SNSで最新情報をチェック

サバファンが集う「全日本さば連合会」広報担当サバジェンヌこと池田陽子さんによるとっておきのサバグルメをお届け。今回はついに海外へ! 「ノルウェーサバ」の旨さの秘訣を知るべく、現地を訪れました。

画像ギャラリー

ノルウェーから日本まで最速60時間で上陸!

みなさーん! 今年もあの「サバ界のス―パースター」が来日しましたよー!!!

ノルウェー産、旬の”生”サバ「サバヌーヴォー」!

昨年デビューを果たした、サバヌーヴォー。ノルウェーでの水揚げから日本の販売店まで、一度も冷凍することなく空輸された、旬の「新物ノルウェーサバ」だ。ノルウェー水産物審議会、JAL、JALUXの連携により実現。2022年も9月から販売がスタートした。

徹底した品質保持のもと、JAL便でノルウェーから高鮮度で届くサバヌーヴォー
徹底した品質保持のもと、JAL便でノルウェーから高鮮度で届くサバヌーヴォー

通常の冷凍品は、ノルウェーから船で運ばれ、店頭に並ぶまでにはおおよそ3か月を要する。それがですよ、なんと水揚げから最速60時間で日本入り!

つまり、獲れたてピチピチのノルウェー生サバを、はるか地球の真裏の日本で堪能できるということ!

なおかつ、「脂肪率約30%、500gアップ」の規定で厳選された「最高品質のサバ」のみ!

昨年いただいて、あまりのおいしさに卒倒しそうになったジェンヌさん。

今年も……失神寸前。

その味わいは、「キング・オブ・ジューシー」!

驚嘆するほどの麗しい脂ノリ。「脂ジェニック」すぎる! まったく脂に重さがない。水にも溶けそうなくらい、軽やかでピュアなオイル

そして奇跡の「ふかふか」食感! 箸を入れると「ふわっふわ」。もはや、羽毛ぶとん級!

麗しい脂で、見事にこんがり黄金色に焼き上がるサバヌーヴォー。いや、ほんっとに、身がフカフカなんです……!
麗しい脂で、見事にこんがり黄金色に焼き上がるサバヌーヴォー。いや、ほんっとに、身がフカフカなんです……!

なのに、くどさゼロ。恐ろしいことに、1枚あっさり。すみません、なんなら3枚くらい余裕です……。

「本当によい脂」ってこういうことだったのね、をただ、ただ、実感するばかり……。

ジェンヌさん作「サバヌーヴォーのオレンジ、ドライフルーツのエスカベッシュ」。サバヌーヴォーは揚げても旨し!
ジェンヌさん作「サバヌーヴォーのオレンジ、ドライフルーツのエスカベッシュ」。サバヌーヴォーは揚げても旨し!

サバヌーヴォー×ワインイベントも大盛りあがり

昨年のデビューで多くのサバファンのハートをわしづかみにしたサバヌーヴォー、好評につき2022年は輸入量を昨年の3倍に! 首都圏のみならず、日本全国に販売を広げた

9月16、17日にはには「サバヌーヴォーフェス2022」も開催。サバヌーヴォーとワインが楽しめるという、なんともおしゃれで魅惑的なフェスは、多くの来場者でにぎわった。

「サバヌーヴォーフェス2022」にて。右から、ヨハン・クアルハイムNSC日本・韓国担当ディレクター、インガ・マリーエ・ヴァイデマン・ニーハマル駐日ノルウェー大使、大森康史日本航空執行役員
「サバヌーヴォーフェス2022」にて。右から、ヨハン・クアルハイムNSC日本・韓国担当ディレクター、インガ・マリーエ・ヴァイデマン・ニーハマル駐日ノルウェー大使、大森康史日本航空執行役員
サバヌーヴォーにはチリを代表するワイナリー「エラスリス」の「マックスシリーズ」。「シャルドネ」「ソーヴィニョンブラン」「カベルネ・ソーヴィニョン」がおすすめ
サバヌーヴォーにはチリを代表するワイナリー「エラスリス」の「マックスシリーズ」。「シャルドネ」「ソーヴィニョンブラン」「カベルネ・ソーヴィニョン」がおすすめ

イベントに出てきたワインは下記より購入可能だ。

次のページ
老舗が手掛けるノルウェーサバを使った至高...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...