MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
今夜、銀座のバーで…初心者でも入れる厳選のバー6軒

今夜、銀座のバーで…初心者でも入れる厳選のバー6軒

[しっとり飲めるでも入りやすい]美味しい食事を堪能したら、バーへ向かいませんか。銀座のバーって高い でしょ? と思っている方、ご安心を。オーセンティックから、このお酒ならココ! といえるバーまで、初心者でも入れる、カジュアルから老舗まで厳選の6軒をご紹介します。

おっかなびっくり 銀座 バー ホッピング

編集戎(以下戎)とライター松岡(以下松)が、今回担当したのは銀座のバー。

憧れの『テンダー』に『スタアバー』、
お次は『モーリ・バー』に『ロックフィッシュ』、
『ルパン』も……と色めき立ったのですが、

戎「みんなが知っているところじゃ意味がないですよ。発掘しなくては」


というわけで、今回は2013年以降に開店した中で、オススメのバーを探すことに。
戎「実はボク、バー初心者なんですごく緊張するんです」
松「初めてで、メニューがないところは特にコワイですよね」
 

と恐る恐るバーホッピングを始めた我々。それでもやはり、「ここだ!」とふたりして感動する店があるものです。



まずは『Bar S』。これは松岡イチオシ。

雰囲気とサービスが抜群!デートにも女子会にも!

GINZA 1902 1400円

とにかく雰囲気とサービスが抜群、もちろん味もよし。「デートにも、女子会にも、何にでも使いたい」。そんな店です。





戎イチオシは『APOLLO』

ジントニック好きにおすすめの銀座 バー

Gin & Tonic 1000円

落ち着いた雰囲気に見えて、実はオープンな空気。照明は暗く、音が大きめで、会話がしやすい

「友人と来たい店」だとか。どこのバーでもまずジントニックを注文するジントニック好きの私・松岡もおすすめです。





女性を案内するなら『Bar Misty』

銀座のバーで女性を案内するならここ!

Bar Misty

左〉長崎県産茂木びわと清美オレンジの“果肉たっぷり”ワインクーラー 1800円
右〉宮城県亘理町産いちごのフローズンストロベリーダイキリ 1600円

松「風味抜群のフルーツに高級感あふれるシャンパン、優雅な雰囲気に浸れますね」





戎「『クラフトビアバルIBREW WIRED』はお手頃価格で、友人やカップルでふらっと立ち寄るのにピッタリ」

お手頃価格でカジュアルにならこのバーがおすすめ!

左〉ブルームーン ベルジャンホワイト  390円
右〉仙南クラフト スタウト 390円







『Madeira Entrada』は実はインポーター直営。

熟成年数比較 ミディアム・スイート 1500円

松「マデイラワインの魅力を知ってもらうために、破格の価格設定だとか。穴場です!」





と、おすすめ店ばかり紹介していますが、やはりハズレにもたくさん出合いました。


7丁目のバー「Y」では、メニューは一切無し、まるでサービスであるかのように次々とフードが出てきて、それがまるまる料金に含まれていたり。

戎「我々がちゃんと確認しなかったのが悪いんですけどね」
松「でも『これいくら?』って、カッコ悪くて何度も聞けない」


また、とある書斎風バーは、大人の空間というよりもゴシックロリータ風の不思議な雰囲気。
メニューがあって安心だけれどもカクテルの味は「???」。
なおかつチャージが最初の1時間1000円、それ以降30分につき500円とかなり強気で、そそくさと店を出ました。




銀座のバーの中には特にメニューがない店が多かったのですが、ご紹介した店はメニューがある。


もしくは『BARSEVEN SEASONS』のようにお会計に納得できた店ばかり。

スイート ランデヴー 1500円

安心してお出かけください。




さて、失敗例の続きを。

8丁目のワインバーに行こうと、来店前に何度か電話したのですが、電話の応答なし。店の前まで行くと「CLOSE」の札が。
松「平日の20時で!?」

後日、何度か電話しましたが、応答なし。謎の店のままです。


このほか、あるバーでタコの入ったカクテルを飲んで、複雑な気持ちになったり……。




こんな調子でオーセンティックバーからコンセプトバー、ワインやビールなど特定の酒にこだわったバーまでおよそ20軒を巡りました。そして選んだのが今回の6軒。

食後のひとときはもちろん、食前や待ち合わせ時にもおすすめしたい、とっておきのお店です。




今回の記事の店舗情報

Bar S(最寄駅:銀座駅)

APOLLO(最寄駅:銀座駅)

Bar Misty(最寄駅:銀座駅)

IBREW WIRED(最寄駅:銀座一丁目駅)

Madeira Entrada(最寄駅:銀座駅)

BAR SEVEN SEASONS(最寄駅:銀座駅)

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3283views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt