SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

4月26日、上皇さまと美智子さまは改修工事の終わった元赤坂の仙洞御所(旧赤坂御所)に「お二人そろって」入居された――。これは、実は歴史的にも意義のあることなのである。上皇さまが崩御ではなく生前退位を実現されたからこそ、「お二人そろって住まう」ことができるのだから。この御所は、30年余にわたって積み重ねてきたお二人の人生の集大成の場でもあるのだ。上皇さまはここ近年、記憶や認知機能が低下しているとも報道されているが、仙洞御所で落ち着いた毎日を過ごされることだろう。

写真=宮内庁提供(旧赤坂御所で台所に立つ美智子さま)

仙洞御所(旧赤坂御所)は、上皇さまと美智子さまがご成婚翌年の1960年から1993年まで30年以上もの長い間住まわれた懐かしい思い出のつまった御所である。赤坂御用地には秋篠宮ご一家も暮らしておられるから、自然に行き来も増え、お孫さまたち(佳子さま、悠仁さま)とふれあいながらのおだやかな晩年となるのだろう。

上皇さまと美智子さまの「老後」への取り組みの出発点は、昭和天皇の大喪の礼にあった。そのときから、実に30年あまりもの長きにわたって実践してこられたのだ。そんな陛下と美智子さまの「終い方の知恵」を一冊にまとめたのが『美智子さま いのちの旅 ―未来へー』(渡邉みどり著 講談社ビーシー/講談社)である。お二人の人生後半の歩みをていねいに記したこの本を紐解いてみよう。

次のページ
即位されたときから、「人生の終い方」への取り組みは始まった...
icon-next-galary
1 2 3 4icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

高木 香織
高木 香織

高木 香織

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…