×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

まだまだ残暑が厳しい9月は、「穴」や「水」という象意を持つ一白水星が司り、運勢的にも厳しくなる予感。仕事、健康、人間関係、経済など思いもかけないところに落とし穴が待っていそう。ただ、マイナスに思えるこの現象は次のステージへ進むために必要なステップかも! そんな問題解決のために必要なことを一白水星の開運めしが教えてくれるはず!

icon-gallery
開運メシ
開運メシ

「気」を知り「運」の流れに乗る! まず知っておきたい2023年9月の全体運

空に浮かぶ雲がなんとなく秋の気配を感じさせる9月は、「水」の象意を持つ一白水星が司る。そのため、台風による水害や暴風、突然のゲリラ豪雨などに注意が必要かも。

そんな気象の乱れと同時に、人の社会にはポッカリと「穴」があくようなことが起こりそう。それはまるで、いつも歩いている道でつまづき、振り返って見ると「こんなところにあったっけ?」というような穴がひょっこりと出現しているようなイメージ。

好調なこと、慣れていること、当たり前だと思っていることに限って穴があいたり、ほころびが出てくるから要注意! 仕事、健康、経済……。とくに人間関係に動きが出たら怖がらず、いるものいらないものを整理してみよう!

穴はピンチかもしれない。でも、しっかり向き合い、きちんと対応すればチャンスにもなるはず!

【2023年9月の開運メシ】「旬の魚」でピンチをチャンスに!

「穴」という、ともすればネガティブに見える現象も、実は次のステージへ進むために必要なプロセス。ちょっと面倒かもしれないが、そこから逃げず、しっかりと向き合うことが大切になってくる

そんな9月を司る一白水星の運気をサポートするのが「旬の魚」。秋の魚の代表でもある「サンマ」を筆頭に、「サケ」や回遊魚の「戻りカツオ」などなど。

旬のものを旬に食することは、免疫力や抵抗力を高め、丈夫なカラダを作ると言われているが、エネルギー的な見方をすれば、その人の持つ力を引き出すことにつながっていくはず。一白水星が仕掛けてくる穴=ピンチをチャンスに変えるためにも、そして次のステージに進むためにぜひ「旬の魚」を食してみよう!

次のページ
オススメの開運メシをチェック!...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

鈴木 彩夏
鈴木 彩夏

鈴木 彩夏

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…