芽は、塩と梅酢に1〜3ヶ月ほど漬け込み、アクや苦味を抜くことで、素材そのもののストレートな美味しさを楽しめるようにしている。そう、「ゆかり」って実は、漬物をふりかけにしたものなのだ。

 

「コマーシャルなどにお金をかけるなら、より良い原料を使う」というのが『三島食品』のモットー。

コマーシャルをしていないのにも関わらずみんなが知っているのは本当にすごい。こうしたこだわりやその美味しさが広く親しまれ、「ゆかり」は、赤シソ風味のふりかけの代名詞として呼ばれるほど、国民的愛されふりかけの地位を築いた。

次のページ
パートナーは白米だけじゃない! 変幻自在...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...