SNSで最新情報をチェック

THE SECOND 初代チャンピオン「ギャロップ」のボケ担当・林 健(たけし)さんは、専門のYouTubeチャンネルをもつほどのチャーハン好き。そんな林さんのチャーハン愛あふれる連載第7回目は、居酒屋のチャーハンが初登場。これまで紹介した町中華やラーメン屋さんとは少し趣が違います。それは和風の一品。チャーハンの幅広さを感じられること必至です。

しらすと梅がたっぷり入った和風チャーハン

今回紹介するお店は、大阪・玉造にある和食居酒屋『酒味泉 ごえん屋』

『酒味泉 ごえん屋』。YouTubeチャンネル「チャーハン林#25」より

「最初は紹介してもらって行ったと記憶しています。いろんなお料理を作る人が手掛けるチャーハンもいいな、そうすると居酒屋さんのチャーハンがええかなと思っていたところに、ちょうどタイミングが合った感じやったかなと」

『酒味泉 ごえん屋』のメニュー表

『ごえん屋』は、動画内で林さんが触れている通り、魚を扱う料理が多く、さらにおばんざいもラインナップされている和食メインの居酒屋。そこで提供されるチャーハンとあって、和の装いです。

チャーハンの調理風景

ご飯と共にたっぷりのしらす、練り梅と共に焼き(炒める)、さっぱりと仕上げています。アクセントとなっているのがネギオイル。香ばしい風味を加わえます。

その香りについて、林さんは動画内で「作ってるときの匂いが、カウンターに座っていたらすごいくるんですけど、そのときは和っぽい感じではなく結構がっつりくるんです」と言及。

“特等席”で調理風景をみていた林さん。匂いもしっかりと感じていたようです

実食中、チャーハンの肝といえる梅について「めっちゃバランスがいい。これ以上強すぎてもダメなんですよ」とコメント。店主曰く梅の分量については試行錯誤を重ねてたどり着いたそう。

「ごえん屋チャーハン」(700円〜)

その梅をなぜチャーハンに入れようと思ったのか林さんが尋ねると、「〆であっさり系を言われることが多かったので、梅干しを入れたらさっぱりするだろうと思って入れたところ好評になった」と回答。それを受けて林さんは、チャーハンに梅を入れた発想力に改めて舌を巻いていました。

梅干しを入れることについて聞かれたご主人

さて、本連載でははじめての登場となった居酒屋のチャーハン。実際居酒屋の〆でチャーハンを食べるかどうか林さんに伺うと、「居酒屋さんの〆で食べることはあまりない」と意外な回答が飛び出しました。その理由をこのように語ります。

チャーハンを食べる時は、腹ペコでがっつくことが多いので。あと、単純に僕が行く居酒屋でチャーハンを置いてるお店があまりないんですよ。どこか居酒屋へ行ったときに、周りが『チャーハンありますよ!』って言ってきたら『じゃあ』って食べることはあります(笑)」

居酒屋でチャーハンを食べる機会が少ない中で何度も口にしている『ごえん屋』のチャーハンは、林さんのチャーハン道において、レアケースといえるでしょう。

「梅によるところも大きいと思うのですが、僕が食べてきたチャーハンの中ではかなり上品な味でした。油も控えめなので、特に〆にはいいやろな〜という印象です。

僕はチャーハンをおにぎりにして食べるという発想にあまりならないのですが、こちらのチャーハンはおにぎりにしてもおいしいやろな、おかずと一緒に食べても合うやろな、そう思わせるチャーハンですね」

確かに、コンビニにチャーハンのおにぎりはありますが、お店でそういう食べ方をするところは少ない印象です。居酒屋の〆おにぎりチャーハン、これはありかもしれません。

和風のチャーハンに舌鼓を打つ林さん
和風のチャーハンに舌鼓を打つ林さん
次のページ
直撃! 居酒屋チャーハンの特徴とフライパンの秘密...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…