SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

絵本をテーマにしたファミリーイベント「サンシャインシティ 絵本の森」が東京・東池袋のサンシャインシティで開催中です。11月6日の「リサイクル絵本プレゼント会」や、不定期の「読み聞かせ会」など親子で楽しめる企画が盛りだくさんですが、中でもイチオシは11月21日から始まる「スタンプで物語が進むオリジナルミニ絵本」。各施設を訪れてスタンプを押していくことで、素敵なオリジナル絵本が完成します。読んで、聞いて、“絵本作り”も…。「読書の秋」を体感できる催しです。

サンシャインシティ「絵本のひろば」

スタンプを押すまで展開がわからないワクワク感 絵本を描いたのは横山寛多さん

「スタンプで物語が進むオリジナルミニ絵本」(無料)は、配布された台紙に絵入りのスタンプを押すことで、前後の話がつながり、計3ページの物語になる仕組み。この企画のためにオリジナルストーリー「ねこすいぞくかんへいく」が作られました。描いたのは、いろんな媒体で活躍する人気イラストレーターの横山寛多(かんた)さんです。

スタンプを押せるのは、サンシャインシティ内の噴水吹抜前広場など3カ所。ミニ絵本の物語部分は計3ページなので、スタンプを3回押せば、出来上がりです。もともとの絵や、スタンプはカラーでないため、自宅に持ち帰ってから色鉛筆などで色を塗って自分だけのオリジナル絵本にすることもできます。スタンプコーナーの設置は、来年の2023年1月31日までです。

ただ、スタンプコーナー3カ所の設置開始時期が異なるため、11月や12月に訪れると、その場では完成しないという趣向。子供たちは、「どんな絵本になるのかな?」と、ワクワクしながら年を越すことになりそうです。

【オリジナルミニ絵本台紙配布場所】
サンシャインシティ館内各所のチラシラック

【スタンプ設置場所】絵柄の違う3種類のスタンプがひとつずつ置かれています。
・専門店街アルパ1階、噴水吹抜前広場「絵本のひろば」:11月21日(月)〜2023年1月31日(火)
・専門店街アルパ地下1階、トイザらス・ベビーザらス横:12月12日(月)〜2023年1月31日(火)
・専門店街アルパ2階、くまざわ書店前:2023年1月10日(火)〜1月31日(火)

プロの読み聞かせで絵本の世界観が広がる

図書館司書ら本に関わる「絵本のプロ」が読み聞かせをする「絵本の読み聞かせ会」は、噴水広場前の大型ビジョンを使用。大画面に映し出された絵を見ながらの開催となりますので、絵本を普段読んでいるときよりも、さらに物語の世界へ引き込んでくれそうです。

ほかにも、絵本作家による「お絵描き教室」(小学生以下を対象)やミニチュア絵本作りといった「工作教室」も開催します。

【絵本の読み聞かせ会(無料)・工作教室(参加費1人500円)定員制で各回先着】
専門店街アルパB1、サンシャインシティ噴水広場

・お絵描き教室(各回先着50人)11月27日(日)、12月11日(日)/11時~13時、14時~16時

・ミニチュア絵本作り(各回先着20人)1月15日(日)/11時~11時30分、12時~12時30分、

 14時~14時30分、15時~15時30分

11月6日に「リサイクル絵本プレゼント会」読み終わった絵本を子供たちにつなぐ

サンシャインシティ絵本のひろば「絵本のリサイクルボックス」

サンシャインシティには、「絵本のリサイクルボックス」が設置されています。「よい絵本の感動は、時間がたっても色あせません。その感動を次の世代、また次の世代に送りたいと考えて、リサイクルボックスを設置しました」(「絵本の森」ホームページより)。リサイクルボックスに集まった絵本の無料プレゼントと、不要になった絵本の回収もしてくれます。

【リサイクル絵本プレゼント会】
11月6日(日)11時~17時 (なくなり次第終了)
Sunshine City PLAYPARK会場(専門店街アルパ1階、南3入口外側エリア) 

次のページ
七夕の短冊を題材にした物語がテレビ絵本に...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...