MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
神保町ランチおすすめ12選♪お肉・中華など人気店を大公開!

神保町ランチおすすめ12選♪お肉・中華など人気店を大公開!

神保町といえば、本屋が多く立ち並んでいることで有名!実はオフィスもたくさんあり、昼時はサラリーマンやOLで賑わいます。そんなグルメ激戦エリアの中でも人気店をピックアップ!ランキング上位店や女子人気店などをジャンルごとにご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》神保町ランチおすすめ12選♪お肉・中華など人気店を大公開!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

大学生やサラリーマンが多く集まる神保町には、ランチが美味しい飲食店が軒を並べています。
カレーや定食から、ちょっとリッチな和食など、神保町のランチはバリエーションも豊富です。

今回は、神保町でのランチにおすすめなお店を厳選して紹介します。絶対にハズレのないランチの名店にぜひ足を運んでみてください!

安いお得ランチ!3軒

『汁なし担担麺くにまつ神保町店』:神保町駅から徒歩3分

▲汁なし担担麺(新味)

広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。

辛さと痺れは共に2辛で設定されているので、後は卓上の調味料でお好みにカスタマイズを。

昨年から都内でも流行している「広島式汁なし担担麺」を食べるなら絶対に外せないお店がこちら!
「広島式汁なし担担麺」とは、広島のご当地麺で、広島以外で食べる「汁なし担担麺」とはちょっと麺やタレの味が異なっているのが特徴。

メニューは2つのみとシンプル勝負!ガツンと芝麻醤のの味を堪能する「汁なし担担麺(新味)」は驚きの安さ650円!!もう1つは
青ネギた~っぷりかかったスッキリ味の「KUNIMAX(元味)」で、こちらも660円と唸るほどの安さ!
サービスとして卓上に花山椒や辣油があり、辛さや痺れ具合は自分の好みに調整できるのも嬉しいですね!

▲『汁なし担担麺くにまつ神保町店』の店内の様子

■『汁なし担担麺くにまつ神保町店』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-22
[TEL]なし
[営業時間]10時~15時、17時~20時半 ※土は昼のみ ※ランチタイム有
[休日]日曜日
[座席]カウンターあり、全12席/全席禁煙
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5番出口から徒歩3分

『もり一 神保町店』:神保町駅から徒歩2分

▲「ハーフ」まぐろ&柚子ふり穴子

全皿150円!料金同一回転寿司にありがちな機械握りではないばかりか、シャリ酢には伝統的江戸前寿司に用いられる赤酢を使用。

お寿司も手頃な価格で楽しみたい!こちらは一皿150円の安い価格の回転寿しのお店ですが、江戸前握りの特徴であるこだわりの赤酢を使用した本格派。一皿で違うネタが味わえるハーフ注文ができるのも魅力です。

創作的でユニークなネタが多く、飽きません!しじみたっぷりで、出汁がしっかり出ている味噌汁も美味!

▲『もり一 神保町店』の外観

■『もり一 神保町店』
[住所]東京都千代田区神田神保町2-24-6
[TEL]03-3262-6194
[営業時間]11時〜22時
[休日]無休
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A3出口から徒歩2分

『やきそば専門 みかさ』:神保町駅から徒歩3分

▲ソース焼きそば

早ければ16時前には売り切れ閉店してしまう超人気店の「やきそば専門 みかさ」。
ガラムマサラやブラックペッパーを加えたスパイシーなソースが、この力強い麺をしっかりと引き立てている。最後に半熟トロトロの玉子焼きとたっぷりの千切りネギをトッピング。

開店前から行列ができるほど人気のお店。手早く食べられるため、急いでる時のランチにぴったり!

焼きそば専門店だけあり、メニューは焼きそばのみ!味付けは、ソース味・塩味の二種類から選べます。もっちり食感の平らなちぢれ麺にスパイスがきいたソースがよく絡みます。小麦の味をしっかり感じたいのなら、塩味がおすすめ!

なんと並みサイズも大盛りも同料金で800円と安いのも魅力ですよ!

▲『やきそば専門 みかさ』外観

■『やきそば専門 みかさ』
[住所]東京都千代田区神田神保町2-24-3
[TEL]03-3239-5110
[営業時間]11時~17時頃(麺がなくなり次第終了)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター9席/カード不可/予約不可/サなし
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A4出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

がっつりお肉!2軒

『森のブッチャーズ』:神保町駅から徒歩2分

▲「ローストビーフプレート」

午後の仕事にそなえてガツンとスタミナをつけたい、そんな時にオススメのパワフルランチ!
塩とコショウでひと晩マリネしたアメリカ産のチャックアイロール(肩肉)を、3〜4kgの塊ごと弱火でじっくりロースト。 1人前ずつカットし、注文を受けてから仕上げに表面をさっと炙れば完成だ。

美味しい肉ランチといえばこちら!ランチでお肉を食べれば、午後も元気に乗り切れます!

厳選したアメリカ産の肩肉を使用し、その外側を丁寧に焼いて仕上げます。オーダーが入るたびに、スライスし、さらに肉の表面を軽く炙り提供されます。
肉本来の味をダイレクトに味わえ、肉好き男子や女子も大満足のボリューム!

▲『森のブッチャーズ』店内の様子

■『森のブッチャーズ』
[住所]東京都千代田区一ツ橋2-6-5
[TEL]03-6261-4610
[営業時間]11時半〜14時半(14時LO)、17時〜23時半(22時半LO)、土曜日は16時〜23時半(22時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A1出口から徒歩2分

『キッチン グラン』:神保町駅から徒歩3分

▲メンチカツ(昼・夜)

創業から55年以上経つ神保町の人気洋食店。メニューは生姜焼きやハンバーグなどがあり、付け合わせのスパゲッティは、温かい状態でたっぷりと提供されるのがうれしい。

神保町には老舗の名店がたくさんありますが、洋食といえばココが筆頭!ボリュームたっぷりな洋定食ランチが安い価格で提供されており、ガッツリ食べたいときにおすすめです。

特におすすめのメニューが写真の「メンチカツ」。サクサクの衣の中からはジューシーな肉汁が溢れ出し、濃厚デミグラスソースとの相性も最高!一緒に盛り付けられたスパゲティも美味しいと評判です。

■『キッチン グラン』
[住所]東京都千代田区神田神保町2-24
[TEL]03-3262-2819
[営業時間]11時半~15時半LO、17時~20時LO
[休日]日曜日・祝日

和食の人気店!1軒

『松翁(まつおう)』:神保町駅から徒歩6分

▲けんちんそば

スープのベースはフレンチのブイヨンからヒントを得たそうで、鴨から取り除いた余分な脂を使って香味野菜を炒め、鶏のガラと一緒にじっくりと2日間かけて炊く。柔らかい滋味に富んだスープはかえしと隠し味の味噌で味わいはまろやか。

ランチの時間帯になると神保町のサラリーマンで溢れかえる、そばが美味しい人気のお店!
店主が研究を重ねて生み出した鴨や鶏、香味野菜等から取ったスープが味の決め手です。

大根や人参、里芋やこんにゃく等の具沢山のそばを食べると思わずほっこり気分に。なめこをたっぷり使ったそばは、ローカロリーで女性にも人気です!

▲『松翁』の店内の様子

■『松翁(まつおう)』
[住所]東京都千代田区猿楽町2-1-7
[TEL]03-3291-3529
[営業時間]11時半~15時半LO、17時~20時LO、土曜日:11時半~16時LO、12/30は〜16時頃、31日は持ち帰りのみ ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日、1/1〜1/9
[座席]テーブル24席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代別100円〜
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A5出口から徒歩6分

無性に食べたくなるカレー!2軒

『共栄堂』:神保町駅から徒歩1分

▲スマトラカレーポーク

スプーンを口に近づけてパクリとやったときの鼻腔に抜けるスパイス感、と同時にルウの中には心地いい甘み、そして余韻にほんのりビターな大人な感じ。これがまたなんとも言えずクセになる。

神保町は都内でも有数のカレーの激戦区!
神保町の老舗カレー専門店が愛され続ける理由は、20種類のスパイスをじっくり炒めて、野菜・肉が溶けるまで煮込んで作るこだわりのルーにあります。
サラッとしたタイプのカレーですが、見た目とは裏腹に味はかなり濃厚。

辛いカレーの口休めとしてポタージュスープがサービスで提供されるのも嬉しいですね!

▲『共栄堂』の店内の様子

■『共栄堂』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-6 サンビル地下1階
[TEL]03-3291-1475 [営業時間]11時~20時(19時45分LO)※ランチタイム有
[休日]日曜日(祝日不定休)
[座席]テーブル60席/禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄半蔵門線神保町駅A5出口から徒歩1分

『キッチン南海 神田神保町店』:神保町駅から徒歩1分

▲クリームコロッケカレー

口に運べばふっと甘みを感じたあとから辛い!そして刺激的。強烈に食欲をそそられる。

料理長の中條さん曰く、「豚コマと玉ネギは相当量が入っています。その形がなくなるくらい、煮込んでは寝かせてを3日間くらい繰り返します」。

元祖カツカレーのお店として有名な神保町のカレー店。ランチの時間帯は大行列ができるほどの人気ぶり。
大量の玉ねぎをしっかり炒めているため、カレールーの色が黒色なのです。じっくり煮込んだ野菜と肉の旨味が溶け込んでいます。
揚げたてのカツを添えれば、ご馳走に大変身!スパイスの香りはあるものの、辛すぎず、食べやすいカレーです。

▲『キッチン南海 神田神保町店』の店内の様子

■『キッチン南海 神田神保町店』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-5
[TEL]03-3292-0036
[営業時間]11時15分~16時、17時~20時 ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター12席、テーブル16席 計28席/禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]地下鉄半蔵門線神保町駅A7出口から徒歩1分

ゆっくりカフェランチ!2軒

『神保町ラドリオ』:神保町駅から徒歩1分

▲ナポリタン

創業66年になる歴史ある喫茶&バー。
ナポリタンはタバスコなどを入れた特製トマトソースで作る大人のピリ辛味。

ジャズが流れる落ち着いた雰囲気の店内は、神保町でゆっくりカフェランチしたいときにおすすめ。喫茶店ならではの懐かしい洋食カフェランチが楽しめます。

一番人気は、大きめにカットされた野菜とケチャップの味付けがどこかホッとするナポリタン。タバスコが味のアクセントです。食後は名物のウインナーコーヒーがおすすめ!

■『神保町ラドリオ』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-3
[TEL]03-3295-4788
[営業時間]11時半~22時LO、土曜日・日曜日:12時~18時半LO
[休日]祝日、年末年始

『JAZZ BIGBOY』:神保町駅から徒歩すぐ

▲日替わりホットサンドセット

「夜もいいけど、午後にまったり聴くジャズもいいですよ」という店内は、閉塞感がなく、外に開かれてる感じもいい。マスターの淹れるコーヒーやお酒を相棒に、ぜひ新しい世界へ。

おしゃれな雰囲気のなか、ジャズを聴きながら神保町で、ランチをゆっくり土曜日に楽しむのも粋です。

両面をこんがりとトーストしたホットサンドは軽食ランチにぴったり。食べごたえも十分。
丁寧に一杯ずつ淹れるコーヒーがランチにセットになっており、食後も音楽をのんびりと楽しめます。
神保町のランチをおしゃれにきめたいときにぜひ!

▲『JAZZ BIGBOY』の店内の様子

■『JAZZ BIGBOY』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-11
[TEL]03-3233-4343
[営業時間]Day Time13時〜17時(土曜日:13時〜18時)、Bar Time19時〜23時(土曜日はなし)
[休]日曜日・祝日 ※しばらく土曜日はお休み(2019年7月現在)
[座席]カウンター9席、テーブル5席 計14席/全席禁煙/予約可/カード不可/チャージ1000円(夜のみ)
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩すぐ

くせになる中華!2軒

『新世界菜館』:神保町駅から徒歩1分

▲大黒神島産かきラーメン

このカキなくしては!という大黒神島産のカキの旨みを最大限に生かすべく、カキの火入れは寸止め。フルフルと食感も残ったままあんかけとスープにほどよくエキスも出て、沁みる美味しさ。

女子でもひとりで入りやすい、シックでおしゃれな神保町の中華料理店。

ここでご紹介したいのは、寒い季節限定とはなりますが、「牡蠣」をたっぷり使用したラーメン!プリッとした牡蠣が6〜7個ほど入っている贅沢な冬の風物詩です。
キノコやたけのこが入った具沢山な中華スープは、とろみのあるあんかけになっているため最後までアツアツの状態で楽しめます。

▲『新世界菜館』の店内の様子

■『新世界菜館』
[住所]東京都千代田区神田神保町2-2
[TEL]03-3261-4957
[営業時間]11時~23時(22時LO)、日曜日・祝日11時~21時(20時LO)
[休日]年末年始
[座席]地下1階テーブル席44席、1階テーブル席28席、2階個室4名×3室、10名×3室、3階10名×3室、20名×1室、計164席/個室以外全席禁煙/予約可(個室はコースを注文の場合のみ)/カード可/サ昼の予約のみ8%別
[アクセス]地下鉄都営三田線ほか神保町駅A3出口から徒歩1分

『揚子江菜館』:神保町駅から徒歩1分

▲上海式肉焼きそば

明治39年創業という老舗の上海料理店。昭和初期に2代目店主が考案し、看板料理のひとつになったのがこの「上海式肉焼きそば」だ。

ザ・中華的なランチが食べたいと思ったらこちらのお店!本格的で定番の中華料理がリーズナブルな価格で味わえます。

上海の焼きそばでは珍しく細麺を使用しているのが特徴。麺には醤油ベースの味がしっかりと染み込んでいます。パリパリの食感が楽しめる焼き目を麺につけて完成です。シンプルな具材が麺の美味しさをより引き立てます。

▲『揚子江菜館』の店内の様子

■『揚子江菜館』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-11-3
[TEL]03-3291-0218
[営業時間]11時半〜22時(21時半LO)
[休日]年末年始
[座席]テーブル120席、4名〜35名用個室5室 計170席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、個室のみテーブルチャージ1卓1000円
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

おわりに

お気に入りのお店は見つかりましたか?どのお店も神保町駅から徒歩10分以内のアクセス抜群!是非気軽に訪れてみてください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル