MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
上品な味わいに驚愕! 名古屋・桜山の牛かつ専門店『じょじょ吉』のサーロイン牛かつ/名古屋エリア限定情報(108)

上品な味わいに驚愕! 名古屋・桜山の牛かつ専門店『じょじょ吉』のサーロイン牛かつ/名古屋エリア限定情報(108)

4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。 それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった……。 そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。 それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。

ステーキやローストビーフを超えた上品な味わいに驚愕! 名古屋・桜山の牛かつ専門店『じょじょ吉』のサーロイン牛かつ


4、5年前、全国的にブームとなった牛かつ。

それまで名古屋では牛かつを食べる文化はなかったが、雨後のタケノコのように数多くの専門店が出店し、ブームの終焉とともに消えていった。

そんななか、今でも多くの客に支持されている店がある。


それが、名古屋・桜山にある『牛かつ とんかつ じょじょ吉』だ。

オープンしたのは、2016年3月。

オーナーの磯野亮さんは、牛かつの本場、京都で食べた味が忘れられず、試行錯誤を繰り返した末に味を完成させたという。


「脂や筋がある部位は牛かつに向いていないんです。
ウチはサーロイン、それも余分な脂や筋をていねいに取り除いた、真ん中の芯の部分しか使っていません」と、磯野さん。


これが牛かつに使用するサーロイン。

これに薄めの衣を纏わせてから高温の油でサッと揚げ、ミディアムレアに仕上げて提供する。


こんなの、旨いに決まっている。


オススメは、「サーロイン牛かつ膳」(1550円)。

120グラムのサーロインに小鉢とご飯、味噌汁が付く。

ご飯は白米か雑穀米のいずれかを選ぶことができ、大盛も無料。

キャベツと味噌汁のおかわりは無料だ。


衣に旨みを封じ込めているせいか、旨みを強く感じる。

ステーキやローストビーフのような……いや、それ以上に上品な味わい。

だし醤油と山椒塩のほか、テーブルにはとんかつソースと牛かつ用ソース、塩も用意しているのでさまざまな味が楽しめる。



オススメの食べ方は、ワサビとだし醤油の組み合わせ。

ご飯にも合うし、お酒との使用もぴったりだ。

また、サーロイン牛かつと串かつ、牛メンチかつを盛り合わせた「牛ざんまい膳」や牛、豚、鶏、3種類のかつの食べ比べができる「ぜいたく3種膳」(1450円)も人気だ。


牛かつ とんかつ じょじょ吉
[住所]愛知県名古屋市昭和区広見町5-61 メゾン桜山1階
[TEL]052-918-2566
[営業時間]11:00~15:00(14:30L.O.)、17:00~23:00(22:30L.O.)
[定休日]火曜
[交通]地下鉄桜通線桜山駅7番出口から徒歩2分







永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
デニムの着物を着たバリスタのいる和モダンな空間で、エスプレッソを楽しめる。豆は石川県金沢市にある人気カフェ『SUNNY BELL COFFEE』にオリジナルブレンドをオーダー。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt