MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
コスパ重視!【新宿三丁目エリア】の必食ランチベスト9!

コスパ重視!【新宿三丁目エリア】の必食ランチベスト9!

都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪

perm_media 《画像ギャラリー》コスパ重視!【新宿三丁目エリア】の必食ランチベスト9!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

新宿三丁目という狭いエリアにひしめきあうたくさんの飲食店。新宿駅からも程近いため、おしゃれなレストランなども多くあります。
そんな飲食店の激戦区ともいえる新宿三丁目で、おいしいランチのお店をまとめてみました!ゆっくりできる居心地のよいお店や、コスパ抜群お得な定食のあるお店など、知ってて損はありません!

新宿三丁目のランチマップ

まずはお店の場所をチェック!分かりやすく地図でご案内します。

人気のピザやパスタを堪能!

美しい真のナポリピッツァ!『ピッツェリア カポリ』

▲ピッツァD・O・C

カウンター前に鎮座する大きな薪窯で焼かれたピッツァは香り高く、焦げ目も美しく仕上げられている。
「ピッツァD・O・C」は、濃縮された旨みの強いトマトソースと水牛のモッツァレラが贅沢に使われている。食材を厳選した特別なマルゲリータだ。

新宿エリアのピザNo.1という声も上がるほどの、実力店!おしゃれな店内で雰囲気も良く、ワイワイ過ごしたい人にぴったり!いつでも行列ができています。
窯で焼き上げ、焦げ目がついていて、も~っちりとした塩気のあるピザ生地は、それだけでも美味しい♪初めて訪れる方には、ハーフ&ハーフのメタメタがおすすめ!本格的なピザ屋では、なかなかハーフ&ハーフはありませんが、ここでは種類も豊富な中から選べるので、お得感もありますよ!

▲『ピッツェリア カポリ』外観

■『ピッツェリア カポリ』
[住所]東京都新宿区新宿4-1-9 新宿ユースドビル地下1階
[TEL]03-5363-1787
[営業時間]11時15分~14時半LO(土曜日・日曜日:~15時半LO)、17時~22時45分LO(日曜日:21時45分LO)
[休日]年末年始
[アクセス]地下鉄副都心線「新宿三丁目」から徒歩3分 ※ランチタイム有

溢れんばかりの大ボリュームパスタ!『IVO ホームズパスタ 新宿店』

▲スープスパ「絶望」1200円

うれし恥ずかし! 懐かしのスープスパ!「絶望」はトマトクリーム系、チーズもとろりとしたスープがいまにも溢れんばかり。ピリ辛にガーリック、きのこと細かな黒オリーブがいい仕事!

クセになる特徴的なスープパスタが食べられるお店がこちら!麺に絡みつくどろっとしたスープが後を引く美味しさで、定期的に食べに訪れるファンも多いです。
一番人気は「絶望」という名前も変わった逸品。ミートソースベースと、写真のトマトソースベースの2種類があります。トマトソースはニンンクたっぷりで、食欲がそそられます!パンがついてくるので、スープにひたして食べるのも旨し!
パスタ好きなら一度は訪れるべき名店ですよ♪

■『IVO ホームズパスタ 新宿店』
[住所]東京都新宿区新宿3-14-23 マヤビル3F
[TEL]03-3357-5306
[営業時間]11時半~15時(土曜日・日曜日~15時半)LO、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]東京メトロ丸の内線新宿三丁目駅から徒歩3分、山手線新宿駅東口から徒歩7分

和食が食べたいなら!

新鮮な刺身定食!『彗富運(スプーン)』

▲お刺身8品盛り 1000円

飲食激戦区のこのエリアで営業を続けて約10年。なかなか予約のとれないビストロ。
メニューはモチロン洋食……かと思いきや、なんと刺身や煮魚などの和定食が中心なのだ。ボリュームと共に、そのクオリティにも目を見張ること間違いなし! さらに日替わりの小鉢2品がついて、ご飯と味噌汁もオカワリ自由というのがうれしいところ。

新宿三丁目で魚が食べたいと思ったらここ!シンプルでスタイリッシュなビストロの名店が始めたランチはなんと和食!しかも1000円ぽっきりとコスパ抜群なんです♪

新鮮な魚を使った刺身8点盛りの定食は、小鉢とおかわり自由の味噌汁とご飯がついてとっても豪華。ミックスフライや焼き魚の定食もあります。夜はワインの似合う人気店ですよ。

▲『彗富運』店内の様子

■『彗富運』
[住所]東京都新宿区新宿3-9-4 明石ビル1階・地下1階
[TEL]03-6457-7703
[営業時間]11時半~13時半(LO)、17時~24時(23時LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日
[アクセス]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C6出口から徒歩1分

BIGサイズのカツがのったとん丼(カツカレー)!『王ろじ』

▲とん丼(カツカレー)1150円

カツに使用するのは脂やスジを切り落としたロース肉。それを叩いて伸ばしまとめ直してカラリと揚げ、そこに1度焼いたリンゴ、10数年焼酎に漬けたニンニクなど、ひと手間加えた素材をじっくり煮込んだ、やや辛口のビーフカレーをとろり。創業以来変わらぬ味わいは行列必至の美味しさなり。

カツカレーと言えばここ!と大人気のお店。食べログの百名店にも選出されています!
大正10年の創業から「とん丼」という名前でカツカレーがメニューに並んでいて、現在でもこれを目当てに行列が!ボリューミーでさくさくのお肉は、余分な脂やスジをとったロース肉!フルーティーな甘さにありつつ少し辛めのじっくり煮込まれたビーフカレーが豚の旨みと合わさって、今迄に食べたことのないような至高の味になるんです!!
一度食べたらファンになること間違いなしですよ!

▲『王ろじ』お店の外観

■『王ろじ』
[住所]東京都新宿区新宿3-17-21
[TEL]03-3352-1037
[営業時間]11時15分~14時50分、17時半~20時20分(火曜日は夜はお休み) ※ランチタイム有
[休日]水曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)
[アクセス] 新宿三丁目駅「B5」出口から 徒歩1分

24時間営業&ワンコイン定食!『飲食笑商何屋 ねこ膳』

▲ねこ膳ミックス定食(コロッケ1コ、チキンカツ1コ、ウィンナフライ2コ)630円

新宿で24時間・年中無休営業にも関わらず、50円から小鉢、500円から定食が楽しめる。旨い安い居心地よし!の太鼓判店。
ちょい呑みからしっかりとした食事までメニュー豊富のため、どれで腹を満たそうか迷ってしまうほどだ。

24時間年中無休というこちらの食堂は、昼飲みもできて1品が安いという良心的なお店です。ひとりでも入りやすいのもポイント!
「ねこ膳定食」はコロッケにチキンカツ、ウインナーとボリューミー。ご飯大盛も無料で、男性も大満足です。
お得な「キーマカレー定食」はなんと嬉しい500円ぽっきりのワンコイン!キムチや煮玉子など100円のメニューもあります。
立地柄、ランチではなく、朝ご飯として利用する人も多いそうです!

▲『飲食笑商何屋 ねこ膳』お店の外観

■『飲食笑商何屋 ねこ膳』
[住所]東京都新宿区新宿5-17-1
[TEL]03-3200-1710
[営業時間]24時間 ※ランチタイム有
[休日]無休
[アクセス]都営新宿線新宿三丁目駅E1番出口から徒歩1分

老舗の天丼!『天ぷら 船橋屋 本店』

▲天丼 1430円

厳選した旬の食材を特別注文で作るゴマ油でカラリと揚げる天ぷらは、どのネタも瑞々しく、まさに老舗の技のなせる美味しさ。しかも写真の天丼のほか「定食」、「コース」などリーズナブルに楽しめるとあって、週末は予約がベターだ。

明治19年創業、老舗の天ぷら屋。「玉締め絞り」という特別な製法で作られた胡麻油を使い、香ばしくサクッと揚がった天ぷらは今でも長く愛され続けています。
ランチではその天ぷらがリーズナブルに食べられるので、待ち時間があることも!小鉢や味噌汁がつき、ふわっと仕上がっている天丼がおすすめです。他にもお刺身とのセットもありますよ。

テーブル席以外にも、カウンターや座敷、完全個室もあって接待にも便利なお店ですよ!

■『天ぷら 船橋屋 本店』
[住所]東京都新宿区新宿3-28-14
[TEL]03-3354-2751
[営業時間]11時40分~21時半LO ※ランチタイム有
[休日]水曜日(祝日の場合は営業)
[アクセス]都営新宿線新宿三丁目駅から徒歩2分

ひとりでも入りやすいランチ!

チャーシューも旨い味噌らーめん!『萬馬軒』

▲味噌らーめん 790円

昭和63年に目黒で創業したラーメン店。2016年2月に移転オープンした。味噌の風味たっぷりの濃厚スープと、存在感抜群のモチモチとした太麺の相性が見事! ラーメン店がひしめくこのエリアでも、大注目の1軒だ。

常に満席の人気店!おすすめの「味噌らーめん」は、濃厚そうに見えますが、くどすぎずちょうどよいバランスで、スープは飲み干してしまいます♪トッピングのチャーシューも旨いと絶賛されていて、これを目当てに訪れる人もいるほど!「辛味噌」や「つけ麺」もあり、飽きずに何度でも行きたくなります!

■『萬馬軒』
[住所]東京都新宿区新宿2-4-9 中江ビル 1F
[電話番号]03-5379-0603
[営業時間]]11時半~16時半、17時半~24時(土曜日・祝日:~21時半)
[休日]日曜日
[アクセス]新宿三丁目駅 徒歩3分

コスパの良い中華定食!『石の家』

▲木須肉(ムースーロー) ランチ定食では900円

昔ながらの中華食堂。ジューシーな餡の焼餃子や、極太麺を使った醤油味の焼きそばには根強いファンがいる。
土日限定で「競馬セット」(焼きそばや餃子などにドリンクが付くセット。16時まで)も。

昔から続く中華食堂は、ひとりでも気楽に入ることができ、メニューがとても豊富です!
おすすめは太麺の「もちもち焼きそば」で、濃厚な醤油味♪ボリュームのある「餃子」は6個入りで、食べ応え抜群!持ち帰りもできるのでお土産としてもいいですね。そして写真の、きくらげの歯ごたえとふんわりした卵の組み合わせが絶妙な「木須肉(ムース―ロー)」は絶対に食べてほしい逸品です。

■『石の家』
[住所]東京都新宿区新宿3-35-4 ユーコービル中地下
[TEL]03-3354-9334
[営業時間]11時半~23時LO、日曜日・祝日:11時半~22時LO
[休日]無休
[アクセス]新宿三丁目駅「E9出口」から徒歩1分

おしゃれに過ごしたいなら!

ここにしかないこだわりのカレーライス!『日光金谷ホテル クラフトグリル』

▲新宿百年ライスカレー 1800円

2016年4月に新宿にオープンした『BEAMS JAPAN』内に、BEAMSの店舗初となるレストランが登場。歴史ある日光金谷ホテル協力のもと、伝統料理をはじめ「クラフト(手作り)」をコンセプトにした日本の洋食を提供している。
「新宿百年ライスカレー」は、ココナッツミルクのまろやかさとスパイスの程良い刺激が特徴。

人気ショップ「BEAMS」と栃木の老舗有名ホテル「日光金谷ホテル」のコラボなので、間違いなくおしゃれ!落ち着いた内装でデートにもぴったり。

ちらでは手作りをコンセプトとしており、フレンチをアレンジした洋食と、クラフトビールやワインが楽しめます。ランチの目玉は大正時代のレシピを再現した新宿百年カレー。ココナッツミルクがまろやかで、やさしい甘さが口の中に広がります。上には贅沢にも牛フィレ肉のフリットがのっています。
個室もあるのでゆっくり過ごせるのもいいですね!

▲『日光金谷ホテル クラフトグリル』外観

■『日光金谷ホテル クラフトグリル』
[住所]東京都新宿区新宿3-32-6 地下1階
[TEL]03-5361-7548
[営業時間]11時半~15時、17時~23時(土曜日・日曜日・祝日:11時半~23時)
[休日]施設に準ずる
[アクセス]新宿三丁目駅連絡通路出口から徒歩約1分

おわりに

ここまで新宿三丁目エリアのおすすめランチをご紹介してきましたが、気になるお店は見つかりましたか?どこも美味しくてコスパも良く、評判の店ばかり!早速足を運んでみてくださいね。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
吉祥寺エリアで絶対に外せないお昼ごはんとは?!人気グルメ情報誌「おとなの週末」の編集スタッフが食べ歩いて見つけた、安いお店はもちろん、ひとりで気軽に入りやすい所、子連れOKの所など、ぜひ行ってほしいおすすめのお店を厳選してまとめました。
最新記事
「また食べたいと思ってもらえるものを。何度口にしても感動してもらえる味を」。そのためにフランス人シェフのサントスさんが徹底しているのが改良を重ねて作り上げたレシピと、全工程へのこだわりだ。
大手メーカーと違い、各ブルワリーの個性溢れるクラフトビール。飲んでみたいけど、ちょっと高い。では、何を飲めばいいのか? 本誌飲み比べ隊がスーパーやコンビニで買えるビールを薄張りグラスで都度洗浄して試飲しました!
みなさんは“チャーラー”をご存じでしょうか。チャーハンとラーメンのセットの略語なのです。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介します!
築約70年の木造日本家屋で営業を続けるお好み焼き屋。芸人で染太郎の妻・崎本はるが、戦争で染太郎を亡くしたあとに始めたお店で、屋号は後から付けたもの。
リモートワークで毎朝通勤しなくていいのはうれしいけれど、どうも気持ちが仕事モードに切り替わらない。そんな時は甘いものを食べて脳に糖分を注入! 実際に食べて美味しかった朝スイーツをご紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル