MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
京都の必食ランチ5選!お得な“すき焼き”から“きつねうどん”まで

京都の必食ランチ5選!お得な“すき焼き”から“きつねうどん”まで

京都でランチをするなら絶対に行くべきお店を、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが厳選してご紹介!定番の「和定食」はもちろん、夜はちょっと高級で手が出せない「すき焼き」もお昼ご飯なら安くお得に食べられるんです!ひとりでもお気軽にどうぞ♪

perm_media 《画像ギャラリー》京都の必食ランチ5選!お得な“すき焼き”から“きつねうどん”までの画像をチェック! navigate_next

はじめに

京都といえば、世界的にも有名な日本が誇る街!金閣寺や清水寺などの歴史的建造物や美しい街並みは眺めるだけで感慨深い気持ちになるものですね。「錦市場」などを代表に、食も長い歴史や伝統があり、栄えています。
そんな京都に観光や出張で訪れた際にぜひ食べてほしいランチを、おとなの週末のグルメライターが厳選してご紹介します!

京都のランチマップ

まずは地図でご紹介します!

すき焼き『三嶋亭 大丸京都店』(最寄駅:四条駅)

▲すき焼膳 2376円

京都寺町三条と打てば、自動的に『すき焼き 三嶋亭』と続くぐらいに知られた名店。

甘みと旨みが駆け巡る京都を代表する老舗の極上牛すき焼きを手軽にいつでも楽しめる。

明治から操業しているすき焼きの名店が、大丸京都店の地下にあるんです!贅沢な黒毛和牛の霜降り肉を使った極上のすき焼きが、気軽に膳や丼で味わえると聞いたら行くしかない!

牛肉、豆腐、しらたき、ネギなど、定番の具材が丁寧に煮込まれ、タレと肉の甘みも濃厚。たまごに付けてっ口に頬張ると、それはそれは天にも昇るような美味しさです!

席はカウンターのみなので、出張ついでに一人でも寄りやすいのも魅力。
隣接した販売店でお肉やお弁当、お惣菜も購入でき、敷居の高い老舗が少し身近に感じられて嬉しいですね。

▲『三嶋亭 大丸京都店』店内の様子

■『三嶋亭 大丸京都店』
[住所]京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地大丸京都店地階食品フロア 
[TEL]075-211-8111(代表)
[営業時間]10時~20時(19時半LO)※ランチタイム有 
[休日]大丸京都店の定休日に準ずる 
[座席]カウンター7席/全席禁煙/予約不可/カード可/サなし 
[アクセス]阪急京都線烏丸駅から徒歩1分、地下鉄烏丸線四条駅から徒歩2分(いずれも地下直結)

うどん『権兵衛』(最寄駅:祇園四条駅)

▲きつね

かつてお茶屋だった建物は、網代の腰壁などいたるところに普請道楽の片鱗が。こちらのうどんは、カツオやイワシなど数種の節でとった深みのあるダシに、やわらかな麺がしっかり絡むタイプ。

昭和2年創業の老舗で、「うどん」と「そば」のお店です。小上がりと座敷がメインなので、赤ちゃんを連れて行きやすく、落ち着いてゆっくり食べられるのもいいですね。

うどんは九条ネギと小さめの揚げが入ったきつねが人気!濃いめの出汁でクセになる美味しさです。そしてもう一つのイチオシが親子丼。ふわとろ卵とプリッとした鶏肉でファンの多い逸品です。どちらを選ぶか、迷ってしまいますよ!

▲『権兵衛』店内の様子

■『権兵衛』
[住所]京都府京都市東山区祇園町北側254 
[TEL]075-561-3350 
[営業時間]11時半~20時 ※ランチタイム有 
[休日]木曜日 
[座席]テーブル3席×1卓、6席×1卓、小上がり5席×3卓、4席×9卓、7席×1卓 2階座敷18席 計85席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし 
[アクセス]京阪本線祇園四条駅7番出口から徒歩3分

すき焼き『モリタ屋』(最寄駅:京都駅)

▲すき焼き 梅(前菜、牛肉(150g)、野菜、卵、ご飯、赤だし、香物、デザート)

「すき焼き」は、鍋に牛脂をひいてからザラメを散らし、まずは肉を焼く関西仕立て。
スタッフが調理する間は、割り下が鍋ではじける音や香りで贅沢な気分を味わう。肉が焼けたら、卵にくぐらせ口中へ。甘さ感じる関西流で、京都を実感するだろう。

JR京都駅直結の伊勢丹内にあり、美しい景観を眺めながら食事ができるこちらのお店は、すき焼きが絶品!代々伝わる割下に上質なお肉で贅沢なひとときを過ごせます。
特選、松竹梅のコースがあり、すき焼き以外にしゃぶしゃぶやステーキも味わえます。

個室もあるので記念日や接待など高級なランチをしたいときにぜひ足を運んでください♪

▲『モリタ屋』店内の様子

■『モリタ屋』
[住所]京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 ジェイアール京都伊勢丹11階イートパラダイス内 
[TEL]075-365-7788 
[営業時間]11時~22時(21時LO) ※ランチタイム有 
[休日]不定休(伊勢丹に準ずる) 
[座席]カウンター8席、テーブル4席×2卓、6席×9卓、座敷8席 計78席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]JR京都駅直結

和定食『和食と和酒 美碧』(最寄駅:河原町駅)

▲鯖の山椒味噌煮定食 900円

京料理の名店で磨いた腕を、昼1000円代の料理でも発揮。

京都の郷土食になりつつある鯖寿司は、店ごとの違いも楽しみなところ。こちらは醤油で味付たシャリに千鳥酢でしめた鯖をのせ、海苔でひと巻き。定食以外に一品としても注文できる。

丁寧な仕事で和食と日本酒を堪能させてくれる下京区のお店。ランチは1000円あれば食べられるリーズナブルな価格設定で大人気!
郷土料理とも言える鯖寿司とダシが香るにゅうめんのセットや、白味噌を使った鯖の山椒味噌煮定食などのほかに、日替わり定食もあります。

季節ごとのおすすめ日本酒も置いているので、ランチだけではなく夜にも訪れたいですね♪

▲『和食と和酒 美碧』店内の様子

■『和食と和酒 美碧(みどり)』
[住所]京都府京都市下京区寺町通仏光寺下ル恵美須之町528 えびすテラス2F 
[TEL]075-343-5345
[営業時間]12時~13時半、18時~23時 ※ランチタイム有 
[休日]水曜日、第4火曜日 
[座席]カウンター8席、テーブル4席×3卓計20席/全席禁煙/カード不可/予約昼は不可、夜は可/サなし 
[アクセス]阪急京都線河原町駅8番出口から徒歩5分

肉丼『焼肉あにき』(最寄駅:阪急大宮駅)

▲マジでっか丼 サラダ、キムチ、ワカメスープ付き 980円(ランチ)

こちらのコンセプトは「みんなで賑やかに、気軽に焼肉を楽しんでほしい」というもの。2017年のリニューアルで座敷席やテーブルなどを一新し、より快適に過ごせるようになった。

四条大宮駅からほど近い焼肉屋は、ランチがボリューミーで安いのが特徴。これで味も良いのでお客さんが多いのは至極当然と言えます。

ランチには、ホルモンを甘辛に煮た丼や定食がありますが、イチオシなのが限定5食の「マジでっか丼」!厚みのある豚バラ肉がどどーんと250gも載っている!そしてライスなど合わせてなんと700gというボリューミーさ!!
しかも、サラダとスープまでついてなんと980円と安さもメガ級!!
これを求めて遠くから足を運ぶ人もいるほどの注目ランチ!必食ですよ!!

▲『焼肉あにき』店内の様子

■『焼肉あにき』
[住所]京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町13-6
[TEL]075-813-2929
[営業時間]11時~14時、17時~24時(23時30分L.O) ※ランチタイム有 
[休日]水曜日
[座席]テーブル16席、小上がり12席、カウンター8席 計36席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]阪急京都線大宮駅4番出口から徒歩5分

おわりに

ここまで注目の京都のランチをご紹介してきました!ランチは午後からのお仕事の活力にもなる、大事な一日のイベントです!
さっそく訪れてみてくださいね♪

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル