×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★★☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:おみおつけ

「おみおつけ」とはみそ汁の丁寧語です。この丁寧語が生まれたのは室町時代といわれています。

鎌倉時代頃から宮中ではご飯とともに汁物を供することが定番となり、ご飯に「付ける」ことから汁物を「付け」と呼ぶようになりました。

室町時代になると、宮中に仕える女性たちがいろいろなものに丁寧語の「御(お)」を付けるようになり、付けにも「御」が付けられて「御付け」と呼ばれるようになりました。

さらに味噌にも「御」という言葉が付けられ、「御味噌の御付け」ということで、「おみおつけ」と呼ばれるようになったとか。

ここで、御御御付ではなく御味御付のほうが正しいと思った人もいるかもしれませんね。実際、御味御付と表記されることもあるため、間違いではないのです。

御御御付という表記となった理由には諸説ありますが、「御汁(おつけ)」をさらに丁寧に表現するために「御御(おみ)」という言葉が付けられたという説が有力のようです。

また、御味御付が間違えられて「御御御付」と表記されという説もあります。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

【みそ汁:関連記事】新生活は「味噌」で快調に! クッキングパパの“おかずみそ汁”レシピが凄い!! 33年前に描かれた自炊の価値

関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…