SNSで最新情報をチェック

ローマの皇帝は、フランスの太陽王は、ベートーベンは、トルストイは、ピカソは、チャーチルは、いったい何をどう食べていたのか? 夏坂健さんによる面白さ満点の歴史グルメ・エッセイが40年ぶりにWEB連載として復活しました。博覧強記の水先案内人が、先人たちの食への情熱ぶりを綴った面白エピソード集。第40話をお送りします。

わしはうまいスープで暮らしとるが、美辞麗句で生きてはおらぬ――モリエール――

子供に野菜を食べさせる口実になったポパイ

片方が涙をぬぐって身を引くか、それとも3人そろって惨劇の終局を迎えるか、三角関係の解決法はそれぞれにさまざまな人生だが、まれには「永遠の三角関係」とも呼ぶべきラブ・ゲームを飽きもせずに続けている男女がいる。たとえばポパイ、オリーブ、ブルートの3人がそれだ。

この三角関係は半世紀近くも続いているが、いまだにケリがつかないという点でも歴史的である。ポパイとオリーブのあいだに何人子供が生まれようが、ブルートは一度だってオリーブへの思慕を捨てたためしがない。

ブルートに抱きしめられるオリーブ、悲鳴でかけつけるポパイ、たちまち殴り倒されるやホウレン草の缶詰をゴクリ。すると全身の筋肉がみるみる隆起して♪パパパパッパパアンというあのなつかしい音楽が響きわたる。ヘラクレスもどきの怪力ブルートが、わずかひと缶のホウレン草のカロリーで即座に半殺しにされてしまう不思議と矛盾に抗議した父母の話はまだ聞いたことがない。それどころか、全世界の母親たちは、

「ほらほら、これを食べないとポパイみたいに強くなれませんよ」

と、子供に野菜を食べさせる口実を作ってくれたポパイに内心深く感謝してきた。

ところでこのポパイは原作がE・C・セガー、1933年にフライシャー兄弟が映画化したが、さらに4人の生みの親がいることをご存知だろうか。まず原案は、ギリシャの観念哲学の始祖、ソクラテスによって作られているのだ。

次のページ
ソクラテスが生涯菜食主義に徹した理由とは!?...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 今井
おとなの週末Web編集部 今井

おとなの週末Web編集部 今井

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…