MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
パンがおいしい 東京で魅惑のモーニング5選

パンがおいしい 東京で魅惑のモーニング5選

「モーニング」は名古屋のおハコとよく言うけれどいやいや、東京だって素敵なモーニングはあるんです。しかもどれもがきちんと手間ひまかかってて、姿形も愛くるしくって、もう、朝からジーン……。そんな魅惑のモーニングを、『おとなの週末』ライター・オカジュンがなぜか少々酔っぱらい気味に(?)朝散歩しました。

perm_media 魅惑のモーニングを画像で一挙にチェック! navigate_next

昭和世代に問う、モーニングのメニューといえば?

会社勤めの人には申し訳ないが、朝早く起きるのが苦手である。

そんなぐうたらライターが鼻唄交じりにシャワーを浴びて、朝も早よからスキップで出かけてしまうのは、ひとえに朝にしか食べられないメニューに釣られてしまうから。〈モーニング〉って魅力的なんですよ~。

そんなモーニングで昭和世代がトーストの次に思い浮かべるものといったらなんでしょう?

正解は「ホットドッグ」。しかもロールパンのヤツね。そのお手本と言いたいのが創業28年の人形町『プルミエ』だ。

新鮮な野菜とウインナーが挟まれた愛らしい姿に胸キュンです。パンはバターを挟んで焼くのでバターしみしみ。野菜はパリッと新鮮で、ドレッシングやマヨネーズも自家製というこだわり。

「他の店と同じじゃ面白くないからね」と控えめに語る店主は地元人形町出身。祖父と父は板金職人だったそうで、その職人魂は喫茶店になっても健在なり。

『プルミエ』@人形町

愛さずにはいられない 清楚な姿にぞっこん

ホットドック サラダセット (モーニングサービス、550円)

パンはご近所にある大正時代創業の『サンドイッチパーラーまつむら』から。

コーヒー、紅茶を選択可。紅茶がティーサーバーで提供されるのもうれしい。モーニングは3種類あり、11時まで。

ハムトースト・サラダセット(モーニングサービス、550円)

厚切りトーストでハムと野菜をサンドしている。こちらも捨てがたい美味しさ。

壁にはヒロヤマガタのシルクスクリーンが

[住所]東京都中央区日本橋人形町2-8-10
[電話]03-5640-1588
[営業時間]7時~20時、土~12時
[休日]日・祝
[交通]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A3出口から徒歩3分

佇まいもいい

朝からワイン !? ありです、あり!

ところで何を隠そうワタクシ、コーヒーがちょびっと苦手である。このようなコーヒー大ブレイク時代に非常に肩身は狭いが、そんな訳でモーニングにコーヒー以外の選択肢が欲しい。

その代わりといってはなんだけど、朝から呑んじゃうもんねってのは大いにあり。例えば渋谷の『ビストロ ロジウラ』のフレンチトーストなら、ワイン1本は軽い。

これ、フレンチトーストのために焼いた自家製パンがただ物ではないのよ。ナイフを入れると中はホクッとしているのに、皮はキャラメリゼしてあってカリリッと香ばしい。

付け合わせも秀逸で、自家製ベーコンとフレッシュチーズ、それもストラッチャテッラ(ほぐしたモッツァレラのようなチーズ)なんて理想的なつまみ過ぎる。もう欲望に身を任せてワインをバンバン開けて、今日が終わっちゃってもいいかなぁとか……。ダメな大人へ一直線だ。

『ビストロ ロジウラ』@渋谷

ナイフを入れるとフカフカとろり ここだけの魅惑の食感

フレンチトースト 自家製ベーコンとブッラータチーズ (ブレックファスト&ブランチ、1404円)

モーニング・ブランチメニューは自家製グラノーラやサラダ、スープ、カレーなど多彩で13時LO。ドリンクは別オーダーでコーヒーやジュースなど。

あんバターリコッタチーズサンド(ブレックファスト&ブランチ、583円)

リコッタチーズのやさしい酸味がバターとあんこによく合う。

温もりある雰囲気も心地いい

[住所]東京都渋谷区宇田川町11-2 1階
[電話]03-6416-3083 
[営業時間]8時~14時(13時LO)、18時~24時(23時LO)
[休日]月、第2・4日
[交通]JR山手線ほか渋谷駅ハチ公口から徒歩8分

おしゃれな外観

料理も絶品! 正統派モーニング

打って変わって、正統派モーニングの気分なら千駄木の『カフェ さおとめ』に行きたい。

ここはクラシックを聴きながら優雅に1日がスタートできる名店。パンは名門ホテルにも卸す『サンワローラン』で、ひと口サイズにカットされたトーストを口に運べば、ほのぼのと幸福感が浮上して顔がゆるみっぱなし。

パン屋からスタートして洋菓子店、コーヒー専門店へと進化した店だけに、料理もレストラン並みに手をかけている。とくに自家製スープが旨い

思わず追加オーダーして、モーニングなのになぜかやらかさずにはいられない衝動に駆られる。困ったものだ。

『カフェ さおとめ』@千駄木

大人の密かなお楽しみは 朝から味わう甘~いトースト

シナモントースト(モーニングメニュー、650円)

バターがしみたトーストにシナモンシュガーたっぷり。茹で卵と自家製コーヒーゼリー付き。モーニングは11時半まで。

カットされてて食べやすい

スープセット(モーニングセット、900円)

季節野菜を使った本日のスープも絶品。この日は春人参のポタージュ。トーストを浸して食べたい。

落ち着きある空間

[住所]東京都文京区本駒込4-40-6 メゾン・ド・ヴィレ本駒込1階
[電話]03-3821-0808 
[営業時間]8時~20時半
[休日]無休
[交通]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩12分

ふらりと入りたくなる店構え

クラシカルな贅沢モーニング

驚くべきモーニングセットといえば麹町のコーヒー専門店『ノニーノ』に勝るものなし。

その名も「ノニーノの朝食セット」はスクランブルエッグにサラダ、ヨーグルトなどなどまるでホテルの朝食レベルだ。これにこだわりのネルドリップコーヒーが付いて830円とは破格。

さらにラプサン・スーチョンなんてマニアックなお茶もセットで選べるあたり、紅茶党の心もわしづかみだ。丸木が並んだ壁や高い天井も和みの空間で、朝は比較的空いているから、いつもよりちょっと贅沢な朝をまったり満喫できる。

『ノニーノ』@麹町

いつもよりちょっとだけ。その小さな贅沢がうれしい

朝食セット(830円)

ふかふかトーストにハム、ウインナー、バターが香るスクランブルエッグ、クリームチーズ、オレンジジュースなど充実の内容。朝食は3種で11時まで。

卵やハム、チーズなどトーストに色々のせて楽しめる

しっとりとした空間

[住所]東京都千代田区麹町3-5-5 サンデンビル地下1階
[電話]03-6380-8776 
[営業時間]8時~21時、土・祝11時~17時
[休日]日
[交通]地下鉄有楽町線麹町駅1番出口から徒歩1分

お店は地下にある

トースト界のボブ・ディラン!?

ところで、シナモントーストをトースト界のモーツァルトとすれば『チリパーラー9』のチリビーンズトーストはボブ・ディランだと思う。

パンは隣の人気べーカリー『ファクトリー』の亜麻ブラウンブレッドの厚切りで、こんがりトーストしてやさしい味のチリビーンズととろけるチェダーチーズをオン。それはまるでフォークロックのようにしみじみ心に染み入る旨さだ。

でもホントは辛いハバネロソースをガバッといって「ひーっ」ってなるのが個人的にはいいんだけど。自由にトッピングできるコールスローやピカリリ(マスタード入りのピクルス)を“全部乗せ”でいろいろ楽しむのもあり。

飲み物はハンドドリップのコーヒーだけど、低温殺菌の牛乳を別オーダーして混ぜ混ぜすると、苦手なコーヒーも美味しくなるから不思議だ。

『チリパーラー9』@市ヶ谷

見た目はガッツリでも 食べれば癒される味

ブレックファスト(チリビーンズとチェダーチーズ、亜麻ブラウンブレッドのトースト 朝食セット、750円)

うずら豆がゴロゴロ入ったチリビーンズにはたっぷりの野菜が溶け込んでいる。半熟卵、フレッシュジュース付き。朝食セットは11時まで。

完熟アボカドと亜麻ブラウンブレッド(朝食セット、750円)

クリーミーなアボカドディップにはキャラメルナッツが。

ほっこりとできる

[住所]東京都千代田区九段南3-7-12 九段玉川ビル1階
[電話]03-3234-2309 
[営業時間]8時~20時、土・祝8時~18時
[休日]日
[交通]都営新宿線ほか市ヶ谷駅A3出口から徒歩7分

9の文字が目を引く

美味しい朝食はいい1日をスタートさせる儀式みたいなもの(ただし呑み過ぎなければ!)。たまに早起きして出かけてみると、思いのほかいい時間が過ごせます。

撮影/西崎進也、鵜澤昭彦(ロジウラ)、貝塚隆(ノニーノ) 取材/岡本ジュン
※店のデータは、2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
今回は、吉祥寺のスイーツ情報をお届けします! 東京・吉祥寺と言えば、「おとなの週末Web」的には、私「おっさん女子」ですね。一応女子だが、マインドはおっさんという女子とおっさんのいいとこ取り(笑)。そんな私にぴったりのスイーツが吉祥寺に初上陸。その名も『SAKEICE(サケアイス)』です。日本酒+アイスという、ドリンク界とスイーツ界のスター同士の夢の競演。上陸した場所は、吉祥寺の地元民が愛してやまないアトレ吉祥寺本館1Fです(現在開催中で、8月31日までの限定オープン)。
ラルフ ローレンが2日、東京・銀座に1年限定のコンセプトストア「ラルフ ローレン 銀座」をオープン。銀座通りに面した2階建てのストア内には、「ラルフズ コーヒー」が併設されています。銀座の中心にいながら、オープンエアのガーデンテラスで自慢のコーヒーやスイーツが楽しめる贅沢な空間です。
がっつりしたご飯もいいけれど、甘味もパフェに洋菓子、食べたくなりますよね。喫茶店には魅力的なメニューがたくさん。ここでは懐かしくて可愛らしい“おやつ”を厳選しました。甘~いひとときをお過ごしください。
神楽坂エリアのカフェ「マドラグ」のおすすめサンドイッチのグルメ取材記事と写真のページ。京都の名喫茶「マドラグ」の東京進出店。オーナーがスタッフに直接指導したため、本店と同じ製法・味わいのサンドイッチを楽しめる。
ポルトガルの修道院発祥の伝統菓子はパイ生地と卵黄クリームが絶妙。人気ポルトガル料理店『クリスチアノ』が展開するエッグタルトの店「ナタ・デ・クリスチアノ」。国産小麦使用のパイとこだわりの玉子を使ったクリームは「現地のものよりも美味」と店主が胸を張る。クリスチアノの惣菜も販売している。
最新記事
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で12月1日、焚き火の使用が解禁されました。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
get_app
ダウンロードする
キャンセル