MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
もっと知れば、もっと美味しい【物語のあるウイスキー】おすすめバー4店(バー/東京)

もっと知れば、もっと美味しい【物語のあるウイスキー】おすすめバー4店(バー/東京)

ウイスキーの愉しさは香りと味わいにある。ただ、それだけでは何かが足りない。その酒が造られた蒸溜所の風土や、あるいは小道具にまつわる逸話に想いを馳せてみる。そんな「物語」と遊ぶのも、ウイスキーの愉しみではないだろうか。ウイスキーの奥深い世界の扉を開いてくれる東京でおすすめする「語り部のいるバー」をご案内。

もっと知れば、もっと美味しい 物語のあるウイスキー

英国の上流階級のお屋敷で、主人が大切な客人をもてなしているとしよう。豪勢な食事を終えて、シガーとシングルモルトを振る舞う段になると、主人は執事を呼んでこう言う。

「このお方は特別なお客様だから、いつものボトルではなく、タンタロスをお持ちしなさい」


「タンタロス」とは何か。即答できる日本人はごくわずかしかいないんじゃないかな。いまさら通ぶって希少な銘柄の話をしても新味がないだろうし、だいたい私はその手の薀蓄に興味がない。
今日はこうしてわざわざ取材に来てくれたんだから、少し変わった角度からウイスキーの愉しみ方を提案してみようかと思います。

私の左手にあるコレを見て欲しい。スコットランドの蒸溜所に樽を買い付けに行った際にエディンバラのアンティークショップで見つけた古い「タンタロス」なんだが、ひと言で言えばウイスキー用のデキャンタだね。
でも外側を覆う台座には鍵がかかっていて、そのままでは瓶を取り出すことができないようになっている。
タンタロスというのはギリシャ神話が由来で、「欲しい物が目の前にあるのに手が届かないじれったい苦しみ」を意味する言葉でもある。

鍵はもちろん主人が持っている。つまりデキャンタの中身にアクセスできるのは主人だけ。使用人が主人の目を盗んでこっそり味見をすることもできないし、そればかりか中に入っているウイスキーの銘柄は主人だけが知る「秘密」にしておくことだってできるわけです。うがった見方をせず普通に考えれば、中身はきっととびきりの上モノでしょう。

しかし元のボトルのまま出せばそこにはラベルがついている。客人がよほど無知な男でなければ、高価な酒の素性が分かってしまう。私が想像するに、タンタロスが生まれた背景にあるのは、「ひけらかさない」「自慢しない」といった英国一流の“アンダーステートメント”でしょうね。


ウイスキーは、スコットランドの厳しい自然と何十年もの時間が育むすばらしい嗜好品です。その愉しみは香りと味わいにこそある。なのに私たちは本来の味そっちのけで、値段や熟成年度、樽の種類をはじめとした「情報」に振り回されがちです。知識を蓄えるのは悪いことではないが、ある程度のところでいったんそこから手を離してみてもいいんじゃないかな。
頭ではなく、自分の鼻と舌が「うまい」と判断するものを素直に愛すればいい。タンタロスの存在からは、そんなことも学んだ気がしますね。

この部屋にはシングルモルトのボトルが常時250本ぐらい林立していますが、私の自慢は銘柄やスペック云々ではなく、抜栓していないものがただのひとつもないことです。ボトルに対する執着もない。どんなに希少な一本でも、飲み終わったらさっさと捨てる。
なぜなら、私は「コレクター」ではなく「愛好家」だから。
 

ちなみに私のタンタロスの中身は、在りし日の開高健さんが愛した思い出深い銘柄「マッカラン」です。ただしそれ以上は「秘密」のままにしておきますか。

蒸溜所からウイスキーの逸話まで楽しめる 語り部のいるバー

バー オーディン 恵比寿店(最寄駅:恵比寿駅)

アルコール度数は57%とかなり高いが、上品で深い味わいの「カリラ」

『バー オーディン』のオーナーバーテンダーの菊地貴彦さんが初めてスコットランドの地に立ったのは27年前のこと。名だたる蒸溜所を訪ねて回ったという。「当時は名物マネージャーといわれる人たちが健在で、彼らに案内してもらったのは忘れがたい思い出。訪れる人も少なく蒸溜所には家庭的な雰囲気があった」と菊地さん。その時の体験、現地で見た風景が菊地さんのウイスキーへの深い造詣を培ってきた。

東京都渋谷区恵比寿1-8-18 K-1ビル 地下1階 
[TEL]03-3445-7527 
[営]18時~翌3時(翌2時半LO)、祝18時~24時 
[休]日 
[席]カウンター10席、テーブル8席 計18席/喫煙可/予約可/カード可/サ10%、お通し代なし 
[交]JR山手線恵比寿駅西口から徒歩1分

Shot Bar ゾートロープ(最寄駅:新宿駅)

飲食店限定の「富士山麓」3200円(1ショット)。まろやかで豊かな味わいだ。日本ウイスキーと映画が好きという堀上さん。バックバーには地方の酒販店のオリジナルものまで揃う

「日本のウイスキーはスコッチの製法を踏襲しているものがほとんどですが、キリンウイスキーは国産の中でも少し特別。カナディアンウイスキーの流れを汲んでいるので、ほとんどバーボン樽しか使わないんですよ」と語るのは『Shot Bar ゾートロープ』のバーテンダーの堀上敦さん。

東京都新宿区西新宿7-10-14 ガイアビル3階 
[TEL]03-3363-0162 
[営]17時~24時15分(23時45分LO) 
[休]日・祝 
[席]カウンター8席、テーブル10席 計18席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代600円別 
[交]都営地下鉄大江戸線新宿西口駅D5出口から徒歩2分

ドンナ・セルヴァーティカ(最寄駅:渋谷駅)

2006年に瓶詰された「アードベッグ/1990 アリナームビースト」。「チョコレートアソート」は1人分1700円。良質なカカオ豆を使ったファインチョコレートは常時40種類ほど

上質な調度品、ゆったりとした空気感。バーで過ごす時間はそれだけで贅沢だが、ここでは『ドンナ・セルヴァーティカ』のオーナーバーテンダー・古屋敷幸孝さんに導かれて、チョコレートとウイスキーの世界へ旅立ちたい。

東京都渋谷区神南1-3-3 サンフォーレストモリタビル4階  
[TEL]03-6416-9272 
[営]18時~翌2時(翌1時半LO) 
[休]日 
[席]カウンター6席、テーブル6席 計12席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し代1000円別 
[交]JR渋谷駅ハチ公改札から徒歩10分

バー・フィンガル(最寄駅:飯田橋駅)

アイリッシュを代表する「ブッシュミルズ」と「ジェイムソン」。口当たりは滑らか

「ウイスキーの魅力は味のバラエティの豊かさにある」と『バー・フィンガル』のオーナーバーテンダーの谷嶋さん。「蒸溜所詰めのほかに、ボトラーズ・ブランドもある。少量生産なのでボトルごとに味わいが変わるのも面白いですね。今まで定番品しかなかったアイリッシュウイスキーも、最近は限定品やボトラーズ・ブランドが出て評判が上がっています」と教えてくれた。

東京都新宿区神楽坂3-1 美元ビル1階 
[TEL]03-3235-2378 
[営]19時~翌1時 
[休]日・祝 
[席]カウンター11席、テーブル5席 計16席/喫煙可/予約不可/カード可/サ10%、お通し代1000円別 
[交]地下鉄東西線飯田橋駅B4出口から徒歩5分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1188views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21091views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt