SNSで最新情報をチェック

女性誌やテレビの旅番組がこぞって台湾特集を組み、書店に数えきれないほどのガイドブックが溢れたのは、ここ十年ほどのこと。気軽に行ける台湾旅は多くのリピーターを生みました。そこを襲ったのが長引くコロナ禍。台湾が好き、台湾ごはんが大好きな人たちは、まさに「台湾ロス」の日々を送っています。ならば、あの恋しい味をうちで作っちゃえ! でも食材は? 調味料は? いえいえ、日本にあるものでパパっと作れるレシピが、ここにあります!

画像ギャラリー


日本でも定番になった魯肉飯、鶏肉飯

あなたの好きな台湾料理はなんですか?

かの「鼎泰豐」の日本初出店がニュースになったのは1996年。台湾の味といえば小籠包と思われていた頃の話です。

時を経て2013年、台中にあるメニュー発祥の店、春水堂の代官山店オープンから始まったタピオカミルクティーの一大ブームの背景には、香港、韓国に次いでやってきた、日本における台湾旅熱の高まりがありました。

そして今や、日本の街のそこかしこに、魯肉飯(ルーロウファン)、鶏肉飯(ジーロウファン)や大鶏排(ダージーパイ)を看板メニューにした店があり、台湾ごはんはすっかりおなじみに。

日々のごはんにしっくりとくる気取りのなさや、やさしくホッとする味わいが、時代の気分にマッチしているのかもしれません。

まろやかな甘辛味がおいしい魯肉飯(豚肉の煮込みかけご飯)。これぞ台湾人のソウルフード

次のページ
台湾ロスから生まれた画期的料理本...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...