MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
鮓 廣瀬(寿司/広尾)|なんとマグロがない!?西麻布の上質で美味しいネタが評判のお寿司屋!

鮓 廣瀬(寿司/広尾)|なんとマグロがない!?西麻布の上質で美味しいネタが評判のお寿司屋!

一風変わった寿司屋だ。何せ花形のマグロがない。

perm_media 《画像ギャラリー》鮓 廣瀬(寿司/広尾)|なんとマグロがない!?西麻布の上質で美味しいネタが評判のお寿司屋!の画像をチェック! navigate_next

鮓 廣瀬(最寄駅:広尾駅)

増幅される旨み、甘み、香り奥深き〆の世界

何がそこまで客を唸らせるかといえば〆の技。それも店主の廣瀬さんが編み出した独自の手法だ。魚の鮮度や脂のりなどを見て塩加減や〆る工程、時間を調整する。例えば昆布〆に使うのは利尻のほか、特別に入手する削った後の板状のおぼろ昆布。脂がのる太刀魚などは塩を振り炙ってから皮目に力強い酸味の利尻を、身側は風味穏やかなおぼろを使い、全体の旨みを調和させる。かと思えば淡泊な平目などは皮も身も利尻で甘みを凝縮。複雑な計算と勘で完成させるのだ。店名に古来の「鮓」を使うのは全て仕事をしたネタだから。華はないかもしれない。が、感動がある。恐るべし、〆。

握りお好み8貫(金目鯛、イワシ、サンマ、のどぐろ、春子鯛、アジ、焼き鯖、太刀魚)
8000円前後

全てのネタはまず塩を振り、その後魚により炙ったり酢や昆布で〆たり。ほかにも皮が旨いカンパチなどは塩を振って皮目を炙り、醤油でサッと〆る醤油〆も。「生で握るマグロは刺身と同じなので出さない。マグロは好きですけど(笑)」と廣瀬さん

つまみ4品
14040円のおまかせコースより

じゃがいもソーメンやトマトのジュレなどつまみも秀逸

穴子3種
14040円のおまかせコースより

穴子は白焼き、醤油煮、白煮の3種

お店からの一言

店主 廣瀬隆司さん

「お客様の反応はさまざま、ハマる方はハマります」

鮓 廣瀬の店舗情報

[住所]東京都港区西麻布4-5-8 La西麻布2階 [TEL]03-5466-2377 [営業時間]18時~23時 [休日]水 [席]カウンターあり、全19席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線広尾駅4番出口から徒歩7分


電話番号 03-5466-2377

撮影/鵜澤昭彦 取材/肥田木奈々

2018年11月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
昭和51年(1976)から続く、町の小さなお寿司屋さん。2代目店主の早川さんは、『銀座 久兵衛』で腕をふるっていたが、初代亡き後、地元のお客に説得されて実家を継ぐことになった。
艶やかなトロをはじめ、マグロ赤身、小肌、穴子、イクラ、タコ、車エビ……。シャリが見えないほどネタを敷き詰めたお重の豪華さに目を奪われる。
築地場外市場にあるカウンター5席ほどの小さなお店で、朝8時から開店する。マグロの仲卸業者による経営のため、マグロの希少部位も手頃な価格で味わえるのが魅力的。
東京駅と直結する「八重洲地下街」(以下、ヤエチカ)。2021年6月で開業57年を迎えた、東京を代表する地下街のひとつだが、今大きな変貌を遂げている。その中から、今回は2021年7月29日にオープンした『スシロー八重洲地下街店』をご紹介!
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル