SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは旬の食材の魅力をご紹介します。旬のものをたくさん食べて、体の内側から健康に、きれいになりましょう!

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い魚と野菜

栄養が詰まった夏野菜を食べて医者いらずの体になろう

「トマトが赤くなると医者が青くなる」という諺を知っていますか? これは、トマトが赤く熟す頃になると医者の出番が減ってしまうため、医師の顔色が青くなるという意味です。この諺どおり、トマトには健康な体づくりに欠かせない栄養素がぎっしり詰まっているのです。

トマトは四季を通じて購入できますが、旬は7月~8月です。一般的に野菜は旬のものが最も栄養価が高くなります。もちろんトマトも例外ではありません。例えば、旬のトマトのビタミンC含有量は、それ以外の時期のものと比較して3倍以上も多いのです。

実は、トマトの生産量が最も多くなるのは真夏ですが、甘さが増して美味しくなるのは旬を少し過ぎた頃と言われています。高温多湿となる真夏よりは、日照時間が長く暑さが少しやわらぎ、空気が乾燥し始める初秋のほうが糖度が上がりやすいためです。

美味しいトマトの見分け方

丸くて表面が凸凹していないもの、手に持った時にズッシリとした重みがあるものを選びましょう。身が詰まっていて甘みが強いものには、お尻の部分に放射状のスジが見られます。また、ヘタは緑色で枯れていないものがベターです。

美味しいトマトの見極め方と保存方法を農家さんとシェフに直撃!

トマトの注目栄養素

トマトの特筆すべき栄養素といえば、赤い色素の素であるリコピンで、ビタミンEの100倍以上の強力な抗酸化力を持っています。抗酸化作用を持つビタミンCも豊富なため、リコピンとのWのパワーで、体の老化を促進する恐ろしい活性酸素から体を守ってくれます。

また、βカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わるという特性を持つため、美肌づくり、免疫力アップをサポートしてくれます。

リコピンは脂溶性の成分のため、油と一緒にとると吸収率が高まります。こういったしくみから、リコピンの栄養効果を高めたい場合は、生ではなく、トマトソースやマルゲリータ、ラタトゥイユなど、オイルを使用して調理したものを食べることをお薦めます。

チーズとオリーブオイルを使用したカプレーゼはオリーブオイルがリコピンの吸収を高め、チーズからタンパク質もとれるという最強レシピです。

世界一食べられている野菜・トマトの美味しい食べ方を農家さんとシェフに直撃!

【難読漢字】読めると嬉しい!! これ、読めますか? 食のクイズ「蕃茄」

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い魚と野菜

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...