×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介する「ニッポン“チャーラー”の旅」。第29回となる今回は、岐阜県中津川市へ。本誌2023年11月号の特集「ちょいと足をのばして湯とメシの旅」で岐阜・下呂温泉を訪れた著者が名古屋への帰りに立ち寄ったお気に入り店のチャーラーです。

icon-gallery

下呂温泉から筆者が暮らす名古屋へ車で帰るには、何通りかのルートがある。そのひとつが国道257号線を使って中央道中津川インターまで出るというルートだ。

下呂から中津川インターまで1時間ほどで到着する。ということで、下呂温泉を取材した帰り道に中津川市で立ち寄った、筆者オススメのチャーラーを紹介しよう。

「おいしい!」が伝わってくる店構え

中津川にはこれまで何度も訪れていて、実はお気に入りの店がある。それがJR中津川駅前にある『中華そば まるなか』だ。

『中華そば まるなか』。店はJR中津川駅から徒歩2分
『中華そば まるなか』。店はJR中津川駅から徒歩2分

筆者が初めて足を運んだのは、4、5年ほど前。黄色い看板と赤いのれん。この店構えを見て「絶対においしい!」と確信したことを今も覚えている。それは見事に的中し、中津川方面へ行くたびに立ち寄っている。もうね、筆者ほどのレベルに達すると、店構えを見ただけで旨いかそうでないかがわかるのだ(嘘)。

店内の奥に券売機があり、購入した食券を店長へ手渡して注文完了。ちなみに筆者がいつもオーダーするのは、シンプルな「中華そば」(700円)と「セットチャーハン」(300円)。これが本当に旨いのだ

『中華そば まるなか』店内。奥に券売機がある
『中華そば まるなか』店内。奥に券売機がある

店内はカウンター席が8席と4人掛けのテーブル席が2卓。筆者はひとりなので、必然的にカウンター席へ座る。そのカウンター席が特等席なのである。なぜなら、店長が中華そばやチャーハンを作る様子が眺められるのだ。この日もタレや調味料の量をしっかりと計っていて、実に丁寧な仕事ぶりが伝わってきた。

次のページ
スープが染みた極細ちぢれ麺が旨い...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…