SNSで最新情報をチェック

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。同年11月7日からは、1994(平成6)年のラー博開業時の店舗(現在も出店中の熊本「こむらさき」を除く7店舗)が、リレー形式で約3~4カ月ほど出店する「あの銘店をもう一度“94年組”」もスタート。この各プロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中です。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

icon-gallery

創業39年目の「THANK YOU=ありがとう!」

あの銘店をもう一度“94年組”の第6弾は博多「一風堂1994」さんです。今回は、1994年当時の味を再現。「一風堂」創業から39年目に入ったことを記念し、「39(さんきゅー)」=「Thank you(ありがとう)」と感謝の意味を込めて、ほかにもさまざまなメニューが復活します。

期間中のスケジュール(2024年1月24日現在)

【あの銘店をもう一度“94年組”・第6弾・「一風堂1994」】
出店期間:2024年2月9日(金)~2024年5月12日(日)予定
出店場所:横浜市港北区新横浜2-14-21 
     新横浜ラーメン博物館地下1階
     ※あの銘店をもう一度“94年組”第5弾「すみれ1994」の場所
営業時間:新横浜ラーメン博物館の営業に準じる

・過去のラー博出店期間
1994年3月6日~2001年6月3日

1994年当時の一風堂ラー博店外観

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント「一風堂創業者が約3カ月間厨房に立つのはなかなか見られない光景、生き様を感じ取っていただければ」

一風堂、河原成美さんとの出会いはコラムの方に書かせていただいているのでそちらをじっくり読んでいただければと思います。今回は94年組としてご出店いただくため、私が河原さんと出会った頃の味(ポタージュのような豚骨スープ)が食べられるということに大変ワクワクしております。なおかつ、期間中、河原さんが新横浜に常駐していただけるというのも本当に嬉しいです。

94年組は、第1弾「勝丸」の店主・後藤さんが、80歳にもかかわらず期間中、休まず働いたことが導火線となり、2月5日までご出店いただいた「すみれ」の村中さんまで、創業者が厨房に立つ習慣が連鎖しております。まさにリレーだと思いますし、先輩たちは本当に凄いなと思います。

一風堂創業者が約3カ月間、厨房に立つというのはなかなか見られない光景ですので、是非この機会にラーメンだけでなく、その生き様だったり、空気を感じ取っていただければ幸いです。

“原点のラーメン”
次のページ
1985年10月に福岡・大名で創業...
icon-next-galary
1 2 3 4 5 6 7icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…