SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

中央アジアのキルギスで、バツイチ三兄弟とその家族10人が暮らす民家に泊まることになった私だが、一家の悩みと愚痴を難解なロシア語で聞くことに。キルギス女子に「男を見る目がない」と見抜かれた中編に続き、後編もお楽しみください。

サブルおじさんは帰ってこなかった

翌朝、唯一、この家で英語が話せるサブルおじさんは恋人の家に行ったまま帰ってこなかった。私は台所にいたラトミラさんに「私の紅茶は砂糖を1杯にしてください」と身振り手振りを使って伝えたが全く通じず、昨夜と同じド甘な紅茶が運ばれてきた。サブルが通訳してくれないとあっという間に体型が変わりそうだが、恋人が帰してくれないのだろうか。

そのかわり、サブルの20代の息子ふたり(どちらも無職)が今日は市場に買い出しに行くので、ついでにアヅサも連れて行けと父から伝言があったという。息子たちに日本人の世話を押し付けて父は恋人の家とは! 彼らは全く英語ができなかったが、親切にも生きた動物が売り買いされるバザールなどを案内してくれたり、お菓子売り場にも連れて行ってくれた。

2日目の夜も、帰宅したふたりのグルナラが私を部屋に呼びに来た。私は市場で買ったピーナッツとクッキー、そして辞書を持って彼女たちの部屋へと行った。すると、ナラは「今夜もサブルおじさんがいないから。ヒヒヒ」と含み笑いして、ベッドと壁の隙間から何やら瓶を取り出した。それはブランデーであった。キルギスで飲酒は禁止されているわけではないが、若い女性が飲むのははしたないとされているので、サブルに見つかるとうるさいのだという。

キルギス産のブランデーは、香りがよく思ったより甘いが飲みやすい。今夜のガールズトークのお題ははふたりの恋人の自慢と悩みであった。グルとナラはそれぞれアルバムを持ってきて私に見せた。グルの彼氏は壁に貼ったシュッとしたアイドルとは違って、ずんぐりむっくりした体型に眉毛が濃く、素朴な青年であったが、私は言いやすい「ハラショー!」を連発した。

グルは「へへへ」と、うれしそうにしたが、しかし何かを思い出したかのように「ストラーシュノ!」と言って眉間にシワを寄せた。私はグルに辞書を渡すと、ペラペラとめくって「ひどい」の文字をトントンと指さした

どうやら最近、年下の女と鼻を伸ばして会話しているのを見たらしい。「ムッキー! あんなバカ女と! 許せないわ!」とばかりに鼻息荒く酒を一気に飲んだので、ナラがまたベッドの下から酒瓶を出してグルの空いたグラスに注ぎ、私はピーナッツの袋を破いた。グルは口にピーナッツを放り込み、バリバリと音を立てて噛んだ。

2日目の夜はより盛り上がった女子会
2日目の夜はより盛り上がった女子会

一方のナラは年上の彼氏ともう3年も付き合っているのだという。「結婚しないの?」と左手の薬指を叩いてジェスチャーすると、また辞書をペラペラとめくり、「低い/収入」を指さした。キルギスではお金がないと結婚は難しいのだろうか。後でサブルおじさんが教えてくれたのだが、この国では結納金がとても高いらしい

そのため、お金を用意できず駆け落ちする恋人たちも多いという。恐ろしいことに、「誘拐婚」といって、年ごろの女性をさらってしまう習慣がキルギスには残っているそうだ。都会では少ないというが、若い女性だけの暮らしは危険なのでグルとナラはこの家に居候し、帰りも待ち合わせて帰っているのだという。

次のページ
ネガティブなロシア語なら...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...