SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。連載「音楽の達人“秘話”」のシンガー・ソングライター、南こうせつの第4回は、“人柄”について触れます。人間が大好きなことが分かるエピソードです。

「禁じられた遊び」が最初に弾けた曲

“こうせつさん”、親しみをこめてスタッフやファンは、南こうせつをそう呼ぶ。

“こうせつ=高節という名前は、きっと父が僧侶だった関係で付けられたんだろうね。 自分と同世代には、あまりない名前だよね。子供の頃は、もっと格好いい名前にして欲しかったなあと思っていた。現在は良い名前だと思えるようになった”

かつて自分の名前について、そう教えてくれた。

兄がウクレレを弾いていたので、借りてウクレレを弾き始めたことが音楽少年への第一歩だった。

“安いアコースティック・ギターを買ってもらって、独学で練習した。最初にまともに弾けるようになったのが「禁じられた遊び」。当時はあの曲が弾けると格好良くて、女の子にもてるはずだったんだけど、駄目でした”

南こうせつ、かぐや姫の名盤の数々

屋根に上ってラジオのアンテナを伸ばした

“中学生時代、ラジオで洋楽を聴いて、より音楽ファンになった。ぼくが育ったのは、現在は大分市になっているけど、当時は大分郡竹中村と呼ばれていたところ。田舎なんでラジオの電波が特に入りにくかったんだ。で、夜になると小さなトランジスタ・ラジオを持って、屋根に上ってアンテナを伸ばして、雑音の中、音楽を聴いた思い出がある。あっちの方が東京か、いつか東京に出て、音楽を演りたいなと思っていた”

ちなみに出身地の竹中という地名は、かぐや姫の「ひとりきり」という楽曲に出てくる。

高校時代に伊勢正三とフォーク・グループを結成した。東京に出て離れ離れになったがメンバー交替をくり返しながら、最終的には第2次かぐや姫として、南こうせつ、伊勢正三、山田パンダというメンバーに固定された。

風呂付きの部屋に引っ越すこと

“中退しちゃうんだけど東京の大学(明治学院大学)に入った。憧れの東京暮らしだったけど、とにかく貧乏だった。3畳じゃなかったけど小さなアパートでお風呂はもちろん、付いていない。銭湯代さえ倹約していた”

そんな話をしていて、昭和30~40年代の銭湯話で盛り上がったことがあった。昭和30~40年代、液体シャンプーのボトルは高価だった。チビた石験で頭から全身をぼくも洗っていた。そんな話をしていたら粉シャンプーの話になった。

“そうそう、銭湯代に少しプラスして粉シャンプーを買う時もあったね。あれを使うと頭がさっぱりした気になった。ちょっとした贅沢気分になったね。粉シャンプーって成分、何だったろうね”

音楽で食べてゆくことの次の夢は風呂付きのアパートに引っ越すことだった。

“ようやく音楽で食べられるようになって、憧れの風呂付きマンションに引っ越した時は、やったぞと思った。寒い夜に銭湯に行かなくてすむぞ、それがとてつもなく嬉しかった”

南こうせつ、かぐや姫の名盤の数々
次のページ
自宅に迷い込んだ白人、ハリウッドの大物スタッフに...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

岩田由記夫
岩田由記夫

岩田由記夫

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…