MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
麺屋 海神.(ラーメン/新宿)|駅スグ!魚介の旨みがギュッと凝縮された塩ラーメン専門店。女性にもオススメ☆

麺屋 海神.(ラーメン/新宿)|駅スグ!魚介の旨みがギュッと凝縮された塩ラーメン専門店。女性にもオススメ☆

まるで和食の吸い物のような上品なスープだ。穴子、ヒラメ、真鯛など季節の魚のアラを丁寧に血抜きしてから炙って、じっくり炊き出すダシからは、荒々しさやクセはみじんも感じられない。

perm_media 《画像ギャラリー》麺屋 海神.(ラーメン/新宿)|駅スグ!魚介の旨みがギュッと凝縮された塩ラーメン専門店。女性にもオススメ☆の画像をチェック! navigate_next

麺屋 海神.(最寄駅:新宿駅)

丁寧な仕込みが活きる黄金色のスープは魚の旨みが冴え渡る!

魚から出る脂はすべて取り除き、代わりにオリーブオイルを浮かべて爽やかな香りを持たせている。このスープにあわせるのが、しなやかな極細麺。喉越し良く、すんなり胃に落ちて行く。ラーメンとは思えぬほど軽やかで、研ぎすまされた一杯なのだ。

あら炊き塩らぁめん
830円

薬味には白髪ネギ、針生姜とミョウガ、大葉を添えて和のテイストに仕上げている。チャーシューではなく、海老つみれと、鶏つくねをトッピング

へしこ焼きおにぎり
200円

残ったスープに入れれば、へしこの旨みが溶け出して味わいがさらにアップ。ラーメンとセットで980円

お店からの一言

店長 佐藤 祐真さん、スタッフ 山本惠彬さん、オーナー 遠藤悦子さん

「オトナ世代も楽しめるラーメンです」

麺屋 海神.の店舗情報

[住所]東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル2階 [TEL]03-3356-5658 [営業時間]11時~15時、16時半~23時半、土11時~23時半、日・祝・連休最終日~23時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全16席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅東南口から徒歩1分


電話番号 03-3356-5658

撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子

2019年2月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
屋号はオーナーの父親が営んでいたラーメン屋を引き継いだもの。そのレシピを踏襲しつつも味を磨き上げ、オリジナルの一杯へと昇華させた。
見た目は極めてシンプル。が、界隈で5軒のラーメン店を営む店主がこの一杯にかける手間と技は尋常じゃなかった。
薬膳の資格を持つ料理長が腕を振るう。食材はできるだけ国産を使用し、塩分を抑えるために酒で素材の持ち味を引き出す。麺類に使用する醤油にも、野菜を煮詰めたエキスを加え旨みを足してまろやかに仕上げるなど、実に体に優しい味わい。
常に進化を続ける『ソラノイロ』のラーメン。同店を代表するメニューの野菜をふんだんに使った「ベジソバ」も然りで、現在はニンジンに加え、玉ネギからの旨みもスープにプラス。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
特殊な機械で栗ペーストを搾り出すモンブランが、昨年人気を集めました。それをおとなの週末編集部では“天空系モンブラン”と命名。そんな“天空系”が楽しめる店を巡りました。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
美味しいお店を求めて日頃から街をウオッチしている「おとなの週末」編集部。2020年、街ナカやスーパー、コンビニなどで目についたトレンドグルメを振り返ります。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル