×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。このプロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

8月29日から始まる第21弾は、博多ラーメンの名店「ふくちゃんラーメン」です。

福岡で圧倒的人気の行列店

第21弾は、福岡で圧倒的な人気を誇る「ふくちゃんラーメン」さんです!

【あの銘店をもう一度・第21弾・「ふくちゃんラーメン」】
出店期間:2023年8月29日(火)~2023年9月18日(月)
出店場所:横浜市港北区新横浜2-14-21 
     新横浜ラーメン博物館地下1階
     ※第19弾「カーザルカ」の場所
営業時間:新横浜ラーメン博物館の営業に準じる

・過去のラー博出店期間
2004年8月3日~2009年11月24日

ラー博店の行列

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント「他の博多ラーメンとは違う、今までにない新しい味」

1992年当時、博多は重要な地域ですので、重点的に食べ歩いていましたが、ふくちゃんラーメンで初めて食べた時には、今までにない新しい味だと驚きました。他の店と比べて醤油感があり(当時は醤油感とはわかりませんでした)、キレとコクのある食べやすいラーメンで、大変人気がありおいしかったのですが、ご当地ラーメンとして紹介するのはどうかと考えてしまうほど、私には他の博多ラーメンとは違う味に感じていました。しかし、歴史を調べると紛れもなく博多の老舗ラーメン店だったのです。

話は飛びますが、2003年ごろの誘致の際は、ラー博出店に関して前向きに考えていただいたのですが、人を出す余裕がないという事でした。そこで三代目のお姉さんである伸江さんに猛烈にアプローチをするのですが、何度も会ううちに伸江さんのことがよくわかるようになり、ある時「お母さんのために」ラー博出店を検討するという言葉を聞きました。その時、「自分でやりたくないならやめた方がいいですよ」と言ったことを覚えています。相手が幸せになれないなら、あきらめるしかないと思ったのです。結果的にご出店いただきましたが、あの時真摯に向き合った事が良かったのではと自負しております(笑)。

次のページ
長浜の屋台で修業し、昭和50年に創業...
icon-next-galary
1 2 3 4 5icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…