×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

「受験は競争、受験生もアスリート」。トレーナー的な観点から、理にかなった自学自習で結果を出す「独学力」を、エピソードを交えながら手ほどきします。名付けて「トレーニング受験理論」。その算数・数学編です。第14回では「普段通り当たり前のことができること」に注目します。

机の上に放置されたペットボトルやゴミ

十数年前の話です。私立中高一貫男子校に通うM君は、成績不振のため高校3年の1学期に入塾してきました。決して不真面目な生徒ではなく、「勉強しなければ」という意識は強かったのですが、学校の授業のレベルに追いつけない状態でした。お母さんのお話によると、M君が自宅の部屋で勉強している姿をドアのすき間からそっとのぞいて見ると、机に向かってはいるものの、問題が解けずに、長時間硬直したままで座っている、とのことでした。そのような状況のためか、M君は入塾当初は笑うこともなく、寡黙で、周りを寄せ付けない雰囲気を放っていました。

さて、M君が入塾して間もない頃、M君の机の上には飲み終わった後のペットボトルや不要となったゴミくずなどがいつもそのまま放置されていました。はじめのうちは注意することもなく様子を見ていましたが、しばらくたったころ、ゴミはその都度ゴミ箱に捨てるようにと軽く注意をしました。するとM君は明らかに不快感を顔に表し、そのまま無言で部屋を出て行こうとしたのです。すぐにM君を引き留め、席に座らせ、なぜそのようなことが大事なのかについて、話をしました。M君も一時的に感情的になって外に出ようとしたものの、落ち着いて話をすると理解してくれ、それ以降はゴミはすぐに捨てるよう心掛ける姿が見られました。

ペットボトルを置きっぱなし、ゴミを出しっぱなしにしていたM君の性格は、問題を解くときにも表れていました。問題を解くのはいいのですが、解いた後は解きっぱなし。解けなかった問題をきちんと解けるようにすることにはあまり取り組んでいませんでした。

やりっぱなしはよくない

当たり前のことですが、数学が出来るようになるためには、解けなかった問題を解けるようにすることが大事です。しかしこの当たり前のことがなされていないケースが少なくありません。誰でも出来ないことや嫌いなことに取り組むのはエネルギーがいることです。しかし、それを避けていては学力は身に付きません。

「特別なことをするためにすべきなのは特別なことではない」

ここで思い出すのがイチロー選手の言葉です。

イチローの名言集にはこう、ある。「特別なことをするために、特別なことをするのではない。特別なことをするために、普段通りの当たり前のことをする」と。(引用:「鉄人」 イチロー・世界記録への挑戦|PRESIDENT Online)

当たり前のことがいかに大事かが、これほど説得力を持って語られた言葉をほかに知りません。前人未踏の「特別なこと」を成し遂げたイチロー選手ならではの言葉と感服します。
引用元の記事では、次のようにも書かれています。

「グラウンド入りしてからのルーティンワークは有名で、ストレッチも一つひとつ丁寧にやる。特別なことをやるのではない。股関節を柔らかくするマタ割り、肩甲骨の周りをしなやかにする肩のストレッチ……。並みの選手が1年365日続けられないことを、イチローは1日も欠かさずにやるのである」(引用:「鉄人」 イチロー・世界記録への挑戦|PRESIDENT Online)

イチロー選手の言葉
次のページ
数学学習における「当たり前のこと」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

圓岡太治
圓岡太治

圓岡太治

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。4月15日発売の5月号では、銀座の奥にあり、銀…