MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ/至福の鯖百選[14]

ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ/至福の鯖百選[14]

どんどん、おしゃれ化するサバグルメ。 ジェンヌの最近のお気に入りはこちら、福岡県福岡市・マリネット「おうちで魚バル」の「サバシリーズ」。 この「おうちで魚バル」は、「世界中で愛される魚介料理を、自宅で美味しく楽しむ」をコンセプトに開発された商品だ……。

perm_media 《画像ギャラリー》ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ/至福の鯖百選[14] の画像をチェック! navigate_next

ワイン泥棒なサバグルメ、福岡市・マリネットの「おうちで魚バル」シリーズ


どんどん、おしゃれ化するサバグルメ。

ジェンヌの最近のお気に入りはこちら、福岡県福岡市・マリネット「おうちで魚バル」の「サバシリーズ」。

「おうちで魚バル」は、「世界中で愛される魚介料理を、自宅で美味しく楽しむ」をコンセプトに開発された商品だ。


商品開発を担当した針貝高太郎さんは「魚離れが進むなか、魚をもっと身近に食べてもらいたいと思っていました」と語る。

マリネットはカニを中心とした水産物を海外から買い付け、子会社を通じて加工、販売する専門商社。

針貝さんは世界各地を飛び回るなかで、さまざまなシーフード料理を味わってきた。

マリネットの針貝高太郎さん。
魚の買い付けのために世界中を飛び回る。
サバ大好き、ワイン大好き。


「いまの時代、もっと魚を洋風調理で楽しめる商品があるといいんじゃないか」と思いついた針貝さん。

ワインのおつまみとして楽しめる「バル風」メニューを開発。

シーフードの鮮度感、スモークや低温調理といった特殊調理の風味を大事にするために、あえて缶詰ではなくチルドタイプに。

「食べきりサイズの真空パックで、気軽にさまざまな味わいを楽しんでいただけるようにしました」(針貝さん)。


厨房で行う料理のクオリティを保ちつ、つ大量生産できるように試行錯誤して「おうちで魚バル」が誕生。

サバ、えび、いか、サーモンで9種類のラインナップが完成した。

いずれもおしゃれなパッケージで、気分がアガる! 


「サバが大好き」という針貝さん渾身のサバ商品は、「汐サバのコンフィ」「トロさばのペスカトーレ」「トロさばのレモンバジル」「炙りくん製さばのコンフィ」。

左から「汐サバのコンフィ」「トロさばのペスカトーレ」「トロさばのレモンバジル」「炙りくん製さばのコンフィ」。



サバは、ノルウェー産。

脂のりがバツグンの9、10月水揚げのものを厳選。

いずれも「お酒が大好き」という針貝さんが、ワインのおつまみに最高の味付けに。

おうちで「サバル」が楽しめる!! 

しかも多彩なワインとのマリアージュが楽しめる!


ではジェンヌさんといっしょに、サバとともにワイン回遊を~♪


汐サバのコンフィ

特に脂がのった旬の北海サバを、
薫り高いローリエとともに
オイルで柔らかく煮込んでいる。


サバの切り身に、塩、砂糖などを使って下味をつけ、ローリエとともに調味オイルで真空調理。

じっくりとサバに味を染み込ませる。


「バケットやクラッカーにのせて食べてみてください。
シャルドネなどの辛口ワインにぴったりですよ」と針貝さん。


一口食べてみると、サバの旨みをいかした、しっとり仕上がり。 

ローリエの香りがさわやか!

これはもう、ワインがすすむ!! 

すすむっていうか、ワインが水のように飲める! ヤバい! 


ベビーリーフなどの葉野菜と組み合わせてレモンをしぼったサラダや、サバサンドにしても美味しくいただける。

で、またまたワインがすすむ……。


炙りくん製サバのコンフィ

脂がのった北海育ちの秋サバの燻製を炙り、
オイルの中で柔らかく煮込んだ逸品。
サンドイッチの具や、お酒のお供に。




こちらは、燻製にして炙ってから、コンフィ仕立てに。

「ピノ・ノワールのような軽めの赤がおすすめ」と針貝さん。


たしかに!! 


ほどよくスモーキーな味わいが、なめらかなピノ・ノワールにパシッと合う! 

どこまでも「ワイン泥棒」なサバグルメ(涙)。


「ポテトサラダに混ぜると、またまたワインのつまみに最高ですよ」(針貝さん)。

はい。

ぐび。


トロさばのペスカトーレ

脂がのった旬のトロさばを、
パンチの効いたトマトソースで
ワイルドに煮付けている。



フレッシュトマトを使った特製トマトソースでサバを煮込んである。

「サンジョヴェーゼに合いますよ」と針貝さん。


ついに「濃い赤」まで登場である……。



うわっ。

コクのあるトマトソースがサバと最高のマリアージュ! 

たしかに、フルボディな赤にも合うわ……。


ぐびぐび。


こちら、パスタにしてもバツグンの美味しさ。

そして、大変パンチのきいた味わいなので、米にも合う!

ジェンヌさん本業の「サバ薬膳」仕立て。
肩こり、ダイエットにもよし。
女子は美白におすすめ~



「トロさばペスカ丼」にしてみましたよ。

トロさばのペスカトーレと、パプリカをレンジで温め、ベビーリーフ、紫玉ねぎのみじん切りとともにごはんの上にオン。

ワシワシ食べられるよ~。


そして丼だというのに、ワインのつまみになるよ~。


ぐびぐびぐび。


トロさばのレモンバジル

特に脂の乗った旬の北海さばを、
爽やかなレモンと薫り高いバジルのソースで
さっぱりと煮付けている。



5月にデビューした、いちばん新しいサバ商品。

厳選したサバをさわやかなレモンとバジルペースト、隠し味に牛乳を入れて仕上げた一品。


「ワインは辛口のスパークリングワインが……」 

は、針貝さん、もうジェンヌはへべれけです!!


脂のりバツグンのサバが、じつに軽やかな仕上がり。

おっしゃるとおり「ウェルカム 泡!」。

シュワシュワとサバで、トロピカルサバ―!!!!

エンドレスサバ―! 

サバ―ナイト!

「トロさばのレモンバジル」を冷製パスタに。
バジルやトマトを添えてさらにさわやかに♪ 
「泡に合いすぎるパスタ」の完成♪




……ようは、夏に向けてぴったりだ! 

冷製パスタにしても美味しいよ♪ 

ワインが進むよ!



ワインと最高のマリアージュが楽しめる「おうちで魚バル」。
バケットやクラッカーに、野菜といっしょにのせて
オードブルにすればホムパにぴったり♪



まさに「ワイン泥棒過ぎるサバグルメ」!


サバとともに、世界のワインを味わう、極上の「ワイン回遊」を!

ぐびぐびぐびぐびぐび。


パタッ(あ)。


昨年、「鯖サミットin松浦2018」に出店した針貝さん。
おうちで魚バルは、サバファンにも大好評!
■マリネット おうちで魚バル
http://uo-bar.jp/









池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
池田 陽子

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。 ■サバに関する情報をみんなでシェアする「全さば連Facebookグループページ」がスタート。サバ関係者、そしてサバファンの方々、どなたでも参加可能。

関連するキーワード
関連記事
スーパーへ行くとたくさん陳列されている「サバ缶」。最近では“進化系”が増えており、中でも「サバカレー缶」の勢いがすさまじいのです。特に強烈な個性を放つものをサバジェンヌが偶然発見! あまりの美味しさに、なんとメーカーへ突撃取材を試みました!
東京・仙川に日本初のサバサンド専門店がオープン。しかも「スモークサバサンド」。さらに作っているのがバーテンダーで、ウイスキーを使っているのです。そのウイスキーがまたラフロイグというから、いろいろ気になりすぎます。そんな話題性十分のサバサンドをサバジェンヌが実食!
サバジェンヌによれば、今注目のサバトレンドが「サバカレー」だと言う。チキンでもポークでもない、サバの入ったカレーだ。サバカレー界の新星、東京・調布市仙川町にある『ホクトカレー』のソレは唯一無二。熱量たっぷりにお届けします!
サバジェンヌが愛してやまない「焼き鯖すし」が、福井県小浜市『若廣』のもの。この『若廣』が新たに販売した商品が「イタリアンサバ缶」。調味液ではなくて、特製のソースが入っていて、これが絶品だという。4種類それぞれが個性を放つサバ缶をジェンヌがアツくレポート!
サバジェンヌお気に入りのサバ料理店のひとつ『ごっつり』グループ。その理由は、八戸前沖さばを知り尽くしたオーナーが考案した珠玉のサバメニューに心を奪われているから。2021年4月にオープンした浅草橋のお店もまた至極の逸品揃い。その数々をお届けします。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル