SNSで最新情報をチェック

東京には散歩したくなる魅力的なエリアがたくさんあります。その中から「GW東京グルメ散歩」と題して、注目の街をご案内します。第5回は、東京・白金高輪です。

画像ギャラリー

年齢層が若返りを果たし元気になったエリア!

和賀(以下、和):私、10年くらい前までこのエリアに住んでたんだよね~。

岡本(以下、岡):そういえばやたら詳しいよね(笑)。和 当時は港区とは思えないほど下町感があって、昔からの店しかなかった。目新しいと言えば四の橋のイタリアン『ロッツォ シチリア』くらいで、この店の登場がもはや事件レベルだった! 

岡:今では駅前から近い場所にも『麺屋リーブル』や若い女子に人気のワインバー『chet(チェット)』もできてるし。

和:ホントーに、今の白金高輪のなんとキラキラしたことか!

岡:飲食だけじゃない面白いショップも増えてる。イタリアの絶品食材を扱う『ドロゲリアサンクリッカ』はいいよね。

和:そうそう。ここはイタリア通の友人に、美味しいエスプレッソを飲ませる店はないかなぁと尋ねたら教えてくれた店。エスプレッソだけでなく、サンドウィッチがあったり、ワインやウイスキーがあったり、さっと立ち寄って一杯飲めるのが粋。また近所に戻って通いたい!

岡:ところで白金高輪のメインストリートっていうと……?

和:恵比寿三丁目あたりから白金高輪駅まで延びている北里病院通りが、いわゆるこのエリアの顔かな。昔ながらの『洋食ハチロー』とか中華の名店『ロウホウトイ』(現在、昼はお弁当販売、夜は1組限定の居酒屋スタイル)とかは不動の人気です。

岡:マニアック中華の『蓮香』とか、この通りから少し入った裏通りには人気フレンチの『フランツ』も。ここが最近ブーランジェリーを作ったね。

和:以前は年齢層高めだったけど、この通りに新風を吹き込んだのが『バーガーマニア』。ここ数年で『DAY&NIGHT』や『HAPPY HOUR』と、若い女子を惹きつける店を立て続けに出して、この辺がなんだかキラキラし始めた(笑)。

岡:世代が若返ると老舗も活気づいていい連鎖反応がある!

和:そう!(前のめり)。そして四の橋近辺に自社輸入のイタリアワインを売るショップ『ボッテガ ヴィーニ』もできた。『ロッツォ シチリア』や『ドロゲリア サンクリッカ』に続き、イタリアの風が白金高輪エリアに吹き始めているのかも~。

『ドロゲリア サンクリッカ』 美味しいイタリア食材が見つかる食料雑貨店

ドロゲリアとは食料雑貨店を指言葉。イタリア人マッテオ・サンクリッカさんが、日本にまだない美味しいイタリア食材を探してセレクト。星付きレストランご用達の品が多いとい
うのも納得だ。熟練の技を必要とする、東京に1台しかないエスプレッソマシンで淹れたコーヒーも絶品。エスプレッソやワインをサッとひっかけたり、おやつのマリトッツォにパクついたり、小粒でも使い勝手は最強だ。

ラ・ジャルディニエーラ・ディ・モルガン『アンナ』2400円

朝採れ野菜のピクルス。「アンナ」はピリリとスパイシーな唐辛子入り
『ドロゲリア サンクリッカ』
伝統的なマルケ州のボート型「マリトッツォ」600円と「エスプレッソ」500円

住所:東京都港区白金1-5-7-1階
TEL:03-3444-0516
営業時間:8時~19時
定休日:水
交通:地下鉄南北線ほか白金高輪駅A4出口から徒歩5分
※要予約でランチあり

次のページ
『麺屋リーブル』 フレンチのシェフによる...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...