SNSで最新情報をチェック

短期連載「逆転合格!中学受験」の第6回は、入試直前の短期間で点数をアップさせる方法について説明します。それは、ズバリ「暗記」。多くの受験生を個別指導してきた三井能力開発研究所代表取締役・圓岡太治氏が説く有効な「暗記法」とは―――。

受験生のキーワードは「重要至急」

コロナ禍では、必要性が高くない外出や急ぎでない外出は控えることが推奨され、「不要不急」という言葉がトレンド・ワードとなりました。それではその反対の意味の言葉は何だろうか、というのが一時ネット上で話題になり、「必要緊急」「必要至急」などの言葉が挙がりました。

受験生の場合、心掛けるキーワードは、「重要至急」ではないかと思います。

受験校によりますが、入試本番まであと1~2カ月。少しでも合格の可能性を上げるためには、「何をどの順番でやるか」の選択が重要となります。その判断の基準として、大事なのは下記の2点です。

「重要」かどうか(得点アップ効果が大きいか、入試に出やすいか)
「至急」取り組むべきかどうか(短期間で結果が出やすいか)

受験までの限られた時間に少しでも多く点数アップを図るためには、「重要至急」なものから取り組むべきです。この観点から、以下のことを述べてきました。

(1) 志望校の過去問を解いて、試験のレベルや傾向を知り対策を立てる
(2) ミスなどによる得点のとりこぼしをなくす
(3) 基礎力が不足している場合は基礎力強化を図る

短期間で底上げする方法は?

直前期は「暗記分野の強化」

この次の段階として取り組んでいただきたいのが、「暗記分野の強化」です。

過去問演習で大事なのは、入試の出題傾向をつかむことと、自分が「どの科目、どの分野をどの程度得点できているか」を知ることです。その後過去問演習を積み重ねて行きますが、過去問演習で十分な点数が取れず、前回述べた「基礎力強化」や、今回述べる「暗記分野の強化」が必要と考えられる場合は、そちらの方が優先して取り組むべき「重要至急」課題です。

「中学受験は算数がカギ」と言われ、算数が重視されますが、受験直前は暗記科目がカギとなります。暗記分野は、正しく勉強すれば短期間で結果が出やすく、入試でも大きく失敗するということが少ないからです。合否は総合点で決まります。算数で20点アップを狙うより、暗記科目で20点アップを狙う方が、成功する可能性は高いのです。もちろん、どちらに比重を置くかの問題であり、算数をおろそかにして良いということではありません。

次のページ
麻布中学に逆転合格したA君...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

圓岡太治
圓岡太治

圓岡太治

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…