SNSで最新情報をチェック

『なだ万』。その名を「初めて聞きました」なんて人は、まずいないであろう。

天保元(1830)年、大阪にて創業。1919年のパリ講和会議では、西園寺公望全権大使の随行料理人として三代目・楠本萬助が選ばれる。1986年には東京サミットの公式晩餐会が『なだ万本店 山茶花荘』で開催される。愛知万博(2005年)では、万博協会からの要請により日本料理の代表として出店する等々、政界財界の要人にも愛される日本料理の名店。

2023年12月15日現在、国内に25店舗。さらに海外にも5軒ものレストランを展開することから、世界一有名な老舗日本料亭といっても過言でもない、それが『なだ万』である。

それだけ名前は知っていたけど、ふと気付いた。実際にお店に赴いて食事したことってなかったよ、と。

いや、『なだ万』が全国の百貨店のいわゆるデパ地下などに展開している食品店『なだ万厨房』の惣菜やお弁当を食べたことはあるんです。そこまではあるが、肝心のその先がない! ワタクシ含め、そういう方、結構多くありませんか?

となると、完全に純粋な好奇心として『なだ万』で食べるって料理って実際どんな感じなのか知りたくありません? と思ってたら、なんと『なだ万』で食事をする幸運にめぐまれた。それも「なだ万総料理長監修特別コース 美食爛漫」(2023年12月28日まで提供)という献立。

これをいただければ、今まで知らなかった『なだ万』の姿がわかる。すなわち、みなさまに「『なだ万』とはなんぞや?」という実体験をお伝えできる絶好の機会!! と、今! この記事を書いている次第である。以上前書き。

料理もペアリングもイメージよりは高くない!

伺ったのは、東京・赤坂『ホテルニューオータニ』のガーデンタワー内の『なだ万 紀尾井』

申し訳ございません、個室で食事させていただきました。もちろん個室以外にも広いダイニングルームもございます。

個室『松の間』。撮影時は夜だったので見えないが、昼には雪見障子のような窓から、江戸時代は井伊家の江戸中屋敷だった1万坪にも及ぶ、ホテルニューオータニが誇る日本庭園が一望。ちなみに松の間の個室料は税サ込みで8855円
個室『松の間』。撮影時は夜だったので見えないが、昼には雪見障子のような窓から、江戸時代は井伊家の江戸中屋敷だった1万坪にも及ぶ、ホテルニューオータニが誇る日本庭園が一望。ちなみに松の間の個室料は税サ込みで8855円

さぁ「なだ万総料理長監修 特別コース 美食爛漫」である。みなさま、まず気になるでしょう御値段ですが、1万3200円。そして、お造りと煮物がグレードアップしたコースが1万7600円(両コースともに、別途サービス料がかかります。サービス料は店舗によって異なります。また、どちらかひとつのコースのみを提供する店舗もあり、『紀尾井 なだ万』ではグレードアップしたコースのみの提供で、サービス料を含めた価格は2万240円)。

さて、このお値段。決してお安い価格ではないですが、正直そんなに馬鹿高くないのね、というのが正直な感想じゃありませんか。『なだ万』の『特別コース』なんて聞いたら4~5万するのかと勝手に思い込んでおりました。まずこれが、『なだ万』の第一のうれしい真実第1弾。

『なだ万総料理長監修 特別コース 美食爛漫』のグレードアップコース
『なだ万総料理長監修 特別コース 美食爛漫』のグレードアップコース

さらにこのコースには、料理にマッチするようなワインや日本酒を『なだ万』シニアソムリエがセレクトした『和のペアリング』というグラス5杯の飲料コースを追加することもできる

その内容は料理とともにジックリ説明しますが、これが料理以上にリーズナブル! お酒好きな人ならば絶対に「お得ッ!」って思うその価格は、4180円と6380円の2タイプ。また2640円のノンアルコール4杯のコースもございます。で、ワタクシがいただいたのは6380円のコースです、すみません(別途、店舗によって異なるサービス料がかかり『紀尾井 なだ万』でのサービス料を含めた価格は4807円と7337円。ノンアルコールのコースは3036円となります)。

さぁ~本当にお待たせいたしました。ここから料理、そしてペアリングのお酒についての御紹介。

次のページ
【実食】オレンジワインと旬菜のペアリングに驚き...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

カーツさとう
カーツさとう

カーツさとう

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…