SNSで最新情報をチェック

茨城の名峰「筑波山」(つくばさん)は空気が澄んだ冬の日没後、関東平野の夜景を一望できる大パノラマと満天の星を同時に楽しめることが大きな魅力です。山頂近くのレストランには、期間限定でアート装飾が施された店内に「こたつ」が初登場。“天空の特等席”でほっこりくつろぎながら、彼方にきらめく“光の海”を眺めれば、心が浄化されるかも!?

icon-gallery

日本百名山で一番低い筑波山、アクセスの良さ&景勝地として人気

筑波山は、標高877メートルの女体山(にょたいさん)と標高871メートルの男体山(なんたいさん)の2つの峰を持ち、日本百名山のひとつに数えられています。

首都圏から近く、標高が低いこともあって気軽に山歩きを楽しめる景勝地として人気が高く、小春日和の週末となった12月2日(土)は、今シーズン最後の紅葉を楽しむ大勢のハイカーが訪れていました。

スカイツリーや東京タワー、都心の高層ビル群…眼下に「光の海」

日が沈み、暗闇と静寂が山を包む午後6時過ぎ、女体山中腹にある「つつじケ丘駅」(標高542メートル)からロープウェイに乗り込むと、昼間とは客層がガラリと変わり、落ち着いたムードに。

「つつじケ丘駅」からロープウェイに乗り、星空と夜景のナイトクルーズへ

出発してまもなく車内が消灯すると、眼下の関東平野にきらめく光の海が出現しました。車内から一斉に「凄い!キレイ!」と歓声が上がり、誰もが見惚れてしまうほどの美しさです。

ロープウェイは、6分ほどで「女体山駅」(標高840メートル)に到着。下車した先の展望デッキからは、先ほどの夜景がさらに輝きを増して目に飛び込んできます。目を凝らした先には、東に太平洋に面した鹿島臨海工業地帯、離発着する航空機が行き交う成田空港…。南に位置する都心からは、スカイツリーや東京タワー、新宿の高層ビル群を確認。関東平野の大パノラマが一望できます。また、夕暮れ時に訪れると、夕日が沈む富士山も見えます。

「女体山駅」前の展望デッキからは、広大な関東平野の夜景が一望できる

満天の星に心が浄化される

ふと見上げた天空には、満天の星。明かりの少ない山頂近くとあって、オリオン座やおおいぬ座の1等星シリウスをはじめ、冬の星座が華やかに輝いています。

「これから来年2月にかけて寒くなるにつれ、空気が澄み、一段と美しい星空と夜景が同時に眺められるベストシーズンを迎えます」(ロープウェイの乗務員)

夜のしじまに霊峰「筑波山」に立てば、地上の光と、きらめく星々に抱かれて、まるで宇宙にいるようです。神秘的な雰囲気に、心が浄化されます。

次のページ
今冬「こたつ」が新たに登場!人との距離を縮める“こたつマジッ...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中島幸恵
中島幸恵

中島幸恵

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…