×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

鶏を扱う名店から生まれた、新たな鶏料理の楽しみ方

2023年3月27日、福岡市営地下鉄七隈線が博多駅まで延伸した。福岡市民にとっては長年の願いで、利便性も格段によくなった。同時に、今回の延伸で新たに博多駅の直結となった天神南駅周辺の渡辺通り5丁目あたりも新店のオープンが続いている

ラーメン居酒屋として人気だった『名門』も、鳥焼肉の専門店として2022年11月にリニューアルオープンした。

堂々、「鳥焼肉」の暖簾が店の目印。この暖簾をくぐれば、鳥の美味しさの虜になること必至だ
堂々、「鳥焼肉」の暖簾が店の目印。この暖簾をくぐれば、鳥の美味しさの虜になること必至だ

『名門』は、名店として知られる『焼とり 鳥次』、『博多水炊き専門 橙(だいだい)』の姉妹店で、朝挽きの鶏を毎日店でさばき、使う。その仕事の確かさ、味の良さで定評がある。『鳥次』、『橙』ともに予約が取りにくい店としても知られている。その2店と同じ肉が出されるのだから期待も高まる。

ところで、福岡に「鳥焼肉」だけに特化した店は多くないが、「鳥焼肉」と名乗る店は全国的には増えているらしい。福岡でも店名に「鳥焼肉」を謳う店がチラホラ出はじめているようだ。鶏好きにとってはうれしい話題だ。

次のページ
まずは七輪焼きで鳥の味を知る...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

牛島千絵美
牛島千絵美

牛島千絵美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…