SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

むっちりとした皮とたっぷりの餡が織りなす絶妙なハーモニー。最近、なんだか餃子な気分です。個性豊かな旬の餃子、ご紹介します!

『ニューヨーク飯店』 @北赤羽

熱々爆汁餃子とクラフトビールの無限ループ!

店があるのは北赤羽駅のすぐ目の前、なのに店名はニューヨーク?「10代の頃から計3年暮らしたNY のようなミックスカルチャー的な店にしたかった」とマスターのRIOさん。中華に混じってチキンオーバーライスやバッファローチキンなんて料理も並ぶ品書きを眺めているだけでワクワクするではないか。

水餃子 550円、焼き餃子 550円

『ニューヨーク飯店』(奥)水餃子 550円、(手前)焼き餃子 550円 ”焼”は羽根付きの香ばしさを、”水”はツルンとなめらかな舌触りを堪能できる

そんな店の看板がコロンとキュートな丸型に手包みした餃子たち。餡の具材は極粗挽きにした豚肉とニラとシンプルながら、むっちりした厚めの皮を破ってヤケドするほど熱々のエキスが飛び出してくる。すぐさまオリジナルのクラフトビール「山椒AVENUE1」を流し込めば、清々しい香りに後押しされて旨さがブースト。この爽快感、Don’t think, Feel it!!

『ニューヨーク飯店』

[住所]東京都北区赤羽北2-31-16
[電話]03-5948-6066
[営業時間]12時~14時、17時~23時頃
[休日]不定休
[交通]JR埼京線北赤羽駅赤羽口から徒歩1分

『恒源餃子』 @半蔵門

40種類も揃う魅惑の餃子ワールドへさあ行こう!

餃子とはなんと懐深き食べ物か、そんな想いに至ったのが、この店を訪れた時のこと。「ピーマンとキクラゲ」や「大根とエビ」なんて変わり種から「サザエ」、「アサリ」などの海鮮系も充実し、“焼”と“水”を合わせれば、その数なんと40種類(!)むろん、全て山東省出身の店主・湯さんの手作りだ。しかも冷凍や作り置きを一切しないのが信条で、調味料を練りこんだ肉ダネに、その都度メインとなる具材を合わせ、自家製の皮で包み込む。

元祖焼き餃子 520円

『恒源餃子』元祖焼き餃子 520円 白菜と豚肉の餡を包んだシンプルなひと皿。特製のニンニク醤油ダレとの相性も抜群だ

ひと口じゃ収まりきれない大きなそれにかぶりつけば、豚肉のコクと旨みの中から、各素材のフレッシュな風味が広がり、食感も見事なほどに鮮やかだ。加えて刀削麺をはじめ、炒め物や揚げ物などの一品料理も抜群とくれば、胃袋がいくつも欲しくなる。

『恒源餃子』

[住所]東京都千代田区平河町1-7-19 マルベリー平河2階
[電話]03-6910-0960
[営業時間]11時~15時LO、17時~23時(22時半LO)
[休日]日
[交通]地下鉄半蔵門線半蔵門駅1番出口から徒歩2分

『サルーズキッチンマーケット』 @北参道

フレンチのエッセンス香るジューシーな餃子

日本とも中華ともちょっと違うなぁと思ったら、イメージは“パリにある中華料理店”と聞いて納得。どの料理もほのかなフレンチテイストが漂い、ワインとの相性も抜群。メニューを考えているのは、フレンチの料理人にしてまかない餃子の達人という、姉妹店『ビストロコンカ』の望月シェフ。

焼餃子 900円

『サルーズキッチンマーケット』焼餃子 900円 カリカリのレースのような羽つき餃子。そのままでもおいしいが好みで黒酢やラー油をつけても

餃子の皮はシェフの出身地・静岡の製麺屋にオーダーしたもので、焼き用にはやや薄い皮、水餃子にはやや厚めの皮と使い分けている。キャベツと豚肉のシンプルな焼き餃子は、軽い赤ワインにばっちり。季節で替わる水餃子はレモンだったり、新生姜だったりと、意外な素材使いが新鮮。アンティークの家具が配置されたほどよくくだけた空間も居心地がよく、パリの片隅にいるような気分に。

『サルーズキッチンマーケット』

[住所]東京都渋谷区千駄ヶ谷4-22-6
[電話]03-6804-6034
[営業時間]12時~15時(14時LO)、18時~23時(21時半LO)
[休日]火、日
[交通]地下鉄副都心線北参道駅1番出口から徒歩5分

『溢彩流香(イーサイリューシャン) 餃子小厨 恵比寿』 @恵比寿

ナチュラルワインにそっと寄り添う 優しい味わいの餃子

大阪・摂津富田にある中国家庭料理の「溢彩流香」(現在は休業中)。年に1日だけ設ける予約日でその年の席が埋まるという、知る人ぞ知る名店だとか。この恵比寿店はそんな店の名物料理である餃子にフィーチャーした専門店。中でも代名詞と言えるひと皿が「水晶餃子」。

水晶餃子(12個) 1560円

『溢彩流香(イーサイリューシャ) 餃子小厨 恵比寿』水晶餃子(12個) 1560円 ニンニク不使用で豚肉、白菜、エビの風味が際立つ

点心のエビ蒸し餃子などに使われる浮き粉を使った透明な皮は、”ぷるんっ”と舌を撫でてから、焼き目の“カリッ”がやってくる。そこへ餡に練りこんだエビやクワイの歯ざわりも加わって、噛むごとに交差する食感の違いがなんとも楽しい。しかも餃子のパワフルなイメージとは打って変わって、それぞれの素材の滋味を感じられる繊細でおだやかな味わいなのだ。これがナチュラルなワインとスムーズにマッチする。

『溢彩流香(イーサイリューシャ) 餃子小厨 恵比寿』

[住所]東京都渋谷区東3-17-15 iD EBISU1階
[電話]03-6434-1137
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜22時(21時LO)※土日は通し営業
[休日]月
[交通]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩4分

次のページ
『ナチュラルワイン 森と土』 @築地...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…