MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
薔薇、オーディオ、古民家etc……マニアも唸る!日本の個性派喫茶店4店

薔薇、オーディオ、古民家etc……マニアも唸る!日本の個性派喫茶店4店

心を潤す上質な音、丹精込めて育てた薔薇、時間をかけて探し出した古民家や玩具……。丁寧に淹れた美味しい珈琲・紅茶とともに、店主のこだわり抜いた空間で心置きなく長居するのも、喫茶店ならではの楽しみなのです。

perm_media 《画像ギャラリー》薔薇、オーディオ、古民家etc……マニアも唸る!日本の個性派喫茶店4店の画像をチェック! navigate_next

【オーディオセットにこだわる】喫茶 Watch(最寄駅:中村駅)

伝説のJBLパラゴンでジャズとコーヒーを

『ウオッチ』には、特に表立って謳ってはいないゆえ、知る人ぞ知るとも言えるもうひとつの顔がある。遠くからそのために足を運ぶ人もいる、マニア垂涎のオーディオセットを備えているのだ。篠川さんの父親にあたり、9年前に他界した先代のマスターがオーディオ好きで集めたものだ。

まずは、1950年代後半に開発され、いまや伝説とも言えるJBLパラゴンのスピーカーだ。当時の価格で150万円以上。独特のカーブを描く形状の巨大な木製スピーカーは、しっかりした音量でも耳に当たらない、とてもやわらかで心に響く音を出す。そして、それを鳴らすのが、やはりプリメインアンプ界の王者とも呼ばれるマッキントッシュ。漆黒のフェイスにブルーライトのクールなデザイン。傍らのオーディオルームにはそれがなんと12台もある。日によって組み合わせを変えながらこのセットで流されるジャズはなんとも艶やか、そしてさり気なく心地いい。

さらに、そんな空間に身を落ち着かせながら飲むコーヒーが、ゆったりと味わい深く、コクがあって旨いことも付け加えておかなければならないだろう。「自分がコーヒー好きやけん、あれもこれもやるうちに自然と増えたんやねえ」というメニューは、種類も豊富。ていねいに淹れられたコーヒーをじっくり味わいながら、耳を澄ませたい。

ケーキプレート 800円(コーヒー付き)

【薔薇にこだわる】イングリッシュガーデンローズカフェ(最寄駅:国分寺駅)

咲き誇る薔薇庭園は魔法が詰まった空間

『イングリッシュガーデンローズカフェ』は敷地内だけで300~400種、500本近い薔薇が咲き誇っているだけでなく、店の近隣にも石坂さんが植えた薔薇が150本ほど咲いており、一帯がバラ園化している。壮観だ。

また薔薇は通年ではなく、夏はユリ、冬は日本スイセンやクリスマスローズなど様々な花が咲き、1年を通じて愉しめるようになっている。ただ、これだけの花である。「水やりや消毒など、手入れは毎日2時間くらいかかります。でも、皆さんに楽しんでもらうためですから」と、その労力は苦でもないと笑う。

さて、同じように注力しているのが「薔薇の香りの邪魔にならないよう、でも味わい深く美味しく食べてもらえるような味を揃えています」と、10数種揃う紅茶や、パスタにカレーなど30種近い食事メニューである。なかでも「イングリッシュローズティー」(490円)は、石坂さん自身がブレンドした自信作だ。

癒しと優雅さと美味。このおとぎの国は訪れるものを幸福にする、魔法の国でもあったのだ。

レギュラーコーヒー 390円

【古民家にこだわる】古民家カフェ 蓮月(最寄駅:池上駅)

未来へと歴史をつなぐ「時代の伝承」が使命

『古民家カフェ 蓮月(れんげつ)』は木造の家は昭和8年に宮大工が建てた貴重な建築様式。
元は蕎麦屋だったが、店主が高齢で閉店を余儀なくされたことから有志らが建物活用のプロジェクトを立ち上げ、2年前、再び家に"命"が吹き込まれた。それが蓮月誕生のきっかけだ。

流行りのカフェと一線を画すのは地元の交流の場でもあることだろう。内装はほぼ当時のまま。1階は近所の子供も放課後自習に通う居間のような空間で、2階は大広間。料理研究家がレシピを考案した豚丼も評判を呼んでいる。
「テーマは家族。ここが家、学校、職場、旅先となる存在に」と代表の輪島さん。地域の心が宿る店は今や街の宝だ。

厚切り照り豚丼 1190円

【玩具にこだわる】空想カフェ(最寄駅:入谷駅)

江戸時代からの伝統と あの頃の楽しさを伝える

江戸時代、浅草寺の参道で売られていた民芸品がやがて玩具となり、さらに外貨獲得のための主な輸出品のひとつになっていった。浅草には玩具の街という顔もあったのである。大人が子供に戻れる秘密基地。そんな喫茶店も悪くない。
その歴史を今に伝えたいと、店主・神谷僚一さんが6年前に開いたのが、ここ『空想カフェ』だ。

奥の部屋には、ソフトビニール人形やブリキのおもちゃ、面子に塗り絵など、浅草が活気を呈していた60年代のものを中心としたコレクションが並ぶ。

ドーナツドリップで丁寧に淹れられたコーヒーを手に取る間もなく、奥の空間に足を踏み入れ、歓声をあげながら時を過ごす人も少なくないという。
大人が子供に戻れる秘密基地。そんな喫茶店も悪くない。

浅草黒(いつものコーヒー) 500円

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル