MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
かほくらし 華音(洋食・西洋料理/三軒茶屋)|和と洋を融合した出汁フレンチ&ビストロ割烹!地酒と楽しんで♪

かほくらし 華音(洋食・西洋料理/三軒茶屋)|和と洋を融合した出汁フレンチ&ビストロ割烹!地酒と楽しんで♪

豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。

perm_media 《画像ギャラリー》かほくらし 華音(洋食・西洋料理/三軒茶屋)|和と洋を融合した出汁フレンチ&ビストロ割烹!地酒と楽しんで♪の画像をチェック! navigate_next

かほくらし 華音(最寄駅:三軒茶屋駅)

和と洋の双方向でどっぷり楽しめる山形県河北町の美味

出汁フレンチの象徴といえるのが“三茶芋煮”。本来鍋で食べる芋煮を豚肉で巻き焼いたこの料理に、山形の人も驚いたそう。ほか、ダシで食べるだし巻きや、野菜と豚肉のミルフィーユ仕立てなど、和洋のメニューが混在。これらに使われるのは「かほくイタリア野菜」に、一般的な牛より100日長く育てられる「千日和牛」といった地元の食材。もちろん、お酒も地のもの。ワインも日本酒も楽しめるよう、おばんざいとオードブルの盛り合わせがあるのも憎い。1階のアンテナショップと共に河北町の魅力に触れられること必至だ。

千日和牛と庄内豚の“三茶芋煮”
1180円

山形名物の芋煮を豚バラ肉で包み、火入れ。仕上げに醤油ベースのダシあんをかけたスペシャリテ。ひと口食べれば、とろっとした里芋と牛肉の旨みが口中に広がる

かほくおまかせ盛り5種
2080円

上から時計回りに、“まきの農園”くらかけ豆の出汁漬け、白レバーのムース、自家製燻!スモークサーモン、本日の彩り野菜のキッシュ、山形名物“青柳”の玉こんにゃくの5品

かほく野菜のムースとブランマンジェ
680円

季節の野菜をソースに使用。この日は雪下にんじんのキャロットムースとベリーソース。口溶けが良くほんのり甘いブランマンジェと実によく合う

日本酒・ワイン
グラス580円~、1合980円~・グラス580円~、ボトル3300円~

日本酒は山形、ワインは山形とフランスの自然派が中心。写真左のロゼは自社商品でグラス980円。日本酒は左の「あら玉 つや姫」がグラス580円、1合980円

かほくらし 華音の店舗情報

[住所]東京都世田谷区三軒茶屋2-12-10 2階 [TEL]03-5779-4055 [営業時間]11時半~14時半、17時~24時(23時LO)※ランチタイム有 [休日]月、水の昼 [交通アクセス]東急田園都市線三軒茶屋駅世田谷通り口から徒歩1分 ※「かほくらし 華音」のメニューの価格はすべて税抜きです。 


電話番号 03-5779-4055

撮影/小島 昇 取材/戎 誠輝(編集部)

2019年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
まるで物語の世界から抜け出たようなかわいらしいチェコ料理店。店主の宇根美晴さんはチェコのアニメ映画や雑貨に魅せられて、チェコ料理店で働き、妹の郁恵さんとこの店を開いた。
男女の熱気がむんむん満ちる夜のコリドー街。赤レンガの外壁にランプが灯るこの店を訪れると、そこに結界があるかのように、旧き佳き銀座の空気が流れている。
ハンガリーの食卓に欠かせないパプリカ。「日本でいうと味噌のような存在。でもパプリカには味がない。大事なのは色と香りです」と齊藤一正シェフは言う。
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル