SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

“招き猫発祥の地”

豪徳寺といえば真っ先に思い浮かぶのは地名由来の由緒あるお寺「豪徳寺」。だが、この寺が“招き猫発祥の地”だと知っている人は案外少ないのでは? そんなわけで、駅を出ると右手をあげた招き猫が出迎えてくれる、何やら縁起のいい街・豪徳寺。

その駅前から南に、かつては豪徳寺への参道だったという豪徳寺商店街、北には山下商店街と南北に商店街が伸びている。この商店街が昔ながらでいい雰囲気。のみならず、近年、若いオーナーの新店が少しずつ増えてどうもいい感じらしいのだ。

というわけで、まずはふらりと商店街を行く。歩き回るのにちょうどいいサイズ感。で、古書店や銭湯、精肉店とどこか懐かしい風景の中にあるある、個性がきらりと光る、ちょっと立ち寄って食べたり、買って帰りたくなるようなショップが。 しっとりふわりと生地が軽く、やけに旨い今川焼、八百屋の中にあるサンドイッチスタンド、自家製のハムが揃うデリカテッセン、人気ネパール料理店の2階にオープンした本格スパイスショップ……。かなり楽しい!

『ketoku(ケトク)』 ビストロ的にして自由な居酒屋 ちょこちょこつまんで一杯!

ビストロ的なセンスを持ちながら和とか洋とかこだわらない、目にも口にも楽しいお皿の数々。ナチュラルワインや日本酒、レモンサワーと飲み物もご自由に。店主の松岡悠さんの言葉を借りれば“ちょっと一杯な感じの居酒屋”となる。何気なく工夫された、ちょっと長いメニュー名から何にしようか選ぶのもかなり楽しい。カウンターでタッフと話すもよし、奥のテーブル席もよし。その空気感ごと楽しみたい。

生ほたてとカリフラワーピュレ、金柑900円、芽キャベツの素揚げ、温泉たまご、パルメザンチーズ900円

外側はパリッと揚って中はホクホクの芽キャベツにたっぷり雪のようなチーズ! ホタテに添えられたカリフラワーのピューレと金柑のフルーティさも抜群の相性
『ketoku』の店内

店主・松岡悠さん「居酒屋が好きなんでなるべく日常的なちょこちょこつまめるものを!」

住所:東京都世田谷区宮坂2-26-4 豪徳寺コーポラス1階
TEL:03-6413-7569
営業時間:17時~24時
定休日:日・祝
交通:小田急線豪徳寺駅から徒歩2分

『きたの』 一品一品気合の入ったつまみに、今宵の一杯が俄然盛り上がる

知らないと少し入って行きにくいビルの2階奥。だけど長く続いちゃうのが店のよさを物語っている。店主の北野さん曰く「ふらっと来てその日の気分で何でもありな“ちょっといい居酒屋”」。薄味の蓮根のきんぴらにザーサイやクルミの食感も楽しい白和えとか、軟骨やモモ、セセリなどの粗挽きが混在した鶏塩つくねとか、何気に気合いの入ったつまみ。お造りから〆のご飯まであって使い勝手も抜群の1軒だ。

鶏塩つくねと生ピーマン850円、蓮根とアボカドの白和え720円

三つ葉やザーサイ細切り、クルミの入った白和えは食感も楽しい。熱々で供される鶏塩つくねは、生ピーマンに東松山の焼きとんの味噌と一緒にのっけてかぶりつくべし。呑める!
『きたの』の店内

店主・北野将司さん「おひとり様用少量盛りにも対応しているのでお気軽に!」

住所:東京都世田谷区豪徳寺1-45-10 富士ビル203
TEL:03-6324-7843
営業時間:17時~23時LO(24時)
定休日:日
交通:小田急線豪徳寺駅から徒歩1分

撮影/鵜澤昭彦、取材/池田一郎

次のページ
『焼とりダービー』 表面カリカリ、中はジューシー 長崎津島地...
icon-next-galary
1 2 3 4icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…