MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
新しく動き出す4月は「陽気」に「楽しむ」ことがカギ|2021年4月の開運メシ

新しく動き出す4月は「陽気」に「楽しむ」ことがカギ|2021年4月の開運メシ

新年度や新学期がスタートする4月。背筋がシャキッと伸び、心が引き締まる一方で、これから出会う新しい何かにワクワクドキドキする人も多いはず。そんな4月を司るのは、九星の中でも一番やんちゃで明るい「三碧木星」。今月はとにかく「陽気に明るく」、「無邪気に楽しむ」ことが開運のカギになる!

perm_media 写真で2021年4月の開運メシをチェック!! navigate_next

まず知っておきたい! 2021年4月の全体運

入学・新学期シーズン、社会人1年生など、世の中が「新鮮な」雰囲気に包まれる4月。

「朝日」の象意を持つ三碧木星の気がそんな季節を盛り上げる! いろいろなものが動き出し、ザワザワと心もせわしくなる。そんな中、初めてのことや慣れないことと向き合う機会が増え、ワクワクする反面、緊張感やストレスを抱える人も。

でも、今月最も大切なことは、いつでも「明るさ」「前向きさ」を忘れず、どんなことも「楽しむ」姿勢でいること

まずは笑顔で、元気に挨拶してみよう! すべてはそこから!!

陽気に明るく、どんなことも楽しむために

野菜どっさり「サラダ」を食べよう!

4月を司る三碧木星の「陽気」「明るさ」「元気」「楽しむ」という気を取り入れるには「サラダ」がオススメ!

忙しい生活の中でどうしても不規則になりがちな食事だけれど、フレッシュな「葉物野菜」を中心にたっぷりと野菜を摂取して、体の中をスッキリさせたら気持ちも晴ればれ前向きに!

野菜に含まれるビタミン類や葉酸、ミネラルなどの栄養素を壊さずそのまま摂るにも「サラダ」は最適。

古代ローマ時代の詩人ユウェナリスの「健全なる精神は健全なる身体に宿る」という名言もあるように、栄養バランスの良い食事で健康な体づくりをすれば、自然と「前向きで明るくどんなことも楽しめる」三碧木星の気を心身に取り込めるはず!

4月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

ケールサラダ

ケールをメインに、農園直送のフレッシュな有機野菜やスーパーフードで元気にパワーアップを!

ゴブサラダ

葉物野菜だけでなく栄養満点のブロッコリーやカリフラワーでカラダも心もシャキッと大喜び!

旬野菜のサラダ

旬のものを食すことが実は一番の開運ポイント! 旬の野菜が約15~30種類入るサラダで一気に運勢アップを。

九星別 4月の運勢


「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。

「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?

行動の指針として活用できます。

個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。

まずは下の本命星一覧表から生まれ年を元に自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。


※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星



今月の「気」の影響をいちばん受けやすい一白水星。
新たに何かを始める人、急激に忙しくなる人、
中には「まさか!」のアクシデントに会う人も。
どんな場面でも諦めたり落ち込んだりせず、
トラブルさえも楽しむくらいの気持ちが解決へと導くことに。
毎日新しい朝がやってくるように、
頭と気持ちをサッと切り替え、
いつもフレッシュに保つことが開運のカギに!
通信トラブルなどには気をつけて!

運気の上昇気流に乗れる4月。
いつもはスローペースの二黒土星も、
今月はスピードを上げることを余儀なくされる。
何か大きな仕事や、責任ある役割を任されたり、
リーダーシップを取る場面では、
周囲の意見を聞き、どんなことにも柔軟に対応しよう。
また、中には面倒な相談ごとを持ち込まれる人も。
運勢が強い今だからこそ、人のために行動すれば
ご縁を深めることができるはず!
ふくれっ面は運を逃すよ!

4月は三碧木星が主役の月。
自分が中心となっていろいろなことを進めたくなりそう。
でも気学では、主役のときほど「謙虚さ」が求められる。
今月は、前に出たい気持ちを抑え周囲への気配りを!
さらに、些細なことから足元をすくわれやすいので、
「時間厳守」とか「約束を守る」など、当たり前の
ルールやマナーを守った行動をとることがポイント!
人の挑発には乗らずに、明るく笑顔でかわすのが◎!

運勢はいいのに、イマイチ思い通りにならない4月。
何かと行き違いやすれ違いなどが起こりやすいので、
いつもより密なコミュニケーションを心がけて!
そして、自分のことより、相手を思う行動を!
たとえば、いつもお世話になっている人にご馳走するなど、
損得勘定を捨てて、自分の労力やお金、
時間などを誰かのために使って周囲を悦ばせることが
運気アップにつながるはず!
定期的なデンタルケアもオススメ!

先月に引き続き人間関係が華やかで、
楽しい時間を過ごせる一方、水面下で何かが静かに動き出す4月。
生活や人生にうれしい変化が訪れる予感。
たとえば、これまでとは違う仕事の話が舞い込んだり、
シングルの人なら新しい恋愛が始まったり。
いずれも、思いもかけないところから声がかかって導かれることに。
今月は、そのすべてに丁寧に関わることが大切。
人の話は最後まで聞き、上から目線にご注意を!

4月、六白金星は変化の時を迎える。
前半は物事が進まず「停滞感」を覚えるけれど、
それこそがチャンスの合図!
変化の波が来たと捉え、次に動き出すための準備をしよう!
「去るものは追わず、来るものは拒まず」
まずはどんなことにもポジティブに、
「乗っていく!」という心構えが大切に!
また今月は注目されることが多くなる。
前向きなあなたをサポートしようと、
協力者や味方が自然と出てくるはず!

今ひとつ気持ちが乗って行かない4月。そんな中、
これまで見て見ぬフリをしていた問題が浮上してきたり、
体調がすぐれない、ややこしい人間関係など、
人知れず悩みも出てくるかも。ただ、七赤金星は
いい意味で「ま、いっか!」と物事を割り切れる星。
うっかりするとネガティブに陥っていく状況や環境に飲み込まれず、
まずは自分の視点や捉え方を変えてみることで、
気持ちをグッとアゲていけると◎!

運気ダウンの4月。今月は無理せず一旦休みが◎。
体調不良に泣かされる八白土星がいたら、
それは天からの「休め!」の合図だと思ってしっかり養生を!
仕事も私生活も不調のときはジタバタしても始まらない。
無理して現状打破しようとするより、
まずは自分自身の内側にパワー充電することが先決。
もともと弱音を吐かない八白土星だが、家族や友人など、
助けてくれる人が近くにいることを忘れないで!

不調を脱し、上昇運に乗る4月。
好奇心が旺盛になり、やりたいことが出てくる一方で、
やらなければいけないこと、周囲からの頼まれごとなど、
次から次へと慌ただしい日々に追われそう。
そんな中で「課題」にぶつかることが出てくる暗示。
うっかりすると逃げ出したい気持ちになるが、
ここは勇気を出して解決に向け努力することが大切!
九紫火星は頭が良い。
今月はその賢さに柔軟性をプラスした行動を!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
鈴木彩夏

しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。 「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!!

関連するキーワード
関連記事
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
例年より早く木枯らしが吹き、冬の足音が一気に近づいた11月。運勢を司るのは「五黄土星」。「五黄土星」が中宮に廻座するのは3月に続き2回目。ということで11月は「リスタート」を意識しよう! 今年もあと3ヵ月(気学では翌年2月3日までを1年とする)。まだ本気出してない人も(笑)、「しまった!」という経験をした人もまだまだ間に合う!
10月を司るのは、2021年の運勢を担っている星でもある六白金星。六白金星を吉方でとると「天が動く」という作用があり、目には見えない大きな力を借りて飛躍することができると言われている。そんな六白金星が中宮に廻座する10月は、すべての人が「実力以上の力を試される」ことになるかも! そんなあなたをサポートするのは、ジューシーで贅沢な秋の味覚たち!
9月は「人生の悦び」というキーワードを持つ七赤金星が司る。人生の楽しみ方は人によって違うが、七赤金星が絡むと必ずそこには「人とのコミュニケーション」がついてくる。「人と会って話す」「いっしょに美味しいものを食べる」など、コロナ禍の現在では難しいが、9月はさまざまな方法でコミュニケーションを楽しみたい。そんなあなたを七赤金星の食材「卵」がバックアップする!
「山」という象意を持つ八白土星が司る8月は、私たちの前に突如「山」が立ちはだかる。「山」は「目標」や「夢」「理想」の象徴だ。山を見上げワクワクする人、ビビる人、登っていくのはあなた自身! 「山登り」パワーをくれるのは、八白土星食材の「牛肉」。夏真っ盛りの8月、「牛肉」を食して目の前の山を越えていこう!
最新記事
香ばしくローストした国産鶏のガラやモミジでとった塩スープのラーメン&つけ麺が看板。餃子類は2人前をテイクアウトすると1人前がサービスになる。
焼きとんを楽しむうえで、安く手軽なチェーン店もまた選択肢のひとつ。ここでは関東で人気の焼きとんチェーン3つを徹底比較。調査の結果、それぞれの色が見えてきました。
サラリーマンで賑わう新橋の駅ビル地下街にあって、店の風貌もいかにもザ・居酒屋。なのに、日本ワインの専門店というギャップがイイ!
焼きとんの店は数あれど、ホントに美味しい店はどこにあるのか。都内各地のやきとんが食べられるお店を調査。安くて美味しい、コスパ抜群の間違いない名店を集めました!
「マッコリがすすむ韓国のおつまみ」をテーマに、「チェユッ(茹で豚)」や「チャルラ(牛ホルモンやスジ)」など現地の居酒屋の定番が揃う。韓国の食文化を受け継ぐ「ジャン 焼肉の生だれ」でおなじみの『モランボン』が展開する。
get_app
ダウンロードする
キャンセル