MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
昭和へとタイムスリップ!”レトロな店が点在”名古屋編

昭和へとタイムスリップ!”レトロな店が点在”名古屋編

名古屋で昭和の面影を残す横丁や路地といえば、中区の大おおす須観音周辺や西区の円えんどうじ頓寺商店街、名古屋駅西の駅西銀座商店街など。店内に一歩足を踏み入れただけで昭和へとタイムスリップできる、名古屋の名店をご紹介します!

時が止まったままの店で時代に思いを馳せる

 名古屋で昭和の面影を残す横丁や路地といえば、中区の大おおす須観音周辺や西区の円えんどうじ頓寺商店街、名古屋駅西の駅西銀座商店街などが挙げられる。しかし、どのエリアも再開発が進み、年を追うごとに歴史のある建物が少なくなっている。

 その反面、近代的なビルが建ち並ぶ都心からすぐ近くに、まるで時間が止まったかのようにひっそりと佇む店がある。高たかおか岳の『とん八』や東大手の『山田屋』がまさにそれだ。

 店内に一歩足を踏み入れただけで昭和へとタイムスリップ。メニューも創業当時からほとんど変わっていない。『とん八』は味噌おでんと関かんとうに東煮、串かつ。

真っ黒な見た目からは想像できない、まろやかな味わいと深いコクのある味噌ダレ

手前から、味噌おでん(玉子、大根、牛すじ) 1本150円
串かつ 1本150円

「とん八」は昭和23年、名古屋市役所の近くに大衆食堂として開店。46年前に現在の場所へ移転し、味噌おでんの専門店に。真っ黒で濃厚そうな見た目だが、そのまろやかな味わいとのギャップに誰もが驚く。



『山田屋』はきしめんとうどん、そば、丼物。

懐かしさいっぱいの空間で味わい深い麺と丼を堪能

昭和5年創業の麺類食堂。「きしめん」(奥、小盛330円)は、のど越しを重視して麺の厚みを薄めに仕上げた自家製麺を使用。「かつカレー丼」(手前)は、宗太鰹のダシが香る麺類食堂ならではの一品だ。麺類とともに味わいたい。

今、名古屋では従来の名古屋名物をアレンジした「新なごやめし」が注目を集めているが、逆に昔から名古屋の人々に親しまれてきた味のほうが新鮮に感じる。ただ、残念なのは夜の閉店時間が早いこと。その理由は単純だ。「翌日に出す料理の仕込みがあるから、どうしてもこの時間になってしまうんですよ」と、『とん八』の店主・彦坂泰朗さん。客の都合を店に求めない、というのが老舗の味を楽しむための流儀だろう。

また、名古屋における昭和レトロで絶対に外せないのが、喫茶店。昭和30年代は喫茶店の黄金期といわれ、朝の時間帯にトーストや茹で卵などが飲み物に付くモーニングサービスが生まれたのもこの時期だ。

市内には【閉店】『洋菓子・喫茶 ボンボン 桜山店』をはじめ、昭和20年代から30年代にかけて開店した喫茶店が今もなお営業している。

昔ながらの甘いケーキと深煎りコーヒーでまったり

昭和35年に開店。東区泉にある本店から毎日運ばれる約20種類の洋菓子は、甘みがしっかりしているものの、後味はさっぱりしているのが特徴。なかでも生地にラム酒をたっぷりと染み込ませた「サバラン」(250円)が人気だ。

座り心地のよい年代もののソファに腰掛けて、分厚いカップに注がれたコーヒーや熱々の鉄板でいただくスパゲッティなどを楽しんでみてはいかがだろうか?

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3458views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3284views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt