MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
三重テラス|松阪牛や伊勢志摩の恵みを華麗なるイタリアンで(郷土料理/三越前)

三重テラス|松阪牛や伊勢志摩の恵みを華麗なるイタリアンで(郷土料理/三越前)

『三重テラス』は県のアンテナショップとしては珍しい本格的なイタリアン。松阪牛に伊勢エビなど、高級食材の宝庫である三重県ならではの大胆な発想だ。

三重テラス(最寄駅:三越前駅)

店長の堀下さんは「東京の方だけでなく、県内の方が来ても楽しんでもらいたい」と話す。 伊勢志摩の海の恵みや松阪牛を使った料理と合わせるのは、地元の『伊勢角屋麦酒』。今年はイギリスの権威ある大会で「ペールエール」が金賞、「ブラウンエール」が銅賞を獲得した実力派だ。このふたつももちろん飲めるので、美味しいビールと食の競演に酔いしれよう。

伊勢志摩の宝箱貝たちのキャセロール蒸しクラムチャウダー仕立て、ヒメホワイト
2200円、950円

大きな貝がぎっしり詰まった看板メニュー。貝のダシがたっぷり染み出たスープはプラス850円でスープリゾットにできる。コリアンダーの香るホワイトエールと合わせたい

松阪牛の内もも肉のタリアータ三重の春野菜タイムと西洋わさび、ブラウンエール
3800円、950円

厚切りの松阪牛は200gとボリューム十分。ブラウンエールと

伊勢美豚のロースト桜の葉のジェノバ風ソース
2400円

桜の香りのソースが印象的なひと皿

三重テラス

[住所]東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル YUITO ANNEX 1階 [TEL]03-5542-1030 [営業時間]ランチ11時~14時半LO、カフェ14時半~17時、ディナー17時~22時LO ※ランチタイム有  [休日]ビルに準ずる、 [席]テーブル38席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅直結

電話番号 03-5542-1030
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
関連記事
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
芳醇な旨みのスープで食す博多風水炊きと宮崎の郷土料理・かご焼きを看板に、2018年5月にオープンした。使用するのは千葉県産の水郷赤鶏。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
5088views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt