SNSで最新情報をチェック

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。

さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■クイズの答えは……

正解:セロリ

難易度:★★☆☆☆

葉っぱも捨てずに食べましょう

少し意外かもしれませんが、セロリの旬は冬。12月から4月頃がもっとも美味しくなる時期といわれています。

ただし、旬の時期は2回あり、12月から4月頃に旬を迎えるものが冬春セロリ、7月から10月頃に旬を迎えるものが夏秋セロリと呼ばれています。

セロリの生産地として有名なのは、長野県、静岡県、福岡県で、この3県で全国の出荷量の約7割を占めています。冬春セロリの出荷量が多いのは、静岡県、福岡県、夏秋セロリは長野県が約9割を占めるといわれています。

セロリは元来、涼しい気候を好み、寒さにも強い野菜ですが、冬春セロリのほとんどはハウス栽培ものです。やはり冬場は露地栽培は難しいようです。

旬の時期のセロリは肉厚でみずみずしく、スジが柔らかく、味と香りが濃厚となります。

セロリの原産地は地中海沿岸、インド周辺など諸説ありますが、日本に持ち込まれたのは16世紀頃といわれています。

当時は、「オランダミツバ」と呼ばれていました。しかし、クセの強い香りゆえ、なかなか普及は進まず、日本人の食卓にのぼるようになったのは第二次世界大戦後といわれています。

葉柄(茎)の部分だけを食べて葉を捨ててはいませんか? 葉には葉柄以上に栄養がたっぷり詰まっているので、捨ててしまうのはもったいない! 味噌汁やスープに入れたり、炒め物にしたりして積極的に食べましょう。葉の強い香りが……というのなら、ごま油と味噌などの味が強い調味料で炒めると香りがやわらぎ、美味しくいただけます。

次のページ
美味しいセロリの見分け方...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…