SNSで最新情報をチェック

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。

さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■クイズの答えは……

正解:本マグロ

難易度:★★☆☆☆

完全養殖ものもやっばり高い……

マグロは世界中の海に生息しているため、旬の時期は漁獲されるところによって異なります。ただし。日本近海で漁獲される本マグロの旬は冬。

マグロは回遊魚で、エサを求めて世界中の海を年間数千kmも回遊します。また、本マグロはマグロのなかでも最大の種で、体長3m、体重400kgを超えることもあります。

成長するにつれて呼び名が変わり、関東地方では、「コメジ→メジ→マグロ→オオマグロ」、関西地方では、「シンマエ→ヨコワ→コビン→マグロ」と、呼ばれることもあります。

マグロとはスズキ目サバ科マグロ属の魚の総称で、多くの種類が存在します。本マグロのほかにスーパーなどで販売されているのは、メバチマグロやキハダマグロです。旬の時期はそれぞれ異なり、キハダマグロは春~夏、メバチマグロは秋が美味しくなる季節です。

勘違いされることが多いのが、上アゴの先端が長く伸びた姿が特徴的なカジキマグロです。この魚にはマグロという名前がつけられていますが、マグロがサバ科、カジキはマカジキ科やメカジキ科に属するマグロとは別の魚です。

本マグロは、黒マグロとも呼ばれることがあり、マグロのなかでも最高級品とされ、「黒ダイヤ」と称されることもあります。

マグロの完全養殖は非常に難しく、稚魚を捕獲して飼育する畜養が一般的な方法です。近年、近畿大学が卵をふ化させて育成する完全養殖に成功しました。しかし、コストがかかるなど、いくつかの問題点があり、なかなか普及していないというのが実情です。そのため、養殖ものでも高値で取引きされているのが現状です。

本マグロが珍重される理由は、濃厚な旨味と、とろけるような脂の多さです。需要と供給のバランスがとれないこともあり、価格はほかのマグロと比較して非常に高価となっています。

次のページ
美味しい本マグロの見分け方...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…