MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Bar & Mixology No Shaker(バー/新橋)|季節のフルーツカクテルが味わえる大人な隠れ家バー♪

Bar & Mixology No Shaker(バー/新橋)|季節のフルーツカクテルが味わえる大人な隠れ家バー♪

飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。

Bar & Mixology No Shaker(最寄駅:新橋駅)

ひとりで飲んでもデートでも格が上がる

今のイチオシは旬のイチゴ。とちおとめを贅沢に使い、ウォッカやレモンなどを加えたカクテルはイチゴの自然な甘さが爽やか。この他、クラフトジンの和カクテル、ウイスキーなど多彩なラインナップが楽しめる。

季節のフレッシュフルーツカクテルとちおとめ
1800円

イチゴのカクテルは4月末頃まで(仕入れにより種類は異なる)。冬の旬のフルーツはポンカン、国産レモン、いよかんなどが揃い、1杯14
00円~。生のトマトを使ったフレッシュ・ブラッディメアリーも人気が高い

自家製生チョコレート、グレンリベット18年
1000円、1800円

グレンリベット12年を加えた生チョコとの相性が絶妙

国産ジンとお抹茶、甘夏を使った和風カクテル
1500円

六ジン、抹茶、甘夏のバランスが見事。夏場は甘夏の代わりにマスカットを使用

お店からの一言

店主 大野雄治さん

「飲み頃のフルーツを用意してお待ちしてます」

Bar & Mixology No Shakerの店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-9-2 1階 [TEL]03-6721-5912 [営業時間]19時~翌5時 [休日]日、祝日の月曜 [席]カウンターあり、全10席/喫煙可/予約可/カード可/サ10%別、チャージ500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩3分 ※『Bar & Mixology No Shaker』のメニューの価格はすべて税抜きです。


電話番号 03-6721-5912

撮影/小島 昇 取材/松田有美

2019年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
果実酢をベースに作られたこちらの商品は、フルーティで飲みやすいのが特長。中でもオススメが、爽やかな酸味の「りんご(王林)」、スッキリして芳醇な香りの「柚子」、穏やかな甘みで男性にも人気が高い「ジュニパーベリー」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
187views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt