×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介する「ニッポン“チャーラー”の旅」。第28回となる今回は、京都府八幡市へ。京都の老舗醤油処の醤油を使ったチャーラーが楽しめるのですが、そこでとあるトッピングとの出合いが!

icon-gallery

カメラマン兼ライターという仕事柄、出張が多い。旅先では観光客ばかりの郷土料理店よりも、地元の人々が足繁く通う町中華やラーメン店へ行く。その方が旅情を感じるのである。

絶対に行かねばならないと思った店

この日は石清水八幡宮が有名な京都府八幡市へ出張だった。京都に数多くある背脂チャッチャ系のラーメンは、私のようなおっさんにとって少々辛い。しかし、ここ『麺処 森元 松井山手店』は絶対に行かねばならないと思った。

『麺処 森元 松井山手店』外観
『麺処 森元 松井山手店』外観

その理由は、後から述べるとして、ここのラーメンは、厳選した原料と手作りにこだわった伝統的製法を頑なに守る京都の老舗醤油処「松野醤油」を使っているのが特徴だ。

私が注文したのは、ラーメンに「半チャーハン」が付く「半チャーハン定食」(1078円)。ラーメンは追加料金で全種類から選べるが、初めての来店ゆえにベーシックな「特製醤油ラーメン」を選んだ。

店員さんは注文を取り終えると、「よろしければ漬物・キムチバーをどうぞ」とカウンター席の横にあるスペースを指差した。私がここに行かねばならないと思ったのは、これが理由だったのだ。

キムチともやしのナムル、辛子高菜。ビールのアテにも最適だ
キムチともやしのナムル、辛子高菜。ビールのアテにも最適だ

漬物・キムチバーには、モヤシのナムルと白菜キムチ、辛子高菜、キュウリの漬物が用意されていた。私はキュウリの漬物以外の3種類を小皿に盛り付けた。どれも私の大好物である。

次のページ
「松野醤油」の味と香りを前面に出したチャーハンとラーメン...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…