SNSで最新情報をチェック

ドン・キホーテの旗艦店「MEGAドン・キホーテ 成増店」が2024年3月13日、東武東上線「成増駅」と東京メトロ副都心線・有楽町線「地下鉄成増駅」から徒歩約5分という駅前商店街の一角にオープンした。売り場面積は都内最大の“メガ店舗”。その6階に新設されたのが「成増ミート研修センター」だ。ドン・キホーテ社内初の取り組みなのだという。どういう施設なのか、我々消費者にどんなメリットがあるのかを探ってみた!

3月13日にオープン、約12万アイテムの品揃え!

驚安価格を標榜し、庶民の味方であるドン・キホーテ。価格面だけでなくユニークな商品ラインナップも魅力で多くのファンを獲得している。わたくしライター・市村もその一人だ。

MEGA形態「MEGAドン・キホーテ」では、肉・魚・野菜といった生鮮食品を扱っているのが大きな特徴。東京では「MEGAドン・キホーテ」はこの成増のほか、板橋志村店、大森山王店、環七梅島店、渋谷本店、立川店、武蔵小金井駅前店の7店舗を置いている。

MEGAドン・キホーテ 成増店

「MEGAドン・キホーテ 成増店」は、23区内の駅前という立地ながら、売り場面積(4フロア)8590.6平方メートルと都内最大の広さを確保し、駐車場は191台、駐輪場はなんと915台が収容可能。従来以上に充実した約12万アイテムの品揃えを誇る旗艦店だ。ドンキならではの「驚安」だけでなく、ちょっと贅沢なこだわりの商品を展開している。

え?松阪牛の切り落としが100g400円台!?

驚いたのが、松坂牛をメインに常陸牛などの銘柄牛を取り揃えていること。オープニング時の数日間は、松坂牛の切り落としが100g税抜398円(税込430円)で販売されていて、その価格に正直ビビった。

対面販売でのオーダーカット(10時から16時まで)やハラミやシマチョウなどのホルモン類を店内で唐揚げにした肉惣菜なども販売しており、これまでのドンキのイメージから一線を画している。

お弁当なども充実する精肉コーナー(価格は3月オープン時のもの)

精肉コーナーでは、定番パックのほかに800g以上の大容量パックでお値打ちになっている「メガ盛り」も人気。
だが、成増店でオープニング初日から連日完売していたのが、「成増ミート研修センター」でカットされたお肉だ。

ドン・キホーテ社内初の試み「成増ミート研修センター」って何だろう? その特色を見てみよう。

次のページ
研修センターを新設、素人から精肉のプロを育成...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

市村 幸妙
市村 幸妙

市村 幸妙

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…