SNSで最新情報をチェック

少しずつ寒さもやわらぎ始める3月。晩冬から春へと切り替わるこの時期に流れているのは七赤金星の気。七赤金星といえば「楽しい」「ワクワク」がキーワード。本格的な春の到来とともに、私たちにも何かうれしい出来事がやってくるかも。ちょっぴり胸躍るそんな気に乗るための開運めしはこちら!

icon-gallery
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! 今月の開運めし指南

まず知っておきたい! 2023年3月の全体運

本格的な春の訪れを感じる3月は、
「楽しい」「ワクワク」をキーワードに持つ七赤金星が司る。
部屋に差し込む朝日の角度が少しずつ変わったことに気づく瞬間、
頬を撫でる風が心地よいと感じる瞬間、
夕方仕事を終え外に出たとき「日が長くなったね」とつぶやく瞬間など、
今月は日々の些細な出来事の中で
小さな悦びをいくつ重ねることができるか? がポイント
に。
経済不安や感染症など、まだまだ問題は山積みの世の中。
そんな小さな悦びが張りつめた心をふっと軽くしてくれるかも。
がんばることは得意だが、息抜きが下手な日本人。
月末にはサクラも開花する。
家族や仲間とのお花見を予定に入れ、
「忙中閑あり」の心を大切に過ごしてみよう!

2023年3月の開運メシ

一緒に食べる相手も大切。「鶏肉」を食べて楽しい時間を過ごそう!

3月を司る七赤金星には「人生の悦び」を担うという大きな役割がある。あなたにとっての人生の悦びとはどんなことだろう? 九星気学ではそこに「恋愛=人間関係」「経済=お金」「食べる・飲む=コミュニケーション」などのキーワードを置いている。故に七赤金星の月には「みんなで会食を楽しむ」というのが開運アクションとしてオススメだ

そんな気に乗るための開運めしは、七赤金星の気を持つ「フライドチキン」「焼き鳥」「親子丼」「チキン南蛮」「油淋鶏」などの「鶏肉」料理

鶏肉料理は和洋中エスニック問わずたくさんあるから手軽に取りやすい。ただ、ここでもうひとつお伝えしたいのが、それを「誰といっしょに食するか?」ということ。

「何を食べるか?」も大切だけれど「誰と食べるか?」はもっと大切。そしてこれが「人生の悦び」につながっていく。2023年を司る地の気「卯」にも「2人の人間が向き合う」という意味がある。3月、誰と向き合って過ごすのか? 鶏肉料理を食しながらぜひ楽しい時間を!

次のページ
3月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

鈴木 彩夏
鈴木 彩夏

鈴木 彩夏

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…